« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月30日 (月)

ベートーヴェンの初期ピアノ・ソナタ

 先日の近藤伸子さんのリサイタルで驚いたのは、演目のベートーヴェンの初期のピアノ作品に会場が殆ど満員に近い盛況で大半は女性だったことだ。あるアンケートでは、クラシック好きの女性の好きな作曲家のトップはショパン。これはわかる。驚いたのは次にベートーヴェン、モーツァルトという順位だったか。女性だったら、ドビュッシーやチャイコフスキーのバレー音楽、などか、と想像するのはアカショウビンのような、いい加減な男どもの愚かな妄想に過ぎない、ということを思い知らされた。それが先日のリサイタルで上野の東京文化会館小ホールの会場を見渡し、改めて腑に落ちた。近藤さんの演奏も、内外での研鑽を披露する途中経過の如き自然体に近い自信と余裕が感じられた。

 このリサイタルでありがたかったのは、詳細な楽曲解説である。アカショウビンのような素人にはスコアの引用は眺めるだけであるが、近藤さんの学識と研究の成果による解説はとても参考になる。今後、作品を聴いていくうえで欠かせない資料とさせて頂く。そのうちから7番ソナタの二楽章の解説を引いてみよう。このソナタ形式の楽章は「ラルゴ・メスト ニ短調8分の6拍子」とベートーヴェンは指定している。

 このメストについて「mestoは『悲しげな、寂しげな』を意味する言葉で、ベートーヴェンがこれを使用しているのは、他にラズモフスキー弦楽四重奏曲第一番の緩徐楽章のみである。この時期のベートーヴェンの音楽のなかで最も深刻なものであるが、以後ベートーヴェンの音楽の重要な要素となる深い悲哀を表現する嚆矢とも言える。重々しくもの悲しい第一主題、続く第二主題は繊細で美しい旋律だがやはり減7の不協和音が覆い被さる」。

 近藤さんの解説は、このようにアカショウビンには新たな指摘が散見され貴重である。もうひとつ、興味深かったのは、ベートーヴェンが郷里のボンからウィーンに出て来た頃にハイドンに教えを請うた時のエピソードである。ベートーヴェンはハイドンの指導にがっかりし約一年くらいで喧嘩別れのようなかたちでハイドンの下を去ったという。面白いではないか。新進気鋭のピアニストでもあった若者が当時の巨匠のおそらく画一的な教授に飽き足らず袂を分かったというのは。ジャンルは異なっても、新しい才能と新たな創造というのは多くがこのようなものと推される。先達や師の領域を越えて自らの世界を切り開く。創造というのは正しくそういうものだろう。

 リサイタルのあとは手持ちのCDで初期作品をあれこれ聴いた。若い頃に発売されたレコードで買った全集ではF・グルダのものもCDで買い直していたので久しぶりに聴いた。1968年、アマデオ・レーベルから発売されたものである。バックハウスやケンプたち当時の巨匠に伍してベートーヴェンの全集を録音するのは選ばれたピアニストである。近藤さんのリサイタルは、年末にベートーヴェンのピアノ・ソナタ作品をあれこれ聴く切っ掛けを与えてくれた。次のリサイタルは晩年のピアノ・ソナタも演奏するらしい。益々のご精進を心から期待する。

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

ピアノ・リサイタル

 知人のご配慮で、これから上野の東京文化会館で行われるピアノ・リサイタルヘ。記憶をたぐると何年か前にショパン・コンクールのグランプリを取った韓国のピアニストの日本公演をサントリー・ホールで聴いて以来だ。韓国の若手男性ピアニストとあって日本のおば様たちが大勢。休憩時間、終了後もCDが飛ぶような売れ行きだった。あれはサントリーホールの大ホール。本日は文化会館小ホールである。こちらの方がじっくりピアノとピアニストに集中できそうだ。しかも演目はベートーヴェン初期のピアノ・ソナタ、二番、三番と七番、八番、とチェロ・ソナタ。期待して会場に向かう。

