« 冬支度 | トップページ | 囲碁名人戦 »

2018年11月 4日 (日)

恩師の個展

 きのう、高校の同級生の車で八王子市で行われているという美術教師だった恩師の個展を訪れた。大阪の同級生からの知らせで。会場に着くと恩師は女性をモデルに創作にあたられていた。50年ぶりの恩師の姿は高校時代の精悍な面影を残しておられる。

 しばらく近作の展示を閲覧した。すると何と、アカショウビンの故郷の港の油絵があるではないか。他に田中一村の同じアングルの作品も。創作が一段落したあと友人と共に自己紹介。作品について訊ねると何と今年訪れたものという。それに驚き、一村のことなど暫し歓談した。プロの美術家として絵画、彫刻の制作を続けておられたことを知った。その作品の多くが何とも明るい図柄が多い。恩師が若い頃からのパワーを持続、継続されておられることを実感した。

 週に一度の授業で恩師は熱く美術について語られた。エル・グレコなどへの強い関心を熱く語っていたことを想い出す。その熱意を持続されていることに敬服した。この半世紀にヨーロッパからヒマラヤまで世界を回られ、土地の景観や人物を作品に仕上げられた。国内もあちらこちら周遊され、ことしは九州、奄美、沖縄を訪れられたのだ。まことに、その精力や凄し。美術に賭ける作家の情熱と熱意に感嘆する。会場では友人とカメラにおさまり半世紀の経過と現在を画像に留めた。その幸いやありがたし。他の同級生たちとの再会も約した。

 名残り惜しく会場をあとに近くの美術館で開催されているロシア美術展も訪れた。そこにもロシア絵画の名作が数多くあり、何とトルストイ晩年の肖像画の大作も。アカショウビンを含め多くの日本人がロシアの小説には若い頃に馴染んだ。その歴史の経過の一端が会場に伝えられている。閉館までの短い時間に作品をじっくり味わうことはできなかった。強い印象を受けた作品に集中し会場を後にした。少し心残りだったが何とも充実した一日を過ごせた。団地に戻り他の友人たちにも電話した。何とも半世紀の時が一日に集約した如くだった。その幸いを言祝ぐ。

|

« 冬支度 | トップページ | 囲碁名人戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恩師の個展:

« 冬支度 | トップページ | 囲碁名人戦 »