« 国家という差別システム | トップページ | 生きるための音楽 »

2017年11月28日 (火)

Sさんへの届かぬ手紙

   Sさん、あなたが突然あの世へ逝ったのは一昨年の6月末でした。私はその時、胃がんの手術前の検査入院で北関東のK市立病院に入院した当日でした。知人から電話で連絡が入ったときに私は自殺かと思いました。理由はともかく何故かそう思ったのです。酔うと話の脈絡がなくなり突然怒りだすこともしょっちゅうでした。なぜあなたのことを思い出したか思い出せないのですが、あなたが突然この世からいなくなったことはお互い心残りであるのは確かです。あなたと最期まで付き合えたのはあなたと私が同じ街で短い少年時代を過ごしたことがもっとも大きな理由でした。私が小学生のころ、あなたは小学校途中でその街を去り鹿児島へ移住されていたのでしょう。私たちはお互いあの南島の小さな街で多感な少年時代を過ごしました。そういう過去をもつ者が何十年か後に首都の中心部で仕事の繋がりで出会う。これも此の世の不可思議な縁というものでしょう。あなたが学んだ小学校は街の中心部で私は海辺の近い街はずれ。小さな街でもそれは全く異なった時空間でした。あなたのお父さんは新聞記者から市長もされたという街の名士。私の父は小さな印刷屋の経営者。生活環境は大きく異なっていたことでしょう。そういえば、私が還暦同窓会で何十年ぶりかの帰省をすると話したら是非〝立神〟と〝山羊島〟の写真を撮ってきてほしい、とのことでした。しかし、それを失念し私は同級生たちとの交流に夢中で、約束を果たせなかったことが悔やまれます。

   あなたと飲んで酔った勢いでいつも喧嘩になったのは思想的な党派性でした。あなたは「俺は右翼だよ」が口癖でした。私は「そんなバカ右翼では本当の右翼が呆れる。そこは徹底して反論する」と私は対抗しました。そこであなたは間を空け、私は席を蹴り、立ち去ったことも屡々でしたね。憂国忌もすぎました。あなたと三島の話はそれほど突っ込んで話したことはありませんでした。しかし昨今の政治状況、思想状況はあなた以上に憤るしかないものです。Sさん、あの世の棲み心地は如何ですか?あなたなら死んで極楽へは行ってないでしょう、煉獄か地獄かどちらかです。私も同じだと思います。私の娑婆でのときも長くはありません。いずれそちらに行くときは再会することがあるかもしれません。その時は懐かしい故郷の話で盛り上がりましょう。島の焼酎を飲み空かし、島唄を謡い、朝まで踊り明かしましょう。

|

« 国家という差別システム | トップページ | 生きるための音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/66098735

この記事へのトラックバック一覧です: Sさんへの届かぬ手紙:

« 国家という差別システム | トップページ | 生きるための音楽 »