« 建国の精神 | トップページ | 将棋棋聖戦第3局 »

2020年7月 7日 (火)

エンニオ・モリコーネ追悼

 昨夜、映画好きの友人からのメールで訃報を知った。享年91歳。大往生であろう。アカショウビンが中学生のころマカロニ・ウエスタンと、それは本場アメリカでは〈スパゲッティ・ウエスタン〉と蔑称されたらしいが、イタリアで制作された西部劇が日本で大人気になった。本場とは異なる些か残酷さもあるものが多かった。そのなかでセルジオ・レオーネ監督の作品は音楽が奇抜で素晴らしく、俳優も実にかっこよかった。その音楽がエンニオ・モリコーネ、俳優はクリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ。『夕陽のガンマン』、『荒野の用心棒』など中学生が夢中になる面白さだった。アカショウビンが通った中学では街の映画館で映画を観ることは禁じられていた。しかし、隠れて観た友人の評判は校則を破ってでも観たい衝動に駆られた。そしてハマった。友人たちと映画雑誌を回し読みし、映画にのめり込んでいったのだった。

 映画監督と映画音楽はたいがいコンビを組む。フェデリコ・フェリーニとニーノ・ロータ、小津安二郎と斎藤高順、新藤兼人と林  光など。そこには阿吽の呼吸とでもいう了解がはたらくのだろう。それは時に絶妙な効果をもたらす。モリコーネとレオーネに生意気な中学生は魅了された。それはレオーネの早い死に至るまで続いた。アカショウビンにとって『ウエスタン』という作品は、セルジオ・レオーネとエンニオ・モリコーネが創り上げた最高傑作で集大成のマカロニ・ウエスタンで、本場西部劇へのオマージュとなっている、とアカショウビンは解している。

 それはともかく、エンニオ・モリコーネの作品は三枚組のCDを買ってある。退院したら追悼に聴き、楽恩に感謝しよう。もちろんセルジオ・レオーネの作品も観直そう。

|

« 建国の精神 | トップページ | 将棋棋聖戦第3局 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建国の精神 | トップページ | 将棋棋聖戦第3局 »