2017年11月 5日 (日)

しのぎと雑感

  「しのぎ」という日本語は外国語にどう訳されるか知らない。しかし日本人でも決して一般的に流通している言葉でもないだろう。囲碁では勝負を決するギリギリの勝負手ということである。それは日常生活で生きるか死ぬかの瀬戸際の行為とでも言える。アカショウの現状をよく表す言葉だ。きのうもアルバイト先でそれを経験した。中高年者の動きは鈍い。それを管理する連中や同じアルバイトでも古株の連中は見逃さず荒っぽく詰る。そのような現場の事はこのブログでも日常生活の雑感として書いている、日々のロードウで経験することだ。

  また今朝は朝刊を読み現今の世相とも共振する。座間の事件、米国大統領の来日などで政治的状況にもあれこれの感想が湧き起こる。それらに促されながら貴重な休日に雑感として書くのである。

  先日から通勤時に日々の活力を得るために読んでいるハンナ・アーレントの本や遠藤周作の『沈黙』ともそれは共振する。ハンナは1951年に『全体主義の起源』を刊行したあとにマルクスの研究に取り組んだ。彼女はマルクスの解説書を書くのではなく、マルクスの西洋と世界的な位置づけをマルクスがどのような契機で書き始めたのかというところに集中する。そこがアカショウビンのような素人にも面白い。そこには当然の如くハイデッガーの思想・哲学が反映している。師であり恋人でもあった人の論考と思想の根幹とでもいう思索が読めるのは貴重で啓発される。難解で意味不明なところも多い。それはアカショウビンの無知と不勉強のせいである。しかしこの草稿でハンナが格闘している思考、考察はスリリングである。それはマルクス読者にもわかる筈だ。私たちが生きている現在の〝世界〟を理解するうえでもそれは不可欠な論考と言える。たとえば「労働」と「仕事」という〝概念〟を知るうえでも。しのぎの日常を生きているアカショウビンともそれは共振する。この一年以上のアルバイ生活で体験する日常はまさしく「労働」と「仕事」の区別を思索しながら生きることだからだ。

  朝の「音楽の泉」ではグレゴリオ聖歌が流れている。それは『沈黙』で書かれる殉教者たちが歌うオラショ(聖歌の合唱)である。続くフォーレのレクイエムも同じ死者を悼む合唱と管弦楽だ。アカショウビンはこの甘い響きが嫌いだった。モーツァルトやヴェルディのほうがはるかに好きだった。しかし、耳を傾ければフォーレの作品も彼らの作品と底で通じている悼みの心に溢れた音楽だ。なぜなら、それは人という生き物の声と優れた音楽に共通する響きだからだ。癌を抱え残り少ない時を生きるアカショウビンにそれは痛切に聴きとられる。キリスト教文明のなかで表現される人間の悼みの心情は東洋の民にも通じていることは殉教者たちが深く共感したオラショがそれを伝えると思われる。彼岸という仏教用語にはその一端が込められているだろう。人という生き物は言葉や音楽でその生を伝え合おうとする生き物だ。それは西洋古典音楽でも民族音楽でも同じだ。

  ハンナ・アーレントの論考にもそれは読み取られる。彼女が説く古代ギリシアの世界で残されている西洋語にもそれは伝えられている。そこに思索が鋭く展開されているわけだ。それを底まで読み取るのは異国、異文明・文化のなかで生きている私たち日本人にも促される言葉を介した思索だ。

  フォーレのレクイエムはサントゥスを奏でている。それはキリスト教信者たちが彼岸に達しようとする声である。アカショウビンはそこに若いころ強烈な違和感を看取した。そのような〝甘い〟響きに対立した。若さゆえの未熟ともいえる。宗教信条の違いともいえる。それはまた、かくも異文化への理解は難しく人の努力を必要とすることともいえる。

  先日観たマーティン・スコセッシ監督の『沈黙』にもそれは映像として表現されている。それを〝理解〟するには多少の努力を要するのだ。フォーレの作品は晩年のものではなく33歳のときに父親の死を悼み作品化されたものである。その痛切な心情は異教徒にも伝わる。それが政治的状況では困難を極める。

