2018年7月 1日 (日)

マーラーの作品

 先日、中古店でワルターが晩年に録音したマーラーの交響曲第9番のリハーサル風景をレコードで見つけ欣喜雀躍して購入した。ここのところマーラーの作品を集中して聴いていて彼の作品をもっとも理解していたと思われるワルターの演奏は貴重である。もはや伝説的ともなっている、ワルターがナチスの追手を逃れてウィーンを去る時のウィーン・フィルとのライブ録音は何度も聴いてきた。しかしライブ演奏のモノラル録音の音は最良のものではない。しかし、1961年、ワルター84歳の録音はステレオで鮮明に聴き取られる。オーケストラは米国の名手たちを揃えたコロンビア交響楽団で、ウィーン・フィルとは異なる感性の演奏者たちだが、このマーラー解釈では傑出している指揮者の細かい指示に忠実に従う演奏家たちの誠実さは録音から幽かに聴き取られる。その全曲録音の前のリハーサルは何とも興味深いのである。この録音はハリウッドで四日間にわたっている。マーラーの最高傑作とも言える、この作品にウィーンでのライブ以来かけるワルターの意気込みは全曲盤で繰り返し聴ける幸いを言祝ぎたいのである。

 このレコードは高校生の頃に買い求め聴いた記憶があるジャケットだった。その頃はマーラーの作品は殆ど聴いておらず、むしろモーツァルト演奏の最高峰ともいえるワルターの音楽づくりに興味をそそられ聴いたように思う。だから、それ以降、断続的にマーラーの作品に馴染んでいった後に改めて聴いて実に興味深いのである。それは録音でしか聴けないものとしてもワルターの声は時間が逆行したように聞こえる。時間が逆行するのか、という問いは哲学的だが、それはさておく。

 マーラーは私には難しすぎる、というのは吉田秀和の溜息の如きつぶやきだが、もちろん、この稀代の批評家が言う「難しさ」というのは凡百のわれわれ音楽好きが言う「難しさ」とはことなるのは言うまでもない。しかし、その「難しさ」の中身を吉田秀和の文章で読めばそれを少しは理解できる。

 それにしても、残り少ないアカショウビンの娑婆での時間にマーラーの作品は何とも繰り返し聴いて、音楽とは何か、死とは何か、という問いとなって反響する。それはまた別のテーマだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

朝のブラームス

 今朝のNHKラジオ「音楽の泉」はブラームスの弦楽六重奏第一番である。久しぶりに聴く。引っ越しで段ボールのなかのアマデウス・カルテットと名手たちの名盤を熟聴する。青春のブラームスの抒情と感性が横溢する作品は何度聴いても心を震わせ精神を励起させられる。後年の大作につながる27歳の若きブラームスの心象風景が想起される。この数年、体調不良も重なりブラームスやマーラーを繰り返し聴いている。此の世の悦びは音楽で気力を奮い起すのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

哀悼、森田童子

 十年前に、どういうきっかけからか思い出さないが、久しぶりに童子のレコードをじっくり聴いた。感想は2008年9月のブログに二回書いた。童子の初期アルバムのいくつかは繰り返し聴いた。最初に聴いたとき、アカショウビンには実に暗黒星雲から幽かに届くような、か細く壊れやすいガラス細工のような、少女から女になる時季の魂の震えとして聴きとられた。

 学生時代に太宰好きの友人が持ってきたカセットテープで聴きレコードを買ったのだった。黒いジャケットのサングラスをかけた童子の写真は宇宙の闇から何かを語りかけているようだ。歌詞のなかの友人か恋人は自ら命を絶っている。その脆さと哀切が胸を抉る。度重なる転居でレコードは段ボールのなかだ。近いうちに探し出し聴いてみる。それにしても65歳とは早すぎる死だ。何の病なのか情報は新聞記事ではわからない。いずれ詳細は明かされるだろう。最近聴いているマーラーではあまりに重く、童子の死にはそぐわない気がするのでハイドンの交響曲第44番、45番、48番の三曲を聴いた。それぞれ〝哀悼〟〝告別〟〝受難〟のタイトルが付けられている短調の作品だ。童子の死を弔うには少し時間をかけたい。他のアルバムも聴いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

