« ことし嬉しき事ども | トップページ | 慌ただしい新年 »

2017年12月27日 (水)

音楽の視覚化と肉体表現

  先日、モダン・バレエの振付師モーリス・ベジャールが制作した作品を日本で2015年に公演したドキュメンタリー映画『ダンシング・ベートーヴェン』を観た。先週から公開されているのでクラシック音楽好きだけでなく多くの人に薦めたい。それはベートーヴェンが晩年に到達した境地を音と声、肉体表現で見聞き体験する貴重な機会と思うからだ。スイスのローザンヌと東京で欧州や世界の若者たちと日本の若いダンサー達がベジャールが表現した作品に全身全霊で取り組む姿を視るのは実に新鮮な経験だった。

  ベジャールの作品ではかつてラベルの『ボレロ』を映画化した『愛と哀しみのボレロ』がある。これも実に面白かった。タイトルを含め当時のアカショウビンには映画としては少し甘いと思ったが再見すればベジャールという優れた振付師の意図が確認できると思われる。

  毎年、第九の作品を異なる録音で聴くのが習慣となっているアカショウビンには、この作品は実に新たな力が湧き起こる経験だった。残念なのは音楽が抜粋だったのと全公演が通しでなかったことだ。観る前はそれを期待していたからだ。しかも音楽はズビン・メータがイスラエル・フィルを指揮している。メータへのインタビュ―も興味深かった。メータも同意しているように、それはベートーヴェンの音楽の視覚化であることは十分に感じ取れたからだ。以前に観たヴィム・ベンダース監督が撮ったピナ・バウシュの『pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(2011年)を想い出す。そこではストラヴィンスキーの『春の祭典』が晩年のピナによって実に生き生きと表現されていた。

  20世紀になり音楽はディアギレフのロシアバレエ団、ニジンスキー、ストラヴィンスキーによって新たな展開をした。それは古典バレエがモダン(近代)として新たに生命を吹き込まれたという事だ。その最新の映像を看取したのが同作品と言える。そこから近代(モダン)とはどういう歴史区分か?という問いも生じるが、それはまた別の主題として考察しよう。

|

« ことし嬉しき事ども | トップページ | 慌ただしい新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/66203875

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の視覚化と肉体表現:

« ことし嬉しき事ども | トップページ | 慌ただしい新年 »