  それはまた座間の殺人事件でも。巷では事件に対する評語としても横行しているだろう。アカショウビンも先日のアルバイト先で一緒になった同世代の女性から聞いた。それは直接的な感想である。それには同調するけれども、もちろん違う感想がある。しかしそれは話が長くなる。相槌をうっただけで済ませた。ここでその感想を集約すれば、あの事件は日本という国・社会で生じた〝病い〟とでもいう現象とアカショウビンは解する。かつての敵国の、あまり知性があるとも思えぬ人物が来日し時の、これまたどれほどの知性があるのか理解できない言動の首相と会う状況のなかで私たちは日々の生を紡いでいる。

  フォーレの作品は終曲にむかう。それは悲哀に満ちた合唱と管弦の音である。宰相たちにもその響きは達するだろうか?しかし彼らは政治的駆け引きのなかで演技する。その現実は歴史のなかで繰り返される茶番である。しかし思索を深めればハンナ・アーレントが展開する論考に残されている洋の東西を超えた難問への回答が滅亡する前に人間たちの思索を促す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

血縁と此の世の縁

 先週の土曜日、法事で静岡まで出かけた。新幹線で静岡で降りる予定が新富士に、との従兄弟のH兄の申し訳なさそうな携帯電話の声。新富士駅は実に久しぶり。以前の会社の仕事で駅近くの会社を年に一、二度訪れていた。しかし業界の低迷で、その会社も付き合いが切れてしまった。社長も脳梗塞で半身不随で健在かどうか不明。駅にはH兄と親族たちが車で迎えに来てくれた。久しぶりに会う人達は様変わりに驚く。従兄弟のYさんに会うのは父の死の時以来。七十余歳で老いは顔に現れている。しかし、血族の繋がりの縁は記憶を忽然と甦らせる。世話になった父の死を悄然と悼んでいた様子が想い起こされた。それから二十数年が過ぎている。そして再会するのも此の世の血縁のお陰である。故郷の奄美から駆けつけた従姉妹夫婦とも久しぶりに会えた。その幸に感謝しなければならぬ。一泊した御殿場の施設は快適な保養ランドだった。至れり尽くせりの食事も味わった。私はと言えば、相変わらずの飲み過ぎで翌日に送って頂いた車の中で気分が悪くなり、途中で休憩させてもらい迷惑をかけた。それでも何とか帰宅できたのは幸い。此の世の縁は続いている。やり残したことは幾つかある。出来るだけの事はやり尽くしたい。
 きょうはこれから手術前の検査で築地の病院へ。検査の内容は同病の人達はじめ、後の世の医療のためにも書き残しておく。
 検査は超音波で両脚の静脈に血栓がないか調べるというマスクで表情は読みとれられないが中高年と思しき医師の説明。脚の付け根に温かいゼリーを塗り検査機器をあて数分で終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

再手術に備えて

 本日は昨年手術した病院で先日の内視鏡検査の結果を聞きに。朝8時の予約。6時過ぎに団地を出てバス停へ。きのうも雨、今朝も霧雨だ。いつ青空が見えるやら。先日の内視鏡のとき主治医は照射と口にしていたから放射線治療も考慮したのだろう。しかし本日の説明では外科手術。腕には自信あるのはこれまでの付き合いでわかっている。これもひとつの縁である。任せることにした。というわけで説明のあとは手術に備えて諸検査。採血では五本20ccとるというのでめまいがした。ただでさえ過度の貧血というのに。ともあれ心電図、呼吸検査、歯の検査、レントゲンまで撮られた。去年の手術前も同様だったのだろうがまったく忘れている。入院、手術は約二ヶ月先。それまでアルバイトで手術費用と生活費の日銭も稼がねばならない。いつまで続くぬかるみぞの心境だが、粛々と準備を進めねばならない。あれこれ書いておかねばならないことは積み重なるばかり。先日は遠藤周作の『沈黙』を購入した。M・スコセッシ監督作品の感想も更に原作と照らし合わせ書き加える事も出てくるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

