2017年7月19日 (水)

もう三か月

前回の治療からもう三か月が過ぎた。膀胱がんの手術からも間もなく一年になる。何とも月日のたつのは詩人なら百代の過客というところだが。イチモツからカテーテルを挿入される痛みと不快感は言語を絶するけれども、たまに病院に来るのは娑婆の一面が垣間見れて面白くもある。きょうは受付で待っている間中年男の父親との会話が面白く不愉快だった。それはよくあることとも言える。つまり父親に対する息子の口のきき方がエラそうなのである。いまどきの言い方で言えば〝上から目線〟なのだ。少し痴呆気味なのが傍で見聞きしているとわかる父親に対する配慮のなさは親の躾の失敗とも言えるが壊れた親子関係と言ってもよい無残さを感じた。何の病か知らぬがもっと優しい応対の仕方というものがあるだろう。他人事とはいえ腹のたつ光景だった。

それはともかく、これから抗がん剤注入の前に採尿と超音波検査。ここでひと悶着あった。受付で採尿を先に済ませと言われ超音波検査室に入ったらそれでは検査ができないというのだ。尿がないと画像が明確でないらしい。病院なのだから受付女性も検査手順には正確でなければならない。おかげでペットボトルでお茶を飲み40分後の検査となった。急ぐこともないけれども無駄な時を過ごした。一事が万事とは言わないが昨今の政治状況といえアカショウビンの日常の中で何か箍が外れているのではないかと感じることが多くなった。

まぁ、それもこれから始まる嫌な治療へ気を紛らわすための方策の如きものでもあるわけだが。

話は違うが、ここのところ少しずつ読んでいる九鬼周造の『時間論』で音楽や詩歌のことを「時間からの解脱」とみなすのが面白い。同様に美術は空間からの解脱だ。この賢察と思える一言に九鬼という人物の器量、力量を痛感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

深夜のシャンソン

 NHKラジオの深夜便はこの数年不規則な生活のなかでよく聴いていた。昨年jの引っ越しで一年間は入院、アルバイトの毎日の中で殆ど聴くことがなかった。今夜は、といっても日付は変わっているが、連休をとり以前の不規則に戻り、たまたま深夜の音楽で目覚めた。そこで奏でられていたのが日本のシャンソンだった。かつて少年時代に聴いたことがある作品を改めて聴いたが初めての作品もあった。越路吹雪が昭和44年に録音した「人生は過ぎゆく」がそれだ。この殆ど語りの曲に越路の恐らく晩年の歌唱の到達点が記録されていると言ってもよい。それは女の愛の睦言という内容だ。それは多くの恋人たちの間で囁かれる睦言だ。しかし、そこに死を覚悟した一人の歌い手のエッセンスとでもいうものが凝集されている。それを聴けたことは果たして偶然だろうか知らぬ。しかし音楽を愛する者の偶然は幸いである。フランスのシャンソンが日本でこのように解釈され根を張ったことに遭遇したとアカショウビンは解する。番組の最後に若い頃に聴いたシャンソンで愛聴したダミアの「かもめ」を石井好子が録音した日本語で聴いた。それもまた越路吹雪と同じく日本のシャンソン受容の到達点と言うべき境地だ。この録音を探すことは現在のネット社会で容易なことだろう。それを聴く機会は多くの若者たちのなかでどれほどあるだろうか。そしてアカショウビンと同じ感慨をもつ人は極く少数だろう。しかし、それでも歌い手の魂とでも言うしかない境地は格別だ。これから何度そのような体験ができるかどうか。しかし、これもまた冥土の土産というしかない。

 番組は沖縄の歌手の歌声に変わっている。この声にも歌い手の魂が込められている。我が奄美の民謡では里 国隆の声にそれを聴いた。我が同胞たちは里を忘れてはなるまい。その声は現在の政治情況のなかで新たな活力を有する筈だ。夏の暑さに消耗する毎日に里を聴くことは現在を生きるアカショウビンにとって天啓の如きものだ。しかし越路や石井の声の中にもその魂の同じおらび(叫び)を聴いたことを記しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

時の流れに身をまかせつつ流されないように抵抗する

 奇妙なタイトルで恐縮。しかし私たちの日常というものはそういう言い方もできることはおわかり頂けると思う。河瀨監督の「光」を観た翌週はアンジェイ・ワイダ監督の遺作「残像」を観てきた。それは暫し何人かの読者や友人たちには呆れられている常套句を使えば冥土の土産である。しかし死に近づいているという理解のもとに病を抱えている身には実感であり自覚である。それはタイトルのような表現がもっともアカショウビンの現在を伝える言葉となって記述されるわけなのだ。

