« ミレッラ・フレーニ追悼 | トップページ | 点滴治療 »

2020年2月17日 (月)

虫の知らせ

 こういうのを虫の知らせというのだろう。年来読み続けてきた創文社刊の『ハイデッガー全集』で気になることがあり直接電話で問い合わせてみようとネットで同社のホームページを探したら、何と今年三月で書籍販売を止めるという知らせである。事実上の倒産だろう。ハイデッガー全集は継続中で終わってないはずだ。そんな状況なら今月は忙しいだろう。あとはどうなるのか、果たして連絡は取れるのか。

 連絡は取れたが問い合わせた件は判明しなかった。聞けば創刊は昭和26年、70年の歴史が閉じられる。残念である。しかしハイデッガー全集は東京大学出版会に引き継がれるそうだ。〈存在〉を〈有〉と統一して訳すなど研究者や専門家からは批判も多かった全集だが、是非とも完結して頂きたいものと切に思う。

|

« ミレッラ・フレーニ追悼 | トップページ | 点滴治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミレッラ・フレーニ追悼 | トップページ | 点滴治療 »