日々の労働

  きのうから3日間の契約で町田から川口の洋菓子工場へ。下層労働の現場はさまざまだ。先週は巨大な流通センターで囚人のように働いた。出勤退出の持ち物検査、作業場でのトイレも制限され監視付きでは監獄と言ってもよかろう。きのうからの洋菓子工場は、かつて訪れた中国の食品工場と同じ。それを今度は逆の立場で経験する。作業はこれまでの現場からすればきつくはない。しかし交通費で収入の目減りは深刻だ。しかし、正しく食うために黙々と働くのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

憂き世を浮き世に

 本日は午前9時40分に膀胱がんの抗がん剤注入治療で都心の病院へ。途中の満員電車には閉口するが午後は友人と会い映画のチケットを頂けることもありあの厭な治療の後の楽しみもあり萎える気分を励ました。
 受付を済ませて先ず超音波検査。清潔だが無機質で無愛想な若い女子事務員の素っ気ない言動には少し腹をたてながらも待合室で待機。前回は7月19日。右肩の痛みで整形外科にもかかったのだった。
 診察は中年女性と若い男。女は口調がぞんざい。男は丁寧だ。器具を操作するのは若い男。女はモニターを見ている。すると小水が少ないので画像が詳しく見られない、水を飲んでおしっこが出そうになるくらいにして改めて来いとの指示。前回と同じである。前回は受付の事務員の指示ミスで先に採尿し水をがぶがぶ飲んで40分後の再検査となり腹をたてたのだった。10時から抗がん剤注入が遅れてしまう。
 この一画には超音波室7室、他に脳波室、神経機能室、呼吸機能室、負荷心電図室、心電図室が2室ある。きょうは少し混んでいると受付の女子事務員。壁には帆掛け船の写真が四点展示されている。霞ヶ浦の昔のものと思われる。以前仕事で霞ヶ浦は年に二、三度通っていた。その頃でも帆掛け船は既になかった。かつての霞ヶ浦の風物詩だったのだ。
 待合室から受付の若い女が見える。一日座って患者を案内する単調な仕事だろうがアカショウビンが生活費稼ぎに出向く作業に比べればはるかに楽な仕事だ。しかし、それはそれ、彼女にも不満はあるのだろう。人の詮索より自分の事を心配しなさい、という声も。さて、500mlのスポーツドリンクも飲み終えた。おしっこも溜まっただろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

怒りと憤りの場

 日常生活で疲労は蓄積し怒りを発するどころではない。しかし、暴力をもってその場に臨んでもよいと思う瞬間がある。一昨日、四日間の限定で赴いた千葉の巨大な流通センターのアルバイト先で中年女の一言にキレそうになった。その作業場の責任者の対応もそうだが、女の一言には女としての慎みに欠ける不愉快を突きつけられたからである。そんなもの男の幻想だと抗弁する意見は聞く。しかし、それは性的定義でなく人としての慎みと解されるものと言ってもよい。それはともかく、工場労働での体験、経験では誰でも経験する事であろう。それは昨年の手術の前後から先週まで働いた現場でもしたたかに経験した。
 また、別の怒りと憤りは、昨今の国内、海外の政治状況、新聞紙面、書物、映画やテレビ番組のドキュメンタリー番組から推察する我々が生きる場というものである。そのうち書物ではある対談をまとめたものでその主題は沖縄の現実を歴史的に俯瞰し論じたものだ。対談者は辺見庸氏と目取間俊氏。辺見氏(以下、敬称は略させて頂く)の著作は『1★9★3★7★』(2015年 (株)週刊金曜日)以来。『沖縄と国家』(2017年 8月10日 角川新書)は、現今の政治状況と日本の歴史を見通し現在の状況を徹底して批判する痛烈な書だ。アカショウビンは目取真の小説作品の読者ではないが、ブログはかつてネットで読み沖縄の現状を映像と氏の文章で確認していた。辺見という対談者を得て目取真はヤマトゥ(日本)の沖縄への仕打ちを痛烈に批判する。その論拠は辺見の思想スタンスと共振する。沖縄の現在の政治状況は今に始まったものではない。それは明治12年(1879年)の琉球処分から続いているヤマトゥの沖縄に対するスタンスである。直近では昭和天皇の戦後の沖縄切り捨てで新たな様相で現在に至っている。それは基地の島沖縄に負担を強いているヤマトゥの確信犯的仕打ちとして現在に突出して露呈している。そこに沖縄の怒りと憤りが噴出しているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