 「残像」はワイダの生涯のテーマというものがあるとするなら最後のこの作品の中にもそれは見事に執拗に表現されている。執拗というのは批判しているのではない。それは執念と言ってもよい。むしろ、その言葉のほうが的を射ているだろう。その意味で描かれた作品は万人向けではない。しかし作品と正面した多くの人に何かを伝える内容を湛えている。それはアカショウビンが言葉で伝えられるものではない豊饒と言ってもよいものだ。それはアカショウビンにとってそうだがワイダ作品を観続けた者にとっては暗黙の了解を得る何かだ。

 まわりくどい言い方になって恐縮だが、それは「光」にも相通じる。敢えて両作品に共通するものは何かと言えば人が、見る、観る、視る、あるいは眺める、凝視する、瞬視するという行為は何か、という問いに集約される。河瀨監督もワイダも映画監督、映像作家として見る、視る、凝視、瞬視する人として規定される。それは或る職業人として特殊な立場で日常と非日常を生きているということである。その作品に正面するときその作品の何かが観る者たちを挑発する。それが映画を観るという体験である。

 「残像」が公開されているホールの次回作は「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」である。これまたアカショウビにとって必見の作品だ。彼女の詩は「ソフィーの選択」(1982年 アラン・J・パクラ監督)で巧みに引用されていたからだ。以来、この詩人はアカショウビンの関心の内にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

加藤一二三九段、引退

  加藤九段引退の報に感慨新た。学生の頃に将棋にのめりこみアカショウビンの大学は新宿の将棋道場の如きものだった。その頃の新宿は大道詰将棋や将棋道場の隅では賭け将棋も行われていて何とも面白い場所だった。ジャズ喫茶も健在で将棋を指し終わったあとはジャズと映画館通いがアカショウビンの日課。不勉強のツケは今に至り少ない時間は読書にあてる。三か所の癌を抱え残り時間は少ない。将棋の勝負では終盤の秒読みになりそうな頃である。毎日を充実して生きることなど不可能。それでも、それを目指し生きる、これしかない。先日は日曜日に学生時代以来の友人、I君、N君に手伝っていただき中古で買ったCDラック、衣装ケースを新居に運び込んだ。きのうは築地の病院へ。今度は下咽頭癌の定期検査だ。その間を縫う時間は殆ど居眠り。昨夜も部屋の片付けを深夜まで。それでも五時過ぎには目覚める。引っ越しの段ボール捨て、買ってきた蛍光灯でやっと部屋が明るくなった。これが文明生活というものだと改めて実感した。本日はアルバイト。霧雨だが日銭を稼がねばならぬ。明日は友人のN君から頂いたチケットでカンヌに出品した『光』(河瀨直美監督)を観に行く。きのう病院の帰りに観るつもりだったが、時間が合わなかった。

 それはともかく。加藤九段、本当にお疲れさまでした。将棋の面白さ、棋士たちの面白さ、見事さを教えて頂いたことはアカショウビンの人生に多くの豊かさを与えてくれました。心から感謝致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

団地の長閑な日曜日

 ここのところ朝が肌寒い。しかし日曜日の朝はアルバイトの仕事疲れを癒す貴重な時である。この数年はNHKラジオの「音楽の泉」を聴くのが習慣。今朝はベートーヴェンの〝三重協奏曲〟だ。かつて巨匠たちの共演として評判になった録音である。解説の皆川さんによるとベートーヴェンの作品のなかではベートーヴェン風が空回りもしている作品という。しかしこの十年くらいアカショウビンには繰り返し聴いて厭きない愛聴作品なのである。それは本日の録音(カラヤン指揮ベルリン・フィル、リヒテル、オイストラフ、ロストロポーヴィチ)ではなく、フリッチャイ指揮、おや、おや、オーケストラがどこだったか、ソリストはアンダ、シュナイダーハン、フルニエは間違いないだろう。本日の録音は学生時代にレコードで聴いて以来。あらためて聴くとそれほど悪くない。しかし録音時のエピソードを何かの本で読むと、それは面白いが嫌いなカラヤンのバックでは敢えて聴くこともない。フリッチャイのほうが遥かに好もしい。この頃のベートーヴェンは交響曲第3番〝英雄〟を書きあげ正に次のウィーンの音楽界から西洋音楽を担う勢いをもっていた頃だ。この作品にもそのエネルギーが満ちている。2楽章の速度指定は皆川さんの解説によればア・ラ・ポロッカ。ポーランドの舞曲ポロネーズ風に。ここのところがアカショウビンは実に好きなのである。ショパンの作品で馴染んでいるためかもしれない。