 きのうは、手持ちのCDで幾つか同じ作品を聴いた。最初はケンプ、次にバックハウス。久しぶりにエリー・ナイも聴いた。バックハウスはさすがに名人芸だ。実にさらりと弾いて芸の奥深さをあからさまにしない。ケンプもナイも力が入るのに躊躇しない。メリハリつけた表現こそが作品の魂と主張するかの如き表現だ。そのケンプとナイでも違う。ナイはテンポが融通無碍といった風情で緩急自在。人によっては怒りだす人もあるだろう。実際に、吉田秀和氏は戦後、ナイのリサイタルを聴いた時に乱れた運指にがっかりし、巫女を囲む取り巻きたちの様子に嫌気がさしたと感想を残している。

 それはともかく、本日の演奏者は近藤伸子さん。ヨーロッパでのキャリアもカクカクたるものである。バッハ、ベートーヴェン作品にも習熟し新たな境地に赴く途中と思われる。その成果を確かめたい。

| | コメント (0)

手続きあれこれ

 きのう、きょうとアルバイト仕事なく年末の雑事処理。先ず車の免許証更新で警察署ヘ。優良講習で30分余で済む。手続き料3000円とはボッタクリのようなもんだ。続いて市役所ヘ国民健康保険限度額適用認定証の更新に。来年早々開始する下咽頭がんの放射線治療に不可欠なのだ。引き続き銀行ヘ。通帳の記入と繰り越し。収支を確認しムダを省く。それから年金の必要書類を取りに年金相談所ヘ。ここは待たされるのだ。待ち人は少ないがブースは八つもあるのだから、さっさと済ませればいいのに、典型的な役所仕事だ。とにかく、一つ、一つ済ませ年を越す。これだ。

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

最先端治療レポート

 飯が食えなくなり、声の出なくなる外科手術でなく、放射線治療を選んで本日、先週来の参院。午前10時の予約のつもりが診療カードを通すと9時になっている。しかも今後の治療方針で説明があるのかと思いきや内視鏡、CTシュミレーターまで準備されている。対応の早さはありがたいが手順を間違えているのではないか。それはともかく、また採血である。採血の待合室は満員。引き続きレポートする。合わせて20ccを数本に分けて取られる。終わって放射線室へ。ただいま待機中。

 予定では採血のあと固定具作成、放射線治療内視鏡、CTシュミュレーターと続く。診察室では直ぐに鼻から内視鏡を通し患部の写真を撮る。若い女医さんのS先生は実に丁寧に説明してくれた。治療は年明け7日から平日毎日。25回、放射線を照射する。副作用などの説明を聞き同意した。

 何とも例年以上に慌ただしい年末年始になる。自業自得とはいえ穏やかに最小限の迷惑で冥土への旅支度を終えたい。高校時代以来の友人たちとの忘年会では、まったく食べ飲めなかった。アルバイト中の昼時もインスタント味噌汁さえ少しで吐く。処方された栄養剤だけで、どれだけ生きられるのか。まぁ、寿命は死すべき者たちには知る由もない。最期を迎える時が寿命なのだ。それまで娑婆世界でやるべき事をやり終える。これしかない。

| | コメント (0)

司法村

 原一男監督の『ニッポン国vs泉南石綿(いしわた)村』というドキュメンタリー作品の中で最後に呟かれる言葉である。

 この原監督の新作は、大阪府泉南市のアスベスト(石綿)被害者が国を相手取り起こした訴訟を追った映像である。三時間余りの長尺だが、割愛した部分も多いだろう。ときに呆れるようなシーンもある。しかし、キャメラを回す中で患者たちは次々と亡くなる。摂取後20年後に発症するという。病名は肺がん、肺気腫、時限爆弾のようなものだ。原告たちの怒りと支援する弁護士たち、彼らと相対する官吏たちとのやり取りを映像に残したのが監督の手柄である。

 しかし、原告たちを率いて最高裁まで闘った人のため息交じりの呟きが「司法村の中で我々は翻弄された」という感慨になった、とアカショウビンは聞き取った。それはニッポン国の司法制度の厚顔であり、明治以来の富国強兵と産業体制優先による棄民政策だ。足尾鉱毒事件、水俣病裁判、ハンセン病患者に対する国家の冷徹を経て、それは現在も現出している。沖縄は明治の琉球処分と変わらぬ関係構造の中にある。そのような歴史を振り返り我々は、思考、考察、行動を促される。

| | コメント (0)

