« ハワイアンバンド | トップページ | 名優列伝 »

2019年3月12日 (火)

ライブは楽し

 先日のハワイアンは何といってもプロの生(なま)の音楽が演奏される場で彼らと共に音楽に共振するという事を体験させて頂いたことの幸いだ。その共振の度合いは各人で異なるだろう。しかし、優れた演奏は魂を震わす。誰でもそういう体験があるのではなかろうか。アカショウビンには録音ではあるがフルトヴェングラーや今朝も聴いたニーナ・シモンの声はそういう音楽だ。アカショウビンにとって一生繰り返し聴き、魂を鼓舞する音楽だ。
 先日のライブはK君の奥さんや教え子の女性、小学校低学年の女の子のフラダンスが場を盛り上げた。間近にその衣装や踊りを見られるのがライブの楽しさである。
 しかし、残念ながら観客の殆どは女性。それが日本という国の歪さと言ってもよいだろう。それは別な論点で論じる機会があるかもしれない。
 ともあれ、K君のバンドと奥様の見事なフラを見られたのは冥土の土産だ。
 ライブの後は近くに住んでいる友人のM君と久しぶりに会った。脳梗塞で半身不随のリハビリに難儀しているが一杯やりながら話せたのは幸い。共に病を抱える人生だが娑婆でやり残す事は最小にして生きたいものと切に思う。 
 K君には心からエールを送る。女性ばかりでなく男どもの観客を増やすのが君の音楽の素晴らしさのバロメーターと思うからだ。ハワイアンは決して癒やしの音楽ではないだろう。それは生きていることの喜怒哀楽を表現する音楽と踊りと思うからだ。それは音楽と踊りのジャンルを明らかに越えてアカショウビンに届いたことは伝えておきたい。益々のご精進を心から祈る。

|

« ハワイアンバンド | トップページ | 名優列伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライブは楽し:

« ハワイアンバンド | トップページ | 名優列伝 »