 天気はよくないが新居の団地の周辺は鳥たちの囀りも好ましい。穏やかな日曜日だ。昨日の夕刊には今年公開された『聖の青春』の試写会でコメントを述べた将棋棋士、森 信雄七段のインタビュー記事も掲載されていて興味深く読んだ。現役を引退するということだ。65歳。アカショウビンと殆ど同世代といってもよい。将棋にのめりこんでいた学生時代から名前は存じていた。同時代を生きた幸いを心から言祝ぎご苦労さまと言いたい。コメントを述べる広い試写会会場では遠目だったが飄々とした関西弁のコメントがお人柄を実感させた。記事中で「僕自身も実力がなく、奨励会に拾われた人間。だから出来が悪くても、一生懸命やる子なら引き受けたくなる」の言や好し。優れた師弟関係とはいいものである。ダメな師匠と優秀な弟子、優秀な師匠とダメな弟子、様々だろう。しかし師弟関係とは親子関係以上のものがあるのではないか?それは血縁という形而下と形而上の違いとも言えるかもしれないが。『聖の青春』はレンタルショップで貸し出された。将棋ファンでなくとも一人の将棋棋士であり世間的に言えば短い人生を終えた若者の一生を観る者それぞれに思索を促す作品に仕上がっている。多くの人にお奨めしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

人生は音楽の時間のようなものか?

 あらゆる時間は過ぎ去るけれども、/グールドの時間は過ぎ去らない。/聴くたびに、いま初めて聴く曲のように聴く・・・/人生は、音楽の時間のようだと思う

 長田弘の詩をきのうの東京新聞の〝筆洗〟は引いている。グールドが弾くワーグナーの楽劇〝ニュルンベルクのマイスタージンガー〟のピアノ演奏に詩人は共鳴したのだ。その前節で詩人はこうも書いている。

 芸術は完成を目的とするものではないと思う。/微塵のように飛び散って、/きらめきのように/沈黙を充たすものだと思う。

  きらめきのように沈黙を充たす、の言や好し。グールドの9分32秒の演奏録音でなくともそういう時間を誰しも経験したことがあるのではないか。引っ越してから段ボールの中に入ったままのCDやレコードが出てきて新鮮な気持ちで新たに聴いている。そのうちグールドの〝ニュルンベルク~〟も出てくるかもしれない。そのとき詩人と同じように感ずるかどうかは定かでないけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

病み、疲弊し、消耗すれども

  引っ越しはしたものの部屋は片付かない。きのうはアルバイトの帰りカーテンを買った。団地は他所様の視線が気になる。両向いは児童公園や庭で離れてこちらの様子は殆ど遠目にしか見えない。カーテンで遮蔽するということは外を気にするというより内側の空間を自分の気に入るように設えるということなのだ。カーテンはお手頃価格のものが買えた。最近駅前にオープンした大手企業である。なかなか気の効いた商品が多いのだ。

 ともあれ粛々と部屋を機能的に整え終わりに向かう、これである。引っ越しで一年間未開封の段ボールの中から聴きたいCDや必要な書物、資料も出てきた。鷗外の『伊澤蘭軒』は何と以前に買ってあった。先日は図書館から大判の全集を借りて読み始めたがこれで傍線や書き込みもできる。引っ越しの功徳というべきものだ。この流れを引き寄せる。それは将棋、囲碁でいう形勢を優勢に持っていくということだ。

 先日からアルバイト作業で右手が上がらなくなった。体力を消耗する仕事なのである。下層労働者の現場は多かれ少なかれそのようなものだ。病と年齢による負担は日々高まる。体力も維持するのがやっとだ。しかし娑婆でやり残した事は多々ある。

 先般亡くなったS・スクロバチェフスキーのブルックナー交響曲全集を中古で手に入れた。かつてバラで買って聴いていたものだ。逝去後に特集が組まれるかと思ったがさほどの話題にもならなかった。しかしこのブルックナー指揮者の録音は無視できないというより熟聴すべき解釈だ。これを新居でじっくり聴く楽しみができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

