« アトム化とは何か | トップページ | 労働の日々 »

2018年5月28日 (月)

過去と未来の間

 ハンナ・アーレントの先の大戦の終結後の思索を検証するのに『過去と未来の間』(みすず書房 1994年)は難解だが実にスリリングで面白い。それはナチスとソ連の全体主義を分析した主著ともいえる『全体主義の起源』の前後の思索として読む者に熟考を強いるからだ。生前に草稿として発刊されなかった『カール・マルクスと西欧政治思想の伝統』にはハンナのマルクス研究の過程と成果が読み取れる。ハンナは、マルクスの思想を次の三点に要約する。①労働が人を創った②暴力は歴史の産婆である③哲学を実現することなしには哲学を止揚することはできない。このマルクス理解を基にハンナは戦後の主張を論者たちと切り結ぶ。その経過がスリリングなのだ。ハンナは『過去と未来の間』の序でフランスのレジスタンスに加わった詩人、ルネ・シャールのアフォリズムを引く。「われわれの遺産は遺言一つなく残された』。ハンナは、これは「ヨーロッパの作家や文人の一世代全体にとってレジスタンスの四年間が意味を凝縮しその核心を記したアフォリズム」と記している。フランスの戦中の陥落は予期せぬ出来事であり、「この国の政治舞台は陥落のために日増しに空白となり、傀儡のような道化であるごろつきや愚者の手に委ねられていた」とも。この〝序〟「過去と未来の間の裂け目〟で構成される8つの章立てで論述される著作を読み進めるなかで、各章のタイトルを列挙しておこう。

 第1章 伝統と近代 

 第2章 歴史の概念―古代と近代

 第3章 権威とは何か

 第4章 自由とは何か

 第5章 教育の危機

 第6章 文化の危機―その社会的・政治的意義

 第7章 真理と政治

 第8章 宇宙空間の征服と人間の身の丈

 私たちは正しく過去と未来の間の〝裂け目〟に現存している。その視点は無限の過去と無限の未来の間に私たちは生存しているということだ。そこで歴史的に生きる人間存在に対する認識が必要である。その詳細をハンナはギリシア、ローマに遡り西欧政治思想の伝統を解体すべく思索する。その思索を辿ることがスリリングなのである。

|

« アトム化とは何か | トップページ | 労働の日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過去と未来の間:

« アトム化とは何か | トップページ | 労働の日々 »