夜の妙音

 食べた物を吐き出すことを繰り返していて身はもたない。病院から処方された栄養剤の助けを借りる。パウチ袋に入れられた「イノラス配合経腸用液、300kcal」。これを朝夕、二袋ずつ飲む。ヨーグルトとりんご味の二種類あるが飽きる。食べられない状態で仕方ないから摂る最小限の医療対策なのだろう。現在の日常生活は、抵抗と消耗戦の過程の途中とも言える。男はつらいよ、ならず、病人はつらいよ、である。女にも健常者にもわからぬ事はあるのだ。逆もまた真なり。

 この憂さをいなすのに選んだCDは、モダンジャズカルテットの録音。昨夜は、これを聞きながら眠りに入った。今朝も朝に聴いて妙音の如く響く。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

洗骨という風習

 映画が公開された頃に友人から薦められた『洗骨』(2018年 照屋利之監督)という作品がレンタルショップに出ていたので早速借りて観た。友人から大体の内容は聞いていた。アカショウビンの故郷、奄美でも子供の頃に見た記憶がある。先祖の骨を洗い新たに祀るという土俗風習だ。現在のインドでも風葬として残っている古代からの葬祭のひとつだろう。それが形を変えて世界中に現在まで残っているのだと思われる。

 従兄に尋ねたら奄美では33回忌にかつてはやっていたそうだ。アカショウビンが見たのは小学生の頃だから祖父の時だろうと従兄は話した。奄美では近くの川で骸骨になった骨を洗い清め墓に改めて埋葬する。映画では葬儀のあと4年後という。舞台は沖縄の離島、粟國島だ。

 この島には或る縁がある。アカショウビンが大学を卒業し勤めた音楽事務所にいた頃だ。或るオペラ公演があり、演目はヴェルディの『トロヴァトーレ』だった。この演出家がこの島のご出身だった筈だ。イタリアに留学しオペラの演出を学び同オペラの公演で演出を担当したのだ。アカショウビンはその何日間かのリハーサルに付きあった。演出家の演出ぶりも眼の前で見た。それは実に生の遣り取りが興味深く面白かった。指揮者はイタリア人の高齢の巨匠。公演のあと演出家は数年後に急死した。まだ五十代ではなかったか。これから日本のオペラ公演に尽力し世界中のオペラハウスに招かれたかもしれない。実に惜しい逸材だと思う。

 それはともかく、その粟國島が舞台というので興味津々で作品を凝視したのだ。奥田瑛二の存在が物語を締めている。南の島の風景、人々の日常をキャメラは実に良く捉えている。南島の光と影が美しい。洗骨の情景をキャメラは見事に捉え、儀式の様子も丁寧に描いた。洗骨のシーンに出産のシーンが絡む。「命は女が繋ぐのよ」という台詞も良い。昨年から今年のベストテンに入れられる秀作だ。レンタルで多くの人々に見て頂きたい。海外の映画祭でも受賞しているようだ。洋の東西南北を問わず、人の死と向き合うことの物語として共感を得ているのだと思われる。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

或る音楽に掻き立てられる心境

 先日、マリス・ヤンソンスの訃報を知り手持ちのCDとDVDを探しDVDで2000年の来日公演を見た。購入の動機はヤンソンスではなく当時評判のヴァイオリニスト、ヒラリー・ハーンである。オーケストラはベルリン・フィル。興味津々の組み合わせである。しかも曲目はショスタコーヴィチの第1番協奏曲イ短調(作品99)だ。会場はサントリー・ホール。改めて見て、この天才と評されていた未だ少女のあどけなさが残るソリストの力量に感嘆した。作曲者の成熟期から円熟期といってもよい頃に書かれた作品は楽曲構成から細部まで緻密で堂々として圧倒的。作曲者も満を持して世に出した作品であると思われる。ベートーヴェンやブラームス他の高名な作品に対する対抗意識は当然ある筈だ。それをこの作品に全身全霊で込めたことが伝わる。それは演奏するオーケストラ、指揮者、ソリストにも漲っている。それを映像で確認できたことは幸いだった。ハーンはアンコールでバッハの無伴奏ソナタから一曲弾いた。BWV1001(プレスト)である。これも若きソリストにとって自らの存在を聴衆に知らしめる自信の現れといえる。アカショウビンの歳からすれば少女といってよい人がバッハの最高傑作のひとつを楽々と弾きこなす。その姿は驚嘆するしかない。ショスタコーヴィチの協奏曲はソリストにとってもオーケストラにとっても優れた技量を必要とする難曲と思われる。ハーンの運指、弓使いを映像で見るとよくわかる。それを見事な集中力で成功させた。若きハーンと、これまた50代の壮年期の溌溂とした指揮者の姿が記録に残されていることを悦びたい。

