« ハンナ・アーレント覚書④ | トップページ | 朝の妙音 »

2019年6月 3日 (月)

週の始めに 

 週刊囲碁で囲碁界の近況を読む。国際戦で日本棋士の不甲斐なさにやりきれなくなる。井山や日本のトップクラスが中国、韓国棋士に勝てない。何とかありつけたアルバイト労働に赴く電車の車中で、それは働く意欲を妨げる。超一流の棋士同士の勝負は紙一重だ。それは彼らが骨身に滲みてわかっていることだ。プロの皆さん、ファンを裏切らす結果を出してくだされ。さぁ、気持ちを切り替えよう。心身を奮い立たせねばならない。午後1時8分、JR横浜線と京浜急行線を乗り継ぎ、羽田空港国内線ターミナル駅に到着した。交通費は自腹である。困窮し、疲弊・消耗する労働から早く脱却しなければならなぬ。朝食と昼食を兼ねた食事は済ませた。あとはこれから肉体労働のシノギの時だ。

 

|

« ハンナ・アーレント覚書④ | トップページ | 朝の妙音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンナ・アーレント覚書④ | トップページ | 朝の妙音 »