« 油ぞうめん | トップページ | アラン・パーカーの作品② »

2020年8月 9日 (日)

油ぞうめん(続き)

 つけものでは「パパイヤ漬け」も紹介されている。本土の漬物とは異なり、塩漬けしたあと味醂や醤油などで漬けるので甘い。しかし、郷土料理の「鶏飯(けいはん)」などの薬味に欠かせない、とも記事にある。

 「八月踊り」は、奄美の夏に欠かせない。子供のころ、見よう見まねで踊りの輪にはいったものだ。「油ぞうめん」は、祖母や母の味は出せないだろうが、きょうは挑戦してみようか。

 スーパーで材料を買い夜挑戦した。しかし、思うようにはできなかった。頭で考えるのと実際は異なる。油、出汁、野菜の組み合わせは、それぞれ相性がある。それが最初から上手くいくわけがない。料理も試行錯誤なのだ。しかし、そーめんを油で炒めて食べるというのは、奄美ならではの風土から生まれた発想で食文化である。夏はまだこれからだ。何度か改めて挑戦してみよう。

|

« 油ぞうめん | トップページ | アラン・パーカーの作品② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 油ぞうめん | トップページ | アラン・パーカーの作品② »