« 伊澤蘭軒 | トップページ | パーカーからショパンヘ »

2020年7月22日 (水)

鰻の蒲焼の日々

 きのうは土用丑の日で、新聞は一面に目黒の秋刀魚ならぬ鰻料理屋に朝から行列が、という記事が掲載されていた。コロナ禍で、何か明るい話題が欲しいのはマスコミも国民も同じだ。高級料亭や街の鰻料理屋では稼ぎ時で、ここぞとばかりに従業員にハッパがかかったことと思われる。

 アカショウビンは、これまでサラリーマン時代、そういった風潮には一線を画してきた。元々食が細く、食い物に執着はしないタチだった。しかし、入院、手術で病院食のありがたさに感謝し、退院後の食事には人一倍気を使うようになった。そのなかでの土用、丑の日である。試しにスーパーの鰻重を買って食べた。これが量もたっぷりで、実においしい。そうか、これか、と思った。斎藤茂吉、加藤一二三さんの鰻好きは有名。それは本やテレビ・新聞で読み知ることで自分は違うぞ、というのがアカショウビンの考えというかスタンスだった。

 それが、この数日で見事に覆った。鰻の蒲焼は絶品である。世界に誇れる日本の食文化だ、と言ってもよろしい。土用の丑の日は過ぎたが、きょうも昼飯はスーパーで鰻重にしよう。

 ところが何と、スーパーの売り場に鰻商品は一掃されているではないか。土用が過ぎれば商品価値はない、という事か。きのうで製造工場の生産ラインは切り替わったという事か。大量生産、大量消費の見事な例がきのうからきょうの売り場の変化という事なのだろう。たかが鰻、たかが土用の丑の日だろうが、鰻重のおいしさに目覚めたアカショウビンには残念なことであった。

 外食チェーンには鰻丼を年間提供している店もある。今年は鰻の稚魚が豊漁と聞く。近いうちにそこヘ足を運んでみるか。

|

« 伊澤蘭軒 | トップページ | パーカーからショパンヘ »

コメント

そのうち一緒にうなぎ食べたいですね。昔から好きですよ😁

投稿: たじまる | 2020年7月23日 (木) 午前 12時39分

たじまる君
 >そのうち一緒にうなぎ食べたいですね。昔から好きですよ😁
 ★そうだね。こちらの体調しだいだけど、なかなか回復が思うようにならないのだよ。

投稿: アカショウビン | 2020年7月30日 (木) 午前 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊澤蘭軒 | トップページ | パーカーからショパンヘ »