« ライブは楽し | トップページ | 神々の黄昏 »

2019年3月14日 (木)

名優列伝

 時代を体現する名優がいる。アカショウビンにとってクリント・イーストウッドはそのうちの一人である。中学生のころイタリア製のアメリカ西部劇が故郷の映画館にもやってきた。好奇心に溢れるガキに音楽と映像は五感と想像力を掻き立てる強烈な媒体だった。当時流行ったカンツォーネとマカロニウェスタンはアカショウビンの好奇心の最大の対象と言ってもよかった。小学校の頃に夢中になった蝶採集は墓を作り終わりにした。
 マカロニ・ウェスタンのスターはクリント・イーストウッドとフランコ・ネロ、リーバン・クリフである。さしものクリント・イーストウッドもこのリーバン・クリフなくして少年達の憧れるヒーローにはならなかっただろう。そのリーバン・クリフも亡くなった。名優列伝に彼は欠かせない。
 きのう、クリント・イーストウッド監督の最新作『運び屋』を観た。名優88歳にして融通無碍という境地だろうか。老成が達する姿を垣間見る思いがした。少年の日のヒーローの老いの姿は我が身に照らし学びの対象でもある。

|

« ライブは楽し | トップページ | 神々の黄昏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名優列伝:

« ライブは楽し | トップページ | 神々の黄昏 »