72回目の8月15日

 朝は1952年に録音されたバイロイト音楽祭のクナッパーツブッシュが指揮したワーグナーの『パルジファル』を聴いて活力を得た。一昨日はCDでたまたまクレンペラーのワーグナー管弦楽集を聴くともなく聴いていて何やら心安らぐクレンペラー晩年の独特のテンポの遅さと雄大、拡がりが心地好かったのだろう。同じようなテンポのクナッパーツブッシュの戦後復興の落ち付きもみせてきていただろうバイロイトでの得意の演目は熟聴しなければならない演奏である。

 きのうはアルバイトを終え借りてきたDVDでロン・ハワード監督の『白鯨との闘い』を観て、ぐっすり寝た。このひと月は週に二本位のペースでDVDを観ているのだ。しかし休みの日で平日のアルバイトの帰りはぐったりなのである。先日亡くなったジャンヌ・モローの若き頃の米国西部劇出演作『モンティ・ウォルシュ』も観た。感想はそのうちに。

 ともあれ本日は72回目の敗戦記念日だ。東京新聞の一面は〝平和の理想 まだまだこれから〟の横幕・大見出し。小見出しは〝満州引き揚げ 言葉重く きょう終戦の日〟である。連載の「平和の俳句」は英文学者、小田島雄志氏((以下、敬称は略させて頂く)の<八月に母國という語を抱きしめたい>。大見出しの文章は小田島となかにし・れい、へのインタビュー。昨夜の夕刊は、国谷裕子と森 達也の対談の上・中・下の三回に分けた記事の下。この対談が本日の72回目の8月15日に向けて行われたことは明白。これを熟思することは、この72年目の〝敗戦〟の日に何事かを考える切っ掛けになるだろう。併せてアカショウビンは引っ越しの段ボールから出て来た三島由紀夫の『若きサムライのために』(昭和44年7月日本教文社から刊行、1996年11月、文春文庫から発刊)所収の三島と福田恆存の対談も読みながら考察しよう。  きょうはこれから新宿へ『海辺の生と死』を観に行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

もう三か月

  前回の治療からもう三か月が過ぎた。膀胱がんの手術からも間もなく一年になる。何とも月日のたつのは詩人なら百代の過客というところだが。イチモツからカテーテルを挿入される痛みと不快感は言語を絶するけれども、たまに病院に来るのは娑婆の一面が垣間見れて面白くもある。きょうは受付で待っている間中年男の父親との会話が面白く不愉快だった。それはよくあることとも言える。つまり父親に対する息子の口のきき方がエラそうなのである。いまどきの言い方で言えば〝上から目線〟なのだ。少し痴呆気味なのが傍で見聞きしているとわかる父親に対する配慮のなさは親の躾の失敗とも言えるが壊れた親子関係と言ってもよい無残さを感じた。何の病か知らぬがもっと優しい応対の仕方というものがあるだろう。他人事とはいえ腹のたつ光景だった。

  それはともかく、これから抗がん剤注入の前に採尿と超音波検査。ここでひと悶着あった。受付で採尿を先に済ませと言われ超音波検査室に入ったらそれでは検査ができないというのだ。尿がないと画像が明確でないらしい。病院なのだから受付女性も検査手順には正確でなければならない。おかげでペットボトルでお茶を飲み40分後の検査となった。急ぐこともないけれども無駄な時を過ごした。一事が万事とは言わないが昨今の政治状況といえアカショウビンの日常の中で何か箍が外れているのではないかと感じることが多くなった。

  まぁ、それもこれから始まる嫌な治療へ気を紛らわすための方策の如きものでもあるわけだが。

  話は違うが、ここのところ少しずつ読んでいる九鬼周造の『時間論』で音楽や詩歌のことを「時間からの解脱」とみなすのが面白い。同様に美術は空間からの解脱だ。この賢察と思える一言に九鬼という人物の器量、力量を痛感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

