« 石牟礼道子追悼 | トップページ

2018年2月14日 (水)

突破(Durchbruch)

  突破(Durchbruch)とは、テオドール・W・アドルノがマーラーの作品を解くキーワードである。『マーラー 音楽観想学』(法政大学出版 龍村あや子訳)で、龍村氏は次のように説明している。

  突破(Durchbruch)は、「世の成り行き Weltlauf」「一時止揚  Suspension」とともに、アドルノがマーラーの形式を分析する上での基本概念として提示するものである。―マーラー論において<突破>は<世の成り行き>と対置され、この両者の対比は時間性の非連続として現れる。すなわち、<世の成り行き>とはこの場合単なる「世間」の意味ではなく、平穏でつつがなく流れて行く世間的な、あるいは表面上論理的な、伝来の芸術語法で了解可能な時間の動きを意味する。これに対し、その時間を突発的に多種多様に打ち壊し、目覚めさせようとする瞬間がすなわち<突破>として捉えられるのである。さらに、「突破」によってそれまでの内在論理が一時的に停止され、一定の時間、別世界が繰り広げられることが、いわゆる<一時止揚>にほかならない。

  これは何とも魅力的な概念だ。このハイデッガーの痛烈な批判者の音楽哲学はハイデッガーの講義録を読むスリリングと面白さを共有して読める。この分析をマーラーの手持ちのCDを聴きながら読んでいきたい。読み差しのブルーノ・ワルターの回想録、『主題と変奏』(1960年10月 白水社   2001年1月10日 新装復刊 内垣啓一・渡辺 健=訳)と並行しながら。併せて既読の『マーラー』(吉田秀和 河出文庫 2011年3月10日 河出書房新社)も読みながら。

|

« 石牟礼道子追悼 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/66393297

この記事へのトラックバック一覧です: 突破(Durchbruch):

« 石牟礼道子追悼 | トップページ