 この映像と音楽に誘われて同じ頃のショスタコーヴィチの作品をCDで聴いた。交響曲と弦楽四重奏である。交響曲は第10番ホ短調(作品93)、第11番ト短調〝1905年〟(作品101)、弦楽四重奏は作品92、101、108。いずれも不安に支配された作曲者特有の気分に満ちた独自の境地が窺える。その気分にアカショウビンの現在の心境が奇妙にからむ。それは決して幸いなものとはいえない。しかし、この世での人が生きる不安を作曲者は音に紡いでいるのはよくわかる。そこから〝希望〟というものを作曲者が見出そうとしたのかどうかわからない。現在のアカショウビンの心境からすれば、そのようなものはない。しかし、それは〝絶望〟でもない。人生の後半から最期を生きる者にとって、それは超えられたものとして生きるのが肝要と自戒の気持ちがはたらくのだ。道元などを読むと、それは仏教的に言えば〝悟り〟ともいえるが、もちろん、そんな大それたものが作曲者にもアカショウビンにもあるわけではない。多くの人々は不安と迷いのなかで、この世を死すべき者として過ぎていくのだ。

 その一方で神聖なる者たちがいる。晩年のハイデガーは、そのような考えに到達していた。神聖な者たちは、悟った人々といえるかもしれない。あるいは、仏教哲学とは異なる立場からのハイデガーの見かたであるのかもしれない。それはともかく、最近の心境はなかなか簡単には晴れない鬱屈にちかい。しかし、それと同居する音楽としてショスタコーヴィチの作品は悪くない。朝刊の記事を読めば〝日本〟も〝世界〟も作曲者が生きた時代と、それほど変わったとも思えない。多くの人々が不安と迷いのなかで日々を凌いでいるのだ。

 今朝のNHKラジオ「音楽の泉」は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番ニ短調。クラウディオ・アバドとマルタ・アルゲリッチが協演しているライブ録音だ。オーケストラはマーラー室内管弦楽団。アバドの晩年なのではあるまいか。ラジオの中波では細部が聴き取れないが二楽章の遅いテンポは二人のその頃の境地が伝わるようで興味深かった。皆川達夫さんも解説していたが、30代の作曲者が先輩のハイドンやモーツァルトの圏内から独自の音楽を開いた作品というのがよくわかる。〝英雄〟交響曲やヴァイオリン・ソナタ〝クロイツェル〟を作曲した時期の作品だ。ベートーヴェンの勢いと活力が漲っている。そのなかで2楽章は静謐と祷りに満ちている。それをアバドとアルゲリッチは連綿と情緒に溢れ奏する。それに聴衆も感動したのだろう、ブラヴォーの歓呼も納得する。そのあとはベートーヴェンの短い歌曲をニ曲、フィッシャー・ディスカウの録音で聴かせてくれた。神への感謝を表わす作品だ。ベートーヴェンにとっての神とは何か。恐らくそれは〝造物主〟という存在ではあるまいか。王政から市民の台頭の時代を生きた彼にとって神とはキリスト教の教理のうえでの神というより万物を創造したものとしての神と思われる。そこは学問的研究があまたあるだろう。その幾つかに眼を通す機会は今のアカショウビンにはあまりない。作品を聴くにしかず。日本では第九の季節でもある。ベートーヴェンの作品と一生は、この世を生きる力を与えてくれる。それと、ショスタコーヴィチの不安と迷い、そこから脱却しようとする足掻きのような作品群。それがアカショウビンの現在を生きるよすがでもある。

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

胃カメラ検査

 11時30分の予約が電車遅れで正午前にやっとたどり着いた。問診表に回答し順番を待つ。血圧は123〜82、脈拍は75。受付の女性は中国訛り。しかし流暢な日本語でてきぱきとした対応。待ち人は殆んど高齢者。アカショウビンは若いほうだ。