マーラーからハイドンへ

 マーラーを聴き続けるとハイドンが聴きたくなるのはアカショウビンのたんなる気分である。ところが、その安らぎというのか、心地よさは格別だ。その原因は、ソナタ形式というウィーンを中心とする都市の周辺で展開された音楽風土によるものだろう。その音楽はこの極東の島国でも聴ける幸いの何たるかは明らかにしたい、それがこの娑婆世界でのアカショウビンの願望だ。それからするとモーツァルトさえ聴かなくてもよいとさえ思う。それはまた別のアカショウビンの気ままな我儘なのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

スウィング

 引っ越しから一年。北関東の越谷からの転居からすれば約二年。西東京の町田市は面白いところだ。一年間棲んだ玉川学園前の仮り住まいでは、横田基地が近いせいだろう、ジェット戦闘機の轟音に同居人さんも二頭の大型犬もアカショウビンも悩まされた。片足を手術で切断された一頭は遥か遠くの飛行音にも怯え、部屋の隅に小さくなっていた。アカショウビンはといえば、沖縄の米軍基地の横暴に抵抗するウチナンチュの怒りのいくらかでも体験できたことは幸いの如きものであった。沖縄に住む高校時代の同級生は、かつてアカショウビンが母の看取りで大阪に引っ越し棲んでいたころ、夏に彼が奥さんと一緒に上阪したときに他の同窓生たちと高校時代以来会ったおり「住んでみないと、あの騒音(飛行音の不快)はわからないよ」と語っていた。

 それはともかく。表題は町田市の中古屋通いで手に入れたCDやDVDを聴いて今朝はこのところの鬱屈から逃れる切っ掛けの如きものを感得したことによる。『ビレッジ・バンガードの大西順子』を聴いて面白いのだ。1994年5月3日から8日にかけてヴィレッジ・ヴァンガードに出演したときの録音だ。ライブの緊迫感と真剣勝負ともいえる緊張感とスリリングは、日常の陳腐と疲労感に支配されるアカショウビンの精神に禅の喝のごとき作用をもたらす。戦後渡米し日本人ジャズ・ピアニストとして認められた秋吉敏子いらいの快挙だろう。近年では上原ひろみか。アカショウビンの愛聴する女性ジャズピアニストとしてはユタ・ヒップの再来の如き人として登場した。

 解説によれば、ヴィレッジ・ヴァンガードは、オーナーのマックス・ゴードンが他界して以来、未亡人のロレイン・ゴードン女史がマネージされているという。ロレインはジャズの殿堂を守るミューズと解説氏は記している。このロレインが大西の演奏を「スウィングしている」というのが出演の決め手になったようだ。その録音を聴いて、アカショウビンも納得するのだ。アカショウビンが長年務めた会社の仕事のついでにヴィレッジ・ヴァンガードを訪れたのは1990年だ。ジャズの聖地ともいえるクラブの一つは偶然の機会のように訪れた。ニューヨークでの約10日近くの滞在でヴィレッジを三晩、「ブルーノート」を一晩訪れた。ヴィレッジのライブはつまらなかった。しかしジャズ・ファンとして義理は果たした。そのヴィレッジに日本人女性ピアニストが出演した録音は繰り返し聴いて楽しい。冒頭の〝ソー・ロング・エリック〟のハーリン・ライリーのシンバル・ドラムスが絶妙。ライブ開始のソロとしては絶品の演奏だ。観客の反応も正直。大和撫子は確かに名門クラブへの登場で更なる成熟への入り口に立ったのである。近況は如何であろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

朝のベートーヴェン

 今朝のNHKラジオ〝音楽の泉〟はベートーヴェンの交響曲第7番イ長調、作品92である。皆川達夫さんの解説によれば、ベートーヴェンが指揮した時に聴衆は二楽章の葬送行進曲に熱狂し何度もアンコールを求めたそうである。当時はナポレオンが栄華を極めていた時代である。ベートーヴェンはナポレオンの存在を畏敬し作品を献呈しようとしたが、皇帝の位に就いたと知った時に激怒し献呈の表示を破り捨てたという。有名な逸話である。