遠きより友来たる

 中国旅行からきのう帰国した高校時代の同級生T君に会いに東京駅へ。ところが朝の電車が人身事故で止まっているではないか。駅は大混雑。私鉄からJRに乗り換えられたのは幸い。T君に連絡をとり少し待ち合わせ時間を遅らせた。途中の駅はJR横浜線の小机。学生時代アルバイトで通った駅だ。その頃は都内の江戸川区に棲んでいた。そこから通うのは大変。しかし日銭を稼がねばならない。地質調査のボーリングの土木作業できつかったが日当が良かったのだろう。何日か通ったのだった。
 横浜駅で東海道線に乗り換え東京へ。退社以来この路線に乗るのは久しぶりだ。
 T君は中国の西安で2泊3日を過ごしたらしい。一昨年はポーランド旅行も。アウシュヴィッツも訪れた。その話も興味深かったが今回も中国の現状が聞けるのを楽しみにした。
 一年ぶりに会い新幹線の出発時間まで話した。話は尽きない。早めに切り上げ別れた。西安の写真と去年のポーランド旅行でアウシュビッツの写真も再見した。
 一年が過ぎ仮住まいから引っ越しも先週済ませた。一年間、同居人さんには本当にお世話になった。心から感謝する。お互い今後の健闘を祈るのみ。二頭の犬たちと別れるのは残念だが此の世の縁の不可思議を体験できたのは幸い。冥土へのよい土産となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

長閑な日曜日

 ここのところアルバイト疲れから抜けだそうと心身がもがいていいるのであろう音楽や読書に少しずつ集中しようという欲求が生じているように思われ今朝は早めに目が覚め読書にも二時間近く集中した。一昨年の入院前から習慣になっているNHKの将棋、囲碁、〝日本の話芸〟という番組は日曜日の日課のようなもの。本日の将棋はマスコミで話題にもなっている藤井聡太四段の登場である。いつものように番組終了までの熱戦かと思えば時間を余しての終局。途中見逃したが疾風の如き終盤の寄せだった。きのうの新聞では連勝記録を17に伸ばしたという。どうもその強さは本物のようだ。こうなると当然比較されるのは羽生である。羽生の実績に至るまでは長い道のりではある。将棋界にとっては話題作りと棋界にとっても久々の大型新人の登場で内外ともに活況で何よりだ。

 先日は「3月のライオン」の後篇を観て来た。なかなかの仕上がりで4時間以上の大作になった理由を納得させられた力技ともいえる。これまた将棋界、将棋ファンにとっては悦ばしいかぎり。そんななかで時に想い起こされるのは小池重明という真剣師の事である。真剣師とはアマチュアの賭け将棋指しのことである。破天荒な一生は本にもなっている。棋界の活況は悦ばしくとも勝負師とは盤上の勝ち負けはそれを生業とする者の殺し合いである。そこに面白さを超えた凄みという感覚が生じる。小池という真剣師はそれを体現し果てた勝負師だった。

 「聖(さとし)の青春」という作品には実在した村山聖という棋士の一生を描いてその凄みの一端が描かれていた点で秀作と思う。それは羽生との会話を通して描写されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

命日

 きょうは吉本隆明の命日だという。若い友人からのメールで知った。そうか、そういえばこんな季節だったなと記憶を辿るも既にアカショウビンはアルツハイマーが進行中である。それにしてももう五年が過ぎているのだ。

 今朝の駅売りのスポーツ紙には久保奪還の見出しと渡瀬恒彦死去の大見出し。そうか、王将はカド番を凌ぎ切れなかったか。いちおう記事を読むために新聞を買った。渡瀬氏(以下、敬称は略させて頂く)は胆嚢ガンだったらしい。不思議なことに先日『新仁義なき戦い』(昭和49年 深作欣二監督)の第1作(シリーズ6作目)を借りてきて観たばかりだった。これも何かの縁かもしれない。

 先日は別の友人からメールがきて「あさま山荘事件」の日を知らされた。45年前の2月28日のことだった。友人は失業中の父親とテレビに見入っていたという。そういえば若松孝二監督が撮った作品は何年だったかとレンタルショップに行き借りてきた。2007年制作の2008年公開なのだった。「実録 連合赤軍 あさま山荘への道程(みち))」は若松が撮らずには死ねないといった執念の漲った作品である。

 ここのところアルバイトで体力の消耗甚だしく映画を観る気力も失せていた。しかしこの二本はしっかり観た。近いうちに感想を書く。吉本隆明の著作も久しく読んでいない。「狂うひと 『死の棘』の妻・島尾ミホ」(2016年10月30日 梯 久美子 新潮社)に登場する吉本隆明はしばらくぶりでその名を目にしたことだった。こちらの感想も近いうちに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