 もう胃カメラ検査は何度やっただろう。正確には上部消化管内視鏡検査。下咽頭癌が見つかったのは胃癌の手術の後だ。その時の別の病院の女医さんは聡明で優秀な人だった。そのあとかかった男医が横柄で嫌な男だったからセカンドオピニオンの病院で手術した。今回はこの病院で初めての胃カメラ検査だ。担当者と器械の違いは確認できるだろうか。医療機器も進歩しているだろう。医療ミスはないか、あれこれ考えることは多い。

 会計してがっかり。何と一万七千四百五十円。これはボクシングで言えばダウンに至るきついボディブローだ。先週から6日間日銭が稼げていない。体調のせいもあるがこちらのミスもある。

 それはともかく、滅入る気持ちをいなすべく築地から御茶ノ水まで行きCD、DVDショップや図書館で本を借りよう。午後六時からは友人N君の厚意で試写会にも行く。

| | コメント (0)

分裂症的雑感

 朝刊トップは中村 哲医師殺害の記事。氏の活動は漏れ知っていた。おそらく個人を狙った犯行ではなくグループでの活動が標的になったのだろう。赤十字や医療関係者も安全は保証されていないのだ。対テロ戦争のなかでの戦死だろう。争ではなくテロだからだ。続報を読み考えを記していく。心から哀悼する。

 本日は午前中の予約で胃カメラ検査の日だ。この数カ月、食事に異変が生じ、このひと月は少し食べると決まって噎せて食べたものが逆流し、全て吐き出すときと水分だけというのかあぶくしか出ないときもある。明らかに異変が生じている。

 先日の下咽頭の内視鏡検査では目立つ異変はないという診断。しかし、食事ができないという説明に主治医は即座に対応し胃カメラ検査を予約したのである。下咽頭でなければ食道か胃の病変を疑うのは三つのがん手術を体験したアカショウビンのような医学の素人でも推測する。

 それはともかく、十余年前に直腸癌の診断で内視鏡手術をして以来覚悟はしてきた。しかし、幸い十余年生き延びた。それが四年前の胃癌、三年前の膀胱癌、下咽頭癌で手術、入院しても特に驚くこともなかった。今回の検査で胃癌の再発、食道癌が新たに見つかっても想定内だ。あとは医師の治療計画と相談し従うだけだ。

 それはともかく。それまでに娑婆ではやり残した事を一つ、一つ片付けていくことだ。読み残した本、聴き残した音楽、観残した映画、繰り返し読み新たな相貌を現す著作や音楽、美術、それを我が身で受容することがアカショウビンの余生の楽しみである。

 死は死すべき者たちの経験から学ぶことの深浅はあれ、一生で出会う体験である。アカショウビンも父母、知人の死でそれを体験した。死は生と対立するものではなく、生の一部であるという考えもある。それはともかく、我が身の最期に至るまでに出来るだけの事はしなければならぬ。この世の縁は蔑ろにできない。ところが、この十余年、義理を欠くことも増える。果たして、どれくらい、それを片付けて死ぬことができるのか。

 昨夜は、ここのところ改めて観続けている任侠やくざ映画や新たに購入したCDを聴いた。その感想を少し以下に。

 映画は山下耕作監督の『緋牡丹博徒』。藤 純子の女侠シリーズである。高倉 健が特別出演している。高倉に次いで藤を売り出そうという東映の意図がわかるシリーズだ。山下監督も力が入っている。脇役に若山富三郎、大木 実、清川虹子らを揃えている。言って見れば、東映ドル箱ともいえる任侠やくざ映画路線の意図に沿った作品だ。山下監督にとっても、新たにその手腕が問われ、それに応えた作品である。しかし、何か物足らない。マキノ雅弘監督以来の義理と人情の狭間で懊悩する男と男、男と女の姿を山下監督も継承はしている。しかし、もうひとつ何処か超出したものがないのである。それはこちらの感性が鈍いだけかも知れぬ。そのうちに観直し新たな感想が湧くかもしれない。

 あれこれ映画や音楽を聴きながら未読の本や途中までの本を読み継いだ。新たに啓発され中途で継続していない道元の文章にも眼を凝らした。その契機となったのは柳田聖山の論考である。これは稿を改めて書かねばならない学問的、思想論的、宗教論的刺激を受ける。他に、この道元ガイドブックには高名な識者が寄稿している。特に唐木順三の道元論は再考を促す。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »