« 下層労働の実態 | トップページ | ムーラン・ルージュ »

2019年7月21日 (日)

キネマ旬報創刊100年

 東京新聞の朝刊は15面で半面をその記事で埋めている。アカショウビンの若い頃も評判の作品の批評は同誌で読んだ。もっとも近刊はほとんど読むことはないが。しかし気になった記事は若い頃から保存し残っている。映画を観る切っ掛けは、最近は友人から頂く招待券などで劇場に通う程度で殆どはレンタルショップで間に合わせている。その感想は時々書いている。最近では、久しぶりにゴダールの「パッション」を観て新たな刺激を受けた。この1982年に公開された作品は観ている筈だが殆ど新たに観るように新鮮で挑発された。ゴダールの新作は公開されたようだが未見。既に80歳を越えている筈だが雑誌でのインタビューを読むと意気軒昂。大したものと感嘆し観るのが楽しみだ。それにしても、このフランス映画の巨匠の作品は断続的に観て刺激を受け続けている。

 朝刊の外国作品・監督別入選回数でゴダールは12位。トップはクリント・イーストウッドである。それに異論はない。しかし、日本作品・監督別入選回数に小津安二郎が入ってないのは意外である。アカショウビンにはトップにもってきてもおかしくない監督である。先日から晩年の「秋刀魚の味」、「秋日和」を観てますますその感を深くする。戦前から映画を取り続けた監督が晩年のカラー作品で達した境地は日本人なら誰しも共有できるというのもアカショウビンだけの主観ともいえないと思うがどうだろう。作品には小津のユーモア、諧謔、隠蔽、趣味、すべてが込められていると言ってもよい。俳優たちも小津の演出に応えて過不足ない。それが小津作品を観る楽しみなのだ。それは恐らく洋の東西を問わないのだろう。小津の発見はむしろフランスやドイツ、イランなどの外国で継続されている。その映像を繰り返し観ると新たな発見がある。それが名作の持つ豊饒さと言ってよい。「秋日和」は昭和35年の作品である。様々な家族間の交流でひと組の男女が結婚に至る経緯を描いて飽きさせない。原 節子、三宅邦子、沢村貞子、司 葉子、岡田茉莉子、らの女優陣に対し男優は佐分利 信、中村伸郎、北 竜二、笠 智衆、佐田啓二。これらの俳優達が織り成す物語と小津の演出が冴える。日本映画の傑作の一つと確信する。もっともアカショウビンが務めた会社の新入社員で大学の頃に映画クラブだったという社員に小津は観ているかと訊ねたら知らないと聞いたのには驚いたが。現在でもそんなものかも知れない。しかし傑作、秀作はいつの時代にもある。それが変化しても、文学でいえば古典の価値は失われないようなものだろう、と思いたい。それは音楽でも絵画、美術でも同じだろう。傑作の前に立てば人は襟を正す。優れた作品というのはそういう対応を迫る。

 それはともかく、同誌の百年には映画ファン達の様々な思いがあろう。アカショウビンも内外の傑作を観るのが日々の活力を得ることである。

|

« 下層労働の実態 | トップページ | ムーラン・ルージュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下層労働の実態 | トップページ | ムーラン・ルージュ »