« 加計呂麻島行④ | トップページ | ハワイアンバンド »

2019年3月 7日 (木)

仏教とは如何なる宗教か

 先ごろ亡くなられた梅原 猛さんの追悼記事を読み、氏の幾らかの著作、言説に関心をもってきた者として感想を書いておかねばならないと思ったが、なかなかそのきっかけが掴めなかった。ところが、先日神田の古本屋で『空海の思想について』を手に入れ読み始めるときっかけが掴めた。
 空海という日本の宗教史に特筆される人物には不明なところも多いが和辻哲郎ら、学者たちや司馬遼太郎の作品でアカショウビンも若い頃から長らく関心を持ち続けてきた。
 長寿を全うせられた同氏に比べ、突然の訃報に驚いた映画監督ベルナルド・ベルトルッチの作品もあれこれ観直して『リトルブッダ』が、仏教とは何か、と問い直す契機にもなった。この作品の内容・物語は、ほとんど忘れていたが、釈迦の幼少を描いたと誤解されかねないタイトルとはまるで異なる輪廻転生の是非をイタリア人の監督が試みた意欲作なのである。そのような刺激も受け、表題の問いを、先ず梅原氏の空海論を介してアカショウビンも試みてみよう。

|

« 加計呂麻島行④ | トップページ | ハワイアンバンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏教とは如何なる宗教か:

« 加計呂麻島行④ | トップページ | ハワイアンバンド »