 それはともかく。中期から後期に至る楽聖の作品を休日の朝に傾聴するのは格別だ。しかし皆川さんが選ばれたのは、カルロス・クライバーとウィーン・フィル盤。これは発売から少し遅れて聴いた。その前に第4番のライブ盤が大評判になり、それを聴いてアカショウビンはがっかりした。それは良くも悪くも、熱狂と即興に駆られた演奏である。クライバーの面白さは即興性の面白さと思う。それは聴く者を或る意味で熱狂させる。その意味で決して悪い演奏ではない。しかし、三番と五番という、万葉集の和語でいう〝ますらおぶり〟からすれば〝たおやめぶり〟という女性性とも評される作品を、ますらお的とも言えるバカ男の熱狂と狂騒で演奏するのは、楽聖に失礼と無礼である。今から思えばアカショウビンは思ったのだろう。そういう感想をもった。それは改めて聴いて撤回する必要もないと思う。

 そこで、CDでフルトヴェングラーが1954年にザルツブルグ音楽祭で演奏したライブを聴いた。オーケストラは同じウィーン・フィルである。それはフルトヴェングラーの死の年の遺作ともいうべき演奏である。フルトヴェングラーというドイツ音楽の稀有の継承者である指揮者の集大成といってもよい。たまたま前日にベルリン・フィルとの1950年の第3番のライブ録音を聴いた。それはフルトヴェングラーという指揮者の偉大さの一端を伝える記録である。弟子のセルジュ・チェリビダッケは、フルトヴェングラーの演奏する音楽はレコードでは殆ど伝わらないと語っている。同意である。フルトヴェングラーもレコード録音は嫌悪し殆ど興味を示さなかったという。それは生演奏の一期一会という時の貴重さこそが音楽を演奏する悦びだとも語っているのだろう。その貴重な瞬間を経験する人間という生き物の不可思議というしかない。言葉では説明できない体験とフルトヴェングラーは主張しているように思う。

 アカショウビンは若い頃にフルトヴェングラーのベートーヴェン演奏に魂消て以来、このドイツ音楽の継承者の録音は継続し聴き新たな録音に怠惰な日常に現在を生きる縁(よすが)のような気分の高潮を得る。今朝もそういう気分の高揚に満たされた。

 ラジオでは残りの時間に皆川さんがベートーヴェンの歌曲を二曲選んでくださった。神を称える神学者の詩にピアノ伴奏をつけた作品である。フィッシャー・ディスカウの声も久しぶりに聴いた。ベートーヴェンの音楽はドイツだけではなく過酷な現実を生きる人々への励ましである。それは、人間という生き物の崇高にも達する記録である。アカショウビンには現在を生きる律動と共振力を奮い立たせる。そしてまた、それは人間という、野蛮だが時に不可思議な崇高ともいう境地にも達するのではないかと訝られる生き物たちに贈られる慰めと恵みである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

朝のドビュッシー

 NHKラジオの「音楽の泉」はドビュッシーの晩年のソナタ作品を取り上げている。初めて聴く。ドビュッシーがフランス風と但し書きした絶対音楽、ソナタにしたのが彼の意図を示している。チェロ・ソナタに続きヴァイオリン・ソナタの演奏者は何とオーギュスタン・デュメイとマリア・ジョアン・ピレシュである。これも不可思議な縁というものだ。ベートーヴェンだけでなくドビュッシーやラベルも、この二人は演奏している幸いを言祝ぎたい。これはありがたい冥土の土産だ。一楽章のスペイン風の雰囲気から一転して二楽章は間奏曲風。皆川氏の解説によれば「一抹の抒情も感じられる」と。ドビュッシーは晩年の癌との闘病中に、これらの作品を書き続け三番目を完成することができなかったと言う。

 ドビュッシーの作品はドイツ音楽好みのアカショウビンには馴染みの少ない作品が多いが、ピアノ曲はあれこれ聴いてきた。昨年の一月に聴いたチョ・ソンジンのショパンの前奏曲に感銘し、ショパンに対抗したと思われるドビュッシーの前奏曲集を以前聴いた内田光子の他にコルトーやシフラなどで聴き比べた。それもこれも不思議な縁というしかない。

 ヴァイオリン・ソナタの三楽章はスペイン風に戻り快活に終わる。続いて1915年に作曲されたソナタ。フルートも起用され「牧神の午後への前奏曲」のパッセージも聴きとられるではないか。ここでドビュッシーは自作の独創を回顧しているようだ。

