« 怒りと憤りの場 | トップページ | 憂き世を浮き世に »

2017年10月11日 (水)

М・スコセッシの『沈黙』を観る

   昨年公開されたマーティン・スコセッシ監督の『沈黙』をレンタルDVDで観た。翻訳された遠藤周作の原作を28年前に読んで映像化を意図してきたという。28年前というと1988年、『最後の誘惑』を撮った頃だ。この作品はギリシアの哲学者・小説家ニコス・カザンザキスの原作『キリスト最後の小さなこころみ』を映画化したものという。おそらく、その作品を撮るうえで参考文献として読んだのだろう。それが実現されて監督のファンはじめ今や世界的巨匠となり多くの人々に17世紀初頭の日本と諸外国の関わりが宗教的なレベルで伝えられたことは幸いだ。原作はいち早く篠田正浩監督が映画化し当時アカショウビンも観た。しかしレンタルショップにはなかった。当時読んだ原作も度重なる引っ越しで手元にはない。いずれ新たに購入し感想を書きたい。

  それはともかく、米国のイタリア系移民の末裔が遠藤の原作に刺激されたというのは興味深いことである。当時の日本の家屋、日本人、ロケーションには多少の違和感も感じたが、それは仕方のないことと思える。しかし扱うテーマは重く、それは現在の信仰者たちにも痛烈な思惟を促す内容であることは言うまでもない。背教、棄教という信徒とイエズス会司祭たちに強いられた事実をカソリック信者の原作者は小説として真摯に作品化した。映画も多くは原作の根幹を丁寧に読み込み仕上げたものと思われた。アカショウビンはこの作品のなかで急所と思われたシーンを取り上げて感想を述べたい。それは棄教した(転んだ)神父フェレーラとその弟子のロドリゴとの再会と対面の場面である。

  フェレイラは棄教後に妻も子もあてがわれ、寺でロドリゴと面会する。フェレイラは〝穴吊り〟という身体を藁で包まれ地面に掘った穴に逆さ吊りにされる拷問に耐えられず信仰を棄て〝転んだ〟。それをロドリゴに説明し、かつての弟子にも棄教を促す。弟子はそれを詰るが師はキリスト教が間違った教えでそれを書物にもしている、と話す。『顕偽録』という名の本を「欺瞞の開示、または暴露」と説明し「より派手な表現だ」と 自嘲する。それを付き添いの浅野忠信演ずる武士が「真理だ」と口を挟むと、ロドリゴはすかさず「真理を毒のように扱う」と返し、「むごい、むごすぎる」と吐き捨て「人の魂を歪めるなど拷問より残酷だ」と述べる。武士は「彼はフェレイラではなく、今や沢野忠庵であり、〝平安を見い出した者〟彼に導いてもらうがいい、仁慈の道を、我を棄てることだ、人の心に干渉してはならん、仏の道は人に尽くすこと、キリストもそうだろ、どちらも変わりはない、一方に引き入れなくともよいのだ、似ているのだからな」と言う。フェレイラが踏み絵を踏み〝転ぶ〟場面は、この作品の白眉ともいえる。リーアム・ニーソン演じるフェレイラの演技は見事だ。奉行を演じたイッセー尾形の描き方も監督の演出で司祭達との対比が実に見事な効果を醸し出している。キャスティングにあたって監督は彼が昭和天皇を演じたロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督の「太陽」も見ている筈だ。

   フェレイラは日本に渡り15年間布教し、「我々の宗教はこの国に根付かない、この国は沼地なのだ」と話す。「苗を植えても育たない。根が腐る」と。これにロドリゴは反論するがフェレイラは「日本人が信じたのは歪んだ福音だ。我々の神など信じてはいない」と断じる。ザビエルを持ち出し反論するロドリゴにフェレイラは「ザビエルは〝神の御子〟を教えるため、神をどう呼ぶのかと尋ねられ、〝大日〟だと答えた」と。神の独り子は〝太陽〟で、「聖書でイエスは三日目に甦る。だが、日本では〝神の太陽〟は日々昇る」と笑う。「彼らは自然の内にしか神を見いだせない。人間を越えるものはないのだ、キリスト教の神の概念を持てない」と述べる。  フェレイラは、そこで日本に膾炙している「山河を改む」という言葉を引き「山河の形は変われども人の本性は変わらぬ、とても賢い考えだ、我々は人の本性を日本で見いだしたのだよ、たぶんそれが神を見つけるということだ」とロドリゴに諭す。「キリストがここにいたらキリストは彼らを救うために棄教したはずだ、お前の愛を見せろ、主が愛する人々を救え、教会の裁きよりもっと大切なことがある。今まで誰もしなかった最も辛い愛の行為をするのだ」とロドリゴに棄教を促す。そこにキリストの声が聞こえる。踏み絵を踏むロドリゴに「それでよい、よいのだ、お前の痛みは知っている、私は人々の痛みを分かつため この世に生まれ十字架を背負ったのだ、お前の命は私と共にある、踏みなさい」と。

  それは時を超えて宗教教団の派閥を超えて問われる難問だ。長崎はじめ日本のキリシタン達はあの時代に多くが殉教者として時の権力者に殺された。その歴史事実は世界で現在も行われている。その現在性に目を向けなければならない。それは監督のメッセージでもあるだろう。 先日読んだ、『沖縄と国家』のなかで辺見 庸が目取真俊との対談の最後にアーサー・ケストラーを引いて書いている。それは、映画とは関係ないが底で通じる論説だ。曰く、「殉教者の血は大地をゆたかに肥やした、ということがいわれてきた。しかし、じつのところは、殉教者の血は、下水道にごぼごぼと単調な音をたてて流れくだっていたのである。人間が回想できるかぎりの昔から、世界のどの部分をみわたしてみてもごぼごぼの音が低まり、あるいはやみそうな希望を抱かせてくれる証拠は、ほとんどなにもない」(『機械の中の幽霊』)。それは1967年のことである。「人民と政府は、歴史からなにものも学ばず、あるいはそこからみちびきだされる原理にのっとって行動することもない、というのである」(同書p182~p183)と嘆く。それはヤマトゥと日本の関係、世界の現状と歴史に鑑みて発する嘆息であるが、宗教と世界についても首肯する事実である。

|

« 怒りと憤りの場 | トップページ | 憂き世を浮き世に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65901888

この記事へのトラックバック一覧です: М・スコセッシの『沈黙』を観る:

« 怒りと憤りの場 | トップページ | 憂き世を浮き世に »