« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月29日 (日)

悟達と諦観

  小澤征爾氏(以下、敬称は略させて頂く)の最新CDがベートーヴェンの交響曲一番とピアノ協奏曲一番という組み合わせに何か小澤の意図の如きものを感じた。この老いの晩年を生きている西洋音楽と格闘し一生を終えようとしている指揮者の思惑を推量したくなったのだ。それは西洋古典音楽を世界的な普遍性として作品化した稀有の音楽家の若き頃の作品を新たに録音するということは老いの諦観ではなく青春のベートーヴェンの息吹を自らの内に湧き起こし活力を得ようとする意図はないだろうかと思うのだ。ソリストはマルタ・アルゲリッチである。昨年だったか、彼女をソリストに迎えてベートーヴェンの他の作品に比べあまり演奏されることの少ない「合唱幻想曲」という作品を演奏したテレビ番組を録画でみたことを思い出す。CD録音で聴くのと比べ映像は何かまた別の感興をもたらした。そこでも小澤の意図の如きものを看取した。このピアノ独奏の長い、第九交響曲の原型の如き作品を小澤がピアニストとの共演に選んだことも今回の録音の契機となっているように思われた。

  そこで未聴のCDを探し、オットー・クレンペラーとダニエル・バレンボイムの録音を購入した。これは若きピアニストが老巨匠と共演した、当時は評判になったがアカショウビンも若く、バレンボイムを聴くならバックハウスや他の名ピアニストの録音を優先して聴くのに夢中でバレンボイムは今日まで未聴になっていたのだった。ところが聴くと実に新鮮。青春の息吹ともいえるリリシズムと巨匠の雄大なサポートを得て若きピアニストが互角に渡り合っているという風情だ。これも小澤の意図と共振しアカショウビンを啓発、刺激した。その恩恵を小澤に感謝したく一文を書かせて頂くのだ。クレンペラーの録音は最初に聴いたのが高校生のころだ。モーツァルトの主要交響曲を演奏したレコード二枚組の録音に接したのは幸いだった。それ以降、クレンペラーの録音は何枚も聴いた。特に巨匠晩年のモーツァルトやバッハの録音は風格というより崇高さを湛えたものだった。それは一生繰り返し聴くに耐える演奏といってよい。巨匠が晩年に到達した境地ともいえよう。ナチスのユダヤ人迫害を逃れ米国に渡ったクレンペラーは殆どどさ周りの芸人のように各地を転々とする。先日聴いた1937年のロスアンゼルスのオーケストラとのベートーヴェンの第五交響曲は晩年の録音とは別人のような激しい演奏に聴衆は何と途中で大きな拍手で演奏を讃えていたのである。聴けば巨匠の一生を 俯瞰する思いがする。若き頃の演奏と録音を通し独りの指揮者として一生を終えた人の人生は興味深い。それはかつて評伝も読んだが文字で辿るより、やはりその演奏がもっとも多くを語っているように思うのだ。それは同じユダヤ人指揮者として米国で指揮し続けたブルーノ・ワルターにも言える。1937年とは辺見 庸の近作によれば日本とドイツが世界大戦に駆り立てアウシュビッツや南京大虐殺の蛮行に及んだ時だ。辺見が告発する中国戦線での日本軍兵士が行った凄惨な所業は今の日本が記憶の彼方から現在と照らし合わせ学ばなければならぬ隠蔽してはならぬ歴史である。

