« 石牟礼道子の作品 | トップページ | 定期検査 »

2018年8月31日 (金)

T君の個展

 先日、高校の同級生のT君が八月の一ヶ月間、地元で開催した絵の個展に他の同級生らと訪れた。個展といっても美術館での大掛かりなものではない。小さなコミュニティカフェでのものだ。N君とは何度か訪れているが今回はK君も参加すると言うので彼の車で会場まで同乗させてもらった。
 T君には今回の個展の経緯を聞いていた。彼もアカショウビンも二年前の同じ頃に膀胱ガンで入院、手術した。治療方法は異なるがガンという病の世間的な理解は死と関わり余命の診断も症状しだいではできるという事である。T君本人も家族もその理解はされている筈だ。しかし、手術は成功しT君もアカショウビンも生き延びた。アカショウビンはといえば、その後、下咽頭ガンにも罹り重なる入院、手術をした。その前には胃ガンの手術もしている。正に身体はガンの棲み家の如しである。T君はといえば、その数年前に御長男の病で肝臓の移植手術をしている。他のドナーを待っていると御長男は二十歳まで生きられないかもしれないという診断でT君は自らの肝臓移植を決意したのだ。難しい手術だったが幸い成功し親子は生き長らえたのである。正に人の人生は百人百様。娑婆の生活は苦しみばかり多かりき、なのかもしれない。
 意外だったのは個展の開催前にT君の膀胱ガンが再発したと言う話だった。定期検査でそれが確認された。来月中旬に今度は膀胱の全摘手術をすると言う 。しかし、そう話すT君はアカショウビンと違い実に前向きである。ガンに罹患しているのに会場を抜け出し近くの飲み屋でN君と三人で一杯飲んだときは煙草もアルコールもプカプカ、ガブガブ。奥方の忠告もあるだろうに意に介さない。アカショウビンも同じようなものだから苦笑いするだけだ。
 この数年、T君が描き続けているのは人や犬、、猫の鉛筆スケッチ画である。インターネットにも出しファンが増えていると言う。注文で買い取る客もいる。それがT君の生きる励みになっているのだろう。久しぶりに会ってそれを実感した。会場には御長男も来ていた。先々月、良き伴侶を得て結婚式を挙げたばかり。新妻も後から会場に駆けつけた。チャーミングな新妻である。アカショウビンも二人の同級生と共に祝福した。御長男はこの数年学んでいるギター演奏も披露。父と新妻に感謝した。親子と確執もあろうが、それを乗り越えた関係はいいものである。アカショウビンは家族を作らなかったが、人の人生と背負うものは人それぞれ。それに良し悪しはない。この世でそれを背負い最期に降ろせれば幸い。降ろせずに、それをあの世に持ち越すこともあろう。

 会場まで車に同乗させてもらったK君は、会場から太平洋岸を福島を経由し北上し青森まで行くという。若い頃に赴任した三沢へセンチメンタル・ジャニーだと苦笑いしていたが、某放送局の記者だった彼は思い出多い任地での記憶をたぐりよせたいのだろう。その旅の話も近いうちに聞けることを楽しみにする。

|

« 石牟礼道子の作品 | トップページ | 定期検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/67115090

この記事へのトラックバック一覧です: T君の個展:

« 石牟礼道子の作品 | トップページ | 定期検査 »