« 冥土の道行き | トップページ | 声を挙げよ »

2018年11月 9日 (金)

映画寸評

 昨年、北海道でロケーションし撮影され年初に公開された『北の桜守』(滝田洋二郎監督)をレンタルDVDで観た。主演の吉永小百合さん120本目の記念作品で今や日本映画界の重鎮になりつつある滝田監督の作品とあっては心して観た。吉永小百合、北の三部作の完結作である。メイキングでは滝田監督の力の入れようがよくわかる。海難事故の場面は主演、子役と共に夜の海でスタッフに大声で叫ぶ様子も見られ、実に映画製作は監督、スタッフ、出演者の肉体労働なのだな、と痛感した。

 さて仕上がりはどうか。佐藤浩一、堺 雅人はじめ滝田組が主演を支え、出演者たちの監督、主演への敬意が溢れているのはよくわかる。しかし、そのぶん主演の存在が薄い。それはアカショウビンの吉永小百合という女優への過剰な期待によるものであろう。その姿の現在が観られたのは幸い。しかし生涯の傑作という作品が観たいのがファンの真情なのだ。ないものねだりかもしれぬ。しかしそれを新作に期待する、それがファン心理というものだ。既に生涯の傑作は撮られているかもしれない。『キューポラのある街』や『夢千代日記』 がそうかもしれぬ。しかし同時代を生きる幸いは新たな傑作を求める。監督も出演たちも渾身の努力を厭わない。それは作品を熟視すればわかる。しかしアカショウビンのようなへそ曲がりは未知の傑作が観たいのだ。

 それはともかく、滝田作品を観直すために、かつて感銘した『壬生義士伝』(2003年)を借りて観直した。主演は中井貴一。見事な主役を演じている。盛岡弁を徹底して習熟した成果が伝わる。その声と演技の醸しだす力が観る者を共振させるのだ。中井貴一は、この作品で一皮も二皮も剝けて俳優として脱皮したように思われる。俳優は監督、俳優仲間と切磋琢磨し成長する。高倉 健しかり、各名優たちしかり。吉永小百合もかくあるべし。

|

« 冥土の道行き | トップページ | 声を挙げよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画寸評:

« 冥土の道行き | トップページ | 声を挙げよ »