 ここのところマーラーを集中して聴いているせいか、ドビュッシーの「フランス風」が新鮮だ。マーラーも因習に満ちたオーストリア風から脱却、突破しようと苦闘し歌劇場指揮者から作曲に転じ新たな境地を開いた。恐らくドビュッシーも同じ気概で作曲に没頭したのであろう。二人とも長寿はまっとうできなかったがモーツァルトよりは長く生きた。その足跡を辿れる私たちは幸いである。きょうは、改めて前奏曲集も聴き直してみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

ヴァイオリニストたち

  先日、シゲティのモーツァルトを聴いて以来、他のヴァイオリニストたちの録音を聴いている。入院しているときに持ち込んで聴いたオーギュスタン・デュメイ、新たに購入したシェリングのモノラル盤のバッハの無伴奏ヴァイリン・ソナタと、同じくメニューヒンのモノラル盤とステレオ盤。特にデュメイのベートーヴェンのヴァイリン・ソナタが凄い。伴奏のピレシュとの格闘のような演奏には感動する。それは、いわゆるウィーン風の演奏とは異なる。シゲティのモーツァルトを聴いて聴き比べたボスコフスキー、リリー・クラウスのモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集の演奏はウィーンの名手たちの演奏として改めて聴いて感銘するが、シゲティもデュメイも、それとは異なるモーツァルトとベートーヴェンだ。そのような演奏を聴くことは日常に喝を入れる効果をもたらす。マンネリを突破するには音楽と映画、それに読書。これがアカショウビンの生きる糧である。残り少ない娑婆での時を無駄に過ごす怠惰は避けねばならぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

いかなるつらきおもいをされそうらいしか

 

 マーラーの歌曲や交響曲作品には諧謔や戯れといった、当時の音楽界からキッチュ(通俗的なまがいもの)とみなされたものと同時にそこでも認識はされていただろう聖的な表徴を帯びた祈りが表現されている。「私の時代がくる」と言った確信と予言は見事に現実化されたが、確信の根拠は、恐らくマーラーという優れた感受性と音楽的才能、才覚を生涯展開させた人物が自らの経験のなかで達した手ごたえによるものだろう。それは俄かには理解できない苦渋に満ちた皮肉ともなって作品化された。その全体の幾らかを後世の私たちは幾分なりとも知り作品に魅入られるのである。

 ところで表題はマーラーにはあまりにも直接的で無礼な問いかけであり、問いかけの相手はモーツァルトとシゲティというヴァイオリニストである。特にシゲティの演奏に関しては若い頃、バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータの全曲録音を聴いて震撼させられた。以来、バッハはアカショウビンが生きる糧である。音楽という芸術は決してその場限りではない。人の一生を支配するといってもよい。そのようなシゲティの演奏に久しぶりに接したのが1948年にA・シュナーベルの伴奏で録音されたモーツァルトのヴァイオリン・ソナタである。それは初めてバッハを聴いた時の驚きと感嘆、震撼を新たに甦らせた。技巧ではない、何か本質に肉迫しようとする鬼気迫る演奏といっても足りない。そのような生の時間は既に過ぎているわけだが、録音というタイムカプセルでいくらかのものが後世に伝えられる。それは幸いというしかない。変ロ長調のKV481のアダージョはモーツァルトという或る意味で明るみの音楽家でもある男が抱いた暗さの深淵とでもいうものを覗く思いがする。それはその作品を演奏するシゲティの演奏が表現するものだ。モーツァルトの一生は多くの演奏家や批評家、学者によって解き明かされているともいえるが、シゲティという演奏家の一生は如何であろうか。アカショウビンには多くの弟子たちを育てた名伯楽というくらいの知識くらいしかないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

マーラー作品の真価

 マーラーの音楽の価値は、次のアドルノの評語によって的確に簡潔に表わされている。
 「細部の仮借なき徹底構成とそれらの関係性によりオーストリア的な心地よいものとの妥協主義に対して、さらには消費へと堕落した音楽文化の妥協主義に対して、決別を告げる」(『マーラー 音楽観想学』 法政大学出版局 1999年 龍村あや子訳 p100)

   妥協主義とは産業革命以降の急速な〝近代化〟の津波のような浸食によって人類史に到来したものの一つともいえる。科学技術偏重によるパラダイム変換ともいえる圧倒的な変化が起こった。それは音楽文化にも及んだ。アドルノの視角はそのような射程をもつマーラーという劇場指揮者で作曲家、音楽家であった人物の精緻な作品分析である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