« 世界法廷を機能させよ | トップページ | エンニオ・モリコーネ追悼 »

2020年7月 6日 (月)

建国の精神

 先週金曜日7月3日の東京新聞〈本音のコラム〉のタイトルは「マスクをしない自由」。北丸雄二氏は、「彼らはマスクをしない自由を唱えます」と述べアメリカの建国の精神を説明する。清教徒たちが英国国教会という権威から逃れて建てた国というのは教科書で学んだ。しかし「自治から始まったので、連邦政府すら要らない、税金さえ払わないという考えが今でもあります」とは知らなかった。憲法修正第二条には「政府が変なことをしたら人民が銃を持って立ち向かう権利も保証されます」という条項も未だに銃規制が困難な理由というのも目からウロコだ。この日が7月4日、アメリカ独立記念日の前日に掲載されたのも北丸氏の意志の含みが察せられる。アカショウビンは、『アメリカの黒人演説集』で1852年のフレデリック・ダグラス氏の演説論考「奴隷にとって七月四日とは何か?」を読んだばかりなのも奇遇だ。

 同じコラムの6月27日の記事。タイトルは「これも差別」、師岡カリーマさんがパレスチナ自治区のエリコで行われたデモを伝えている。トランプ政権とイスラエル両国の国際法違反の暴挙を告発する。パレスチナ差別の歴史は長い。ドイツでユダヤ人殲滅の被害を被ったユダヤ人がイスラエルでパレスチナ人達の土地を奪い殺戮行為を繰り返す。それはベトナムでも繰り返された構造と同じだ。人間は歴史から学ばない。進歩とは共同幻想でしかない。

 デモには英国、日本の外交官も参加したらしい。「占領軍による一般市民殺傷のニュースも日常茶飯事。これが天下の超大国のお墨付きで横行し、抗議の声は世界に届かない」と師岡さんは嘆く。

 しかし、奴隷制度の残滓を未だに残す〈超大国〉の罪は〈世界法廷〉で裁かれねばならぬ。

|

« 世界法廷を機能させよ | トップページ | エンニオ・モリコーネ追悼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界法廷を機能させよ | トップページ | エンニオ・モリコーネ追悼 »