« 囲碁名人戦 | トップページ | 歌姫考② »

2018年11月 5日 (月)

麻生という大臣

 今朝の東京新聞のミラー欄で読者の記事に驚いた。大臣がカトリックだというのは初めて知った。閣僚の宗教は憲法で定められた信教の自由で問題はない。問題なのは投稿者が呆れているその発言の迂闊さと無知である。アカショウビンが呆れたのは憲法改正にナチスのやり口を真似ればいいではないか、という発言だった。そこで彼は己の歴史に対する無知を晒した。その無知、無能は大臣の資格なしだ。いつまで日本国の恥を世界に晒すのか。こんな政権に未来は託せないのじゃありませんか?日本国民の皆様。

|

« 囲碁名人戦 | トップページ | 歌姫考② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生という大臣:

« 囲碁名人戦 | トップページ | 歌姫考② »