  先日、たまたま図書館でハンナ・アーレントの本を借りてきた。アカショウビンはハイデッガーの読者だがハンナの主著は殆ど読んでいない。しかしハイデッガーを読む中でハンナとハイデッガーが教え子と教師の間で恋人関係にあったことも知った。近年では二人の恋文も刊行されている。ユダヤ人のハンナがクレンペラーやワルターと同じ亡命した米国で名を挙げたことも何か象徴的だがハンナがこの世界的哲学者の教え子だったことも米国の論壇で大きな関心を惹いたことは想像に難くない。しかし師に学んだ学殖は故国を追われた時代を全体主義として師とは別のフィールドで新たな展開を見せたことは師と同じ世界的レベルで毀誉褒貶を受けながら世界中に多くの読者を得た。先般は映画にもなりわが国でも多くの観客を得た。アカショウビンもその感想は書いた。借りてきて読んでいるのは『カール・マルクスと西欧政治思想の伝統』(2002年 大月書店 佐藤和夫編)という表題で1951年に主著の『全体主義の起源』を刊行して論壇に登場したあとマルクス研究に没頭した1953年の手稿からの翻訳だ。それを読めば師のハイデッガーが戦後に刊行した『貧しさについて』というマルクス観と照らし合わせて弟子が独自に大きく展開させようとした意気込みが伝わる面白さだ。アーレント研究会という存在も初めて知った。内容は第一草稿と第二草稿で構成されている。翻訳は佐藤氏を含めて五人が丁寧に訳しているのが読み取られる。これは新たなマルクス観として熟読されるべき論文と確信する。そこには公私ともにハイデッガー哲学に習熟する弟子が大いなる意志で取り組んだ跡が散りばめられている。ヨーロッパのみならず我が国を含めて世界規模の思想的影響を与えたマルクスの思想はかつて小林秀雄が〝悟達〟という言葉で表現している。それは小林流のレトリックだが多くのマルクス主義者の批判の的ともなった。ハンナの思索もその世界思潮の中での一つとして新たな光芒を放つ。マルクスの評価についてはアカショウビンも若い頃から吉本隆明の著作を通じて関心を持続している。本作を皮切りにハンナの著作にもあたっていきたい。

  その中でクレンペラーの録音は日頃のアルバイト労働に疲弊し萎える日常に新たな活力を齎す。癌という病と同居するアカショウビンは時に諦観という境地にもたゆたう。小澤の録音と近年の心境は諦観とは異なる若さを取り戻す気迫が満ちていることだろう。アカショウビンも残り少ない余生は経済苦のなかで食いつなぎ、かつ思索にも時間を作らねばならない。ハンナの著作も小林の〝悟達〟とは異なる境域でマルクスと〝対決〟する気迫が行間に読み取られる。その渦中でクレンペラーの録音に共振しながらその感想も折々書いていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

血縁と此の世の縁

 先週の土曜日、法事で静岡まで出かけた。新幹線で静岡で降りる予定が新富士に、との従兄弟のH兄の申し訳なさそうな携帯電話の声。新富士駅は実に久しぶり。以前の会社の仕事で駅近くの会社を年に一、二度訪れていた。しかし業界の低迷で、その会社も付き合いが切れてしまった。社長も脳梗塞で半身不随で健在かどうか不明。駅にはH兄と親族たちが車で迎えに来てくれた。久しぶりに会う人達は様変わりに驚く。従兄弟のYさんに会うのは父の死の時以来。七十余歳で老いは顔に現れている。しかし、血族の繋がりの縁は記憶を忽然と甦らせる。世話になった父の死を悄然と悼んでいた様子が想い起こされた。それから二十数年が過ぎている。そして再会するのも此の世の血縁のお陰である。故郷の奄美から駆けつけた従姉妹夫婦とも久しぶりに会えた。その幸に感謝しなければならぬ。一泊した御殿場の施設は快適な保養ランドだった。至れり尽くせりの食事も味わった。私はと言えば、相変わらずの飲み過ぎで翌日に送って頂いた車の中で気分が悪くなり、途中で休憩させてもらい迷惑をかけた。それでも何とか帰宅できたのは幸い。此の世の縁は続いている。やり残したことは幾つかある。出来るだけの事はやり尽くしたい。
 きょうはこれから手術前の検査で築地の病院へ。検査の内容は同病の人達はじめ、後の世の医療のためにも書き残しておく。
 検査は超音波で両脚の静脈に血栓がないか調べるというマスクで表情は読みとれられないが中高年と思しき医師の説明。脚の付け根に温かいゼリーを塗り検査機器をあて数分で終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

