« 声を挙げよ | トップページ | 此の世の苦と楽 »

2018年11月13日 (火)

リヒテルのベートーヴェン

 先日、中古店で買ってきたCDを聴き面白かった。リヒテルがキエフで演奏したライブを集めたなかの11集と12集である。1964年と1965年のシューベルトとベートーヴェンのライブが収録されている。今朝はベートーヴェンを聴き仰天した。シューベルトとベートーヴェンの晩年の31番のソナタが聴きたかったのだがベートーヴェンは18番とされる作品31の第3番と28番の作品101も収録されている。18番は他の演奏では聴いたことのない箇所もある。版の違いかもしれない。いずれバックハウスやケンプの録音と比較してみよう。しかし、それにしてもシューベルトもベートーヴェンもリヒテル流という演奏だ。そこにはリヒテルがスコアを読みこんだシューベルトとベートーヴェンが躍如している。特にベートーヴェンの31番の演奏はやはり傑出した、リヒテルのベートーヴェンと聴ける。それはライブの即興性もあるだろう。晩年のベートーヴェンの境地に演奏者が踏み込んで新たな視界を開いた衝撃とでもいうのだろうか、そのような思いで聴いた。それは一期一会という演奏だろう。ベートーヴェンの作品の世界というものがある。それは音楽という領域で体験し遭遇する鮮烈な経験である。或る深淵を覗く時とでもいえるだろうか。

|

« 声を挙げよ | トップページ | 此の世の苦と楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リヒテルのベートーヴェン:

« 声を挙げよ | トップページ | 此の世の苦と楽 »