« 正念場と回想 | トップページ | 何が問われているのか »

2020年4月24日 (金)

術後、初めての食事

 術後四日目。入院以来というより数カ月ぶりの食事が昼食からとれるようになった。左脇腹と右腹にはチューブが入ったままだが明日には抜ける予定。何はともあれ回復の軌道に乗ったようにも思える。ただ痛み止めの薬の影響で便秘気味。下腹の痛みは不快この上ない。

 久しぶりのマトモな食事の献立を記しておこう。メインディッシュは鶏ソースかけの豆腐ステーキ。それに五分粥、皮むきカボチャの甘煮。小エビの酢の物がおいしかった。五分粥は梅びしおで味をつけて、おいしくいただけた。病院食特有の薄味だが、アカショウビンには天来の食事になった。先ず一山は越えた。しかし、これから二山、三山越えねばならぬ。日暮れて道遠しである。

|

« 正念場と回想 | トップページ | 何が問われているのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正念場と回想 | トップページ | 何が問われているのか »