« 擬態的 | トップページ | PSA値 »

2019年1月29日 (火)

法の精神

 ナンシーやラクー‐ラバルトがナチズムを考察するなかでハンナ・アーレントの全体主義の考察を踏まえているのは明らか。それはまたハイデガーやヤスパースの哲学の考察、批判をも兼ねている。彼らの教え子、ハンナの著作は読み解かなければ大戦後の世界は語れない。それを踏まえた論考なのは言うまでもない。  『全体主義の起源』という三部作で戦後論壇に鮮烈な思想家、政治哲学・思想家として登場したユダヤ人の論考は西欧キリスト教思想の伝統に痛烈な思考として閃光を放ったことがアイヒマン裁判の論考によって通棒を食らわしたことは周知の通りである。全体主義との対決に後半生を費やした思索、論考はヤスパースやハイデガーの思想を受け継ぎ、批判し新たな地平を開いている。同時に師たちと同じく、その思索、考察、著作は現在の世界まで射程を有している。

 「理解と政治(理解することの難しさ)」(『アーレント政治思想集成2』所収 2002年 みすず書房)が、J・コーン編の論考の邦訳の副題「理解と政治」の副題になっている。現在の我が国の政治情況でハンナの思想は鮮やかな批判として読める。それは法の破壊という憲法破壊として全体主義の微候となって現象しているのではないか?

|

« 擬態的 | トップページ | PSA値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法の精神:

« 擬態的 | トップページ | PSA値 »