« 検査入院① | トップページ | 加計呂麻島行④ »

2019年2月28日 (木)

検査入院②

 検査というより麻酔なしの手術のようなものだった。若い生真面目そうな、少し女性的でもある若い男の看護師が車椅子を用意してくれ手術室へ。その部屋か他の部屋で胃ガンと膀胱ガンを手術したのだ。しかし今回は肛門周辺だけの局部麻酔。手術室も眺められ、主治医のK医師の声もはっきり聞こえる。肛門に超音波器が挿入される。その痛みと不快感は大腸内視鏡検査以来だ。今回は、それに加えて会陰部から前立腺に針を打ち込み生体を採取する。その数、18本。それは、膀胱ガン手術後の抗がん剤治療で尿道からカテーテルを入れられるより苦しい。死に至る苦行だ。沈み、耐え、かつ忍び、浮かび上がり、漂う。これがアカショウビンの晩年の通奏低音なのだ。
 途中まで数を数えていた。針を打ち込むたびにカチーンと音を発するからだ。最先端治療の病院という触れ込みだが、約40分の処置は何とも原始的。途中、少しはこちらの声も聞いてもらわねば、とK医師に話しかけると苦笑しているようだった。
 お産の形という格好から解放され手術台を降り、車椅子で移動。看護師の世話になり14階の病室まで戻った。

|

« 検査入院① | トップページ | 加計呂麻島行④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検査入院②:

« 検査入院① | トップページ | 加計呂麻島行④ »