« 人剖くよろこび | トップページ | 苔の候 »

2020年7月 4日 (土)

薬漬け

 呼吸器外科病棟から元の胃外科病棟にきのう移ってきた。四人部屋できのうは一人いたのが幸いすぐに移動し今は一人である。満室だと大変なのである。鼾、傍若無人の携帯電話、面会家族のこれまた傍若無人の会話。今はコロナで面会が厳重になっているからいい。きのうまでいた呼吸器外科病棟はナースステーション前の重篤患者がいる四人部屋である。二人の患者は自分で排便、排尿が出来ない。一人は高齢者、一人は中年である。介護、看護の看護師たちは明るくそれを捌く。その声には不満の含みも聴き取れる。しかし多くは明るく振る舞うのに嫌味はない。

 それからすればアカショウビンはマシなほうだ。きのうから夜中の頻尿に気を遣うこともない。それはともかく、きのうから服用する薬が増えた。緊急入院で中断していた抗がん剤もきのうから再開した。他に4種類の薬を食後に飲まねばならない。元々、風邪をひいても薬など飲まない。それが入院するとまるで薬漬けだ。便の色が変わるのが不気味。鉛色の黒っぽい便なのだ。もっとも、便秘体質から解放されているのはありがたいけれども。後のために薬名を記しておく。

 オーグメンチン配合錠=炎症、化膿、感染症を抑える抗生物質。アモキシシリンカプセル=上に同じ。クエン酸第一鉄Na錠=不足している鉄分を補給し貧血を改善する。ロキソプロフェン錠=関節、腰、歯や傷等の炎症や痛みを鎮めたり、風邪の時の熱を下げ、痛みを鎮める。

 なるほど、それぞれ効果があるのだ。それは専門家、プロに任せるに如かずだ。

|

« 人剖くよろこび | トップページ | 苔の候 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人剖くよろこび | トップページ | 苔の候 »