« 冥途の旅の一里塚 | トップページ | 第九の真髄 »

2018年12月27日 (木)

今年の「第九」

 日曜日の〝音楽の泉〟はバッハの「クリスマス・オラトリオ」だった。リヒターとミュンヘン・バッハ合唱団、ミュンヘン・バッハ管弦楽団の1965年の録音。この季節になると毎年聴いていたものだ。定番といえば定番の演奏だが繰り返し聴いて厭きない名盤だ。二月、三月、六月の演奏を編集している。ソリストもその頃の選りすぐり。天使をソプラノのグンドラ・ヤノヴィッツ、アルトはクリスタ・ルートヴィヒ、エヴァンゲリストをフリッツ・ヴンダーリッヒ、ヘロデをフランツ・クラスが受け持っている。他の盤も聴いたが、やはりリヒター盤がアカショウビンには好もしい演奏だ。放送は皆川さんが抜粋で解説される。それが改めてこの作品の見事さを明かしてくれる。

 そのような作品に触発されてバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、パルティータも聴き、ベートーヴェンの第九に辿りつく。きょうは、サイモン・ラトルとウィーン・フィルの2010年盤に集中した。バーバラ・ボニー、アンジェラ・デノークのソプラノ、ビルギット・リマートのコントラルト、クルト・ストライトのテノール、トーマス・ハンプソンのバリトンという布陣だ。合唱はバーミンガム市交響楽団合唱団とアーノルト・シェーンベルク合唱団。実に面白く、挑発的な演奏である。モノラルでは聴き取れないピッコロやヴァイオリンの音が新鮮でラトルの解釈が味わい深い。

 続けてフルトヴェングラーの録音を聴いた。1953年5月30日のウィーン・フィルとのライブだ。半世紀以上の時を経てウィーン・フィルのメンバーも大きく入れ替わっている。しかし、ベートーヴェンの第九を演奏し歌う機会は格別の緊張をもたらすのだろう。その演奏と声がこちらを刺激する。フルトヴェングラー盤は亡くなる一年前。耳も遠くなり指示も遅くなるがウィーン・フィルには楽匠の意図は阿吽の呼吸で伝わるのだろう。見事な正に正調ベートーヴェンの演奏が留められている。この勢いで他の盤も聴いてみよう。

 季節がらあちらこちらで第九の演奏会が行われているだろう。友人のN君は明日、サントリー・ホールで秋山和慶指揮のライブを聴きに行くという。さぞや盛り上がることだろう。CDでは小澤征爾さんの新しい録音が発売されている。この時期は夏のバイロイトのワーグナー作品も放送される。アカショウビンも手持ちのCDでワーグナー作品を聴く。2018年もかように過ぎて行く。明日は来年早々、ソウルに赴任する高校時代の同級生K君の壮行会兼忘年会を渋谷でする。それも楽しみだ。他の同窓生との再会もあるので話は尽きない筈だ。

|

« 冥途の旅の一里塚 | トップページ | 第九の真髄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の「第九」:

« 冥途の旅の一里塚 | トップページ | 第九の真髄 »