« 小澤征爾のカルメン公演 | トップページ | 英国映画の秀作 »

2019年3月31日 (日)

ドナルド・キーンの「カルメン」

 今朝の東京新聞朝刊に亡きキーンさんの遺稿集が四月に発刊されるコメント記事が掲載されている。書名は『ドナルド・キーンのオペラへようこそ!』。アカショウビンもかつて読んだキーンさんのオペラ好きの文章は未聴のイタリア・オペラを聴く手引きとなった。

 キーンさんがオペラ好きになったのは15歳の時にメトロポリタンで観聴きした『カルメン』だという。誰の指揮かは書かれていないが、さもありなんと思う。『カルメン』という作品の面白さは音楽好きには誰しも共有できるものと思うからだ。音楽だけでも刺激的だが、物語の展開は男と女の愛憎を音楽的に描いて秀逸。メリメの原作をビゼーは音楽的に昇華している。原作のカルメン・シータはかなりの悪女だが、それがオペラではビゼー流に解釈されている。それがビゼーの作品だ。繰り返し聴いて共感する。それが15歳のキーン少年のオペラ遍歴の端緒となったのだろう。

 小澤征爾さんが若い音楽家たちに『カルメン』を介して伝授したいのもオペラの面白さが凝縮されているからだろう。長寿を全うされた日本文学研究の泰斗が生涯の最後に発刊された著作で新たなオペラ・ファンを生み出すことを期待する。先日購入したイタリア版『カルメン』を聴きながら、この作品が洋の東西南北を問わず広く親しまれることを願う。

|

« 小澤征爾のカルメン公演 | トップページ | 英国映画の秀作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小澤征爾のカルメン公演 | トップページ | 英国映画の秀作 »