深夜のシャンソン

 NHKラジオの深夜便はこの数年不規則な生活のなかでよく聴いていた。昨年の引っ越しで一年間は入院、アルバイトの毎日の中で殆ど聴くことがなかった。今夜は、といっても日付は変わっているが、連休をとり以前の不規則に戻り、たまたま深夜の音楽で目覚めた。そこで奏でられていたのが日本のシャンソンだった。かつて少年時代に聴いたことがある作品を改めて聴いたが初めての作品もあった。越路吹雪が昭和44年に録音した「人生は過ぎゆく」がそれだ。この殆ど語りの曲に越路の恐らく晩年の歌唱の到達点が記録されていると言ってもよい。それは女の愛の睦言という内容だ。それは多くの恋人たちの間で囁かれる睦言だ。しかし、そこに死を覚悟した一人の歌い手のエッセンスとでもいうものが凝集されている。それを聴けたことは果たして偶然だろうか知らぬ。しかし音楽を愛する者の偶然は幸いである。フランスのシャンソンが日本でこのように解釈され根を張ったことに遭遇したとアカショウビンは解する。番組の最後に若い頃に聴いたシャンソンで愛聴したダミアの「かもめ」を石井好子が録音した日本語で聴いた。それもまた越路吹雪と同じく日本のシャンソン受容の到達点と言うべき境地だ。この録音を探すことは現在のネット社会で容易なことだろう。それを聴く機会は多くの若者たちのなかでどれほどあるだろうか。そしてアカショウビンと同じ感慨をもつ人は極く少数だろう。しかし、それでも歌い手の魂とでも言うしかない境地は格別だ。これから何度そのような体験ができるかどうか。しかし、これもまた冥土の土産というしかない。

 番組は沖縄の歌手の歌声に変わっている。この声にも歌い手の魂が込められている。我が奄美の民謡では里 国隆の声にそれを聴いた。我が同胞たちは里を忘れてはなるまい。その声は現在の政治情況のなかで新たな活力を有する筈だ。夏の暑さに消耗する毎日に里を聴くことは現在を生きるアカショウビンにとって天啓の如きものだ。しかし越路や石井の声の中にもその魂の同じおらび(叫び)を聴いたことを記しておく。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

時の流れに身をまかせつつ流されないように抵抗する

 奇妙なタイトルで恐縮。しかし私たちの日常というものはそういう言い方もできることはおわかり頂けると思う。河瀨監督の「光」を観た翌週はアンジェイ・ワイダ監督の遺作「残像」を観てきた。それは暫し何人かの読者や友人たちには呆れられている常套句を使えば冥土の土産である。しかし死に近づいているという理解のもとに病を抱えている身には実感であり自覚である。それはタイトルのような表現がもっともアカショウビンの現在を伝える言葉となって記述されるわけなのだ。

 「残像」はワイダの生涯のテーマというものがあるとするなら最後のこの作品の中にもそれは見事に執拗に表現されている。執拗というのは批判しているのではない。それは執念と言ってもよい。むしろ、その言葉のほうが的を射ているだろう。その意味で描かれた作品は万人向けではない。しかし作品と正面した多くの人に何かを伝える内容を湛えている。それはアカショウビンが言葉で伝えられるものではない豊饒と言ってもよいものだ。それはアカショウビンにとってそうだがワイダ作品を観続けた者にとっては暗黙の了解を得る何かだ。

 まわりくどい言い方になって恐縮だが、それは「光」にも相通じる。敢えて両作品に共通するものは何かと言えば人が、見る、観る、視る、あるいは眺める、凝視する、瞬視するという行為は何か、という問いに集約される。河瀨監督もワイダも映画監督、映像作家として見る、視る、凝視、瞬視する人として規定される。それは或る職業人として特殊な立場で日常と非日常を生きているということである。その作品に正面するときその作品の何かが観る者たちを挑発する。それが映画を観るという体験である。

 「残像」が公開されているホールの次回作は「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」である。これまたアカショウビにとって必見の作品だ。彼女の詩は「ソフィーの選択」(1982年 アラン・J・パクラ監督)で巧みに引用されていたからだ。以来、この詩人はアカショウビンの関心の内にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