再手術に備えて

 本日は昨年手術した病院で先日の内視鏡検査の結果を聞きに。朝8時の予約。6時過ぎに団地を出てバス停へ。きのうも雨、今朝も霧雨だ。いつ青空が見えるやら。先日の内視鏡のとき主治医は照射と口にしていたから放射線治療も考慮したのだろう。しかし本日の説明では外科手術。腕には自信あるのはこれまでの付き合いでわかっている。これもひとつの縁である。任せることにした。というわけで説明のあとは手術に備えて諸検査。採血では五本20ccとるというのでめまいがした。ただでさえ過度の貧血というのに。ともあれ心電図、呼吸検査、歯の検査、レントゲンまで撮られた。去年の手術前も同様だったのだろうがまったく忘れている。入院、手術は約二ヶ月先。それまでアルバイトで手術費用と生活費の日銭も稼がねばならない。いつまで続くぬかるみぞの心境だが、粛々と準備を進めねばならない。あれこれ書いておかねばならないことは積み重なるばかり。先日は遠藤周作の『沈黙』を購入した。M・スコセッシ監督作品の感想も更に原作と照らし合わせ書き加える事も出てくるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

日々の労働

  きのうから3日間の契約で町田から川口の洋菓子工場へ。下層労働の現場はさまざまだ。先週は巨大な流通センターで囚人のように働いた。出勤退出の持ち物検査、作業場でのトイレも制限され監視付きでは監獄と言ってもよかろう。きのうからの洋菓子工場は、かつて訪れた中国の食品工場と同じ。それを今度は逆の立場で経験する。作業はこれまでの現場からすればきつくはない。しかし交通費で収入の目減りは深刻だ。しかし、正しく食うために黙々と働くのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

憂き世を浮き世に

 本日は午前9時40分に膀胱がんの抗がん剤注入治療で都心の病院へ。途中の満員電車には閉口するが午後は友人と会い映画のチケットを頂けることもありあの厭な治療の後の楽しみもあり萎える気分を励ました。
 受付を済ませて先ず超音波検査。清潔だが無機質で無愛想な若い女子事務員の素っ気ない言動には少し腹をたてながらも待合室で待機。前回は7月19日。右肩の痛みで整形外科にもかかったのだった。
 診察は中年女性と若い男。女は口調がぞんざい。男は丁寧だ。器具を操作するのは若い男。女はモニターを見ている。すると小水が少ないので画像が詳しく見られない、水を飲んでおしっこが出そうになるくらいにして改めて来いとの指示。前回と同じである。前回は受付の事務員の指示ミスで先に採尿し水をがぶがぶ飲んで40分後の再検査となり腹をたてたのだった。10時から抗がん剤注入が遅れてしまう。
 この一画には超音波室7室、他に脳波室、神経機能室、呼吸機能室、負荷心電図室、心電図室が2室ある。きょうは少し混んでいると受付の女子事務員。壁には帆掛け船の写真が四点展示されている。霞ヶ浦の昔のものと思われる。以前仕事で霞ヶ浦は年に二、三度通っていた。その頃でも帆掛け船は既になかった。かつての霞ヶ浦の風物詩だったのだ。
 待合室から受付の若い女が見える。一日座って患者を案内する単調な仕事だろうがアカショウビンが生活費稼ぎに出向く作業に比べればはるかに楽な仕事だ。しかし、それはそれ、彼女にも不満はあるのだろう。人の詮索より自分の事を心配しなさい、という声も。さて、500mlのスポーツドリンクも飲み終えた。おしっこも溜まっただろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

М・スコセッシの『沈黙』を観る

   昨年公開されたマーティン・スコセッシ監督の『沈黙』をレンタルDVDで観た。翻訳された遠藤周作の原作を28年前に読んで映像化を意図してきたという。28年前というと1988年、『最後の誘惑』を撮った頃だ。この作品はギリシアの哲学者・小説家ニコス・カザンザキスの原作『キリスト最後の小さなこころみ』を映画化したものという。おそらく、その作品を撮るうえで参考文献として読んだのだろう。それが実現されて監督のファンはじめ今や世界的巨匠となり多くの人々に17世紀初頭の日本と諸外国の関わりが宗教的なレベルで伝えられたことは幸いだ。原作はいち早く篠田正浩監督が映画化し当時アカショウビンも観た。しかしレンタルショップにはなかった。当時読んだ原作も度重なる引っ越しで手元にはない。いずれ新たに購入し感想を書きたい。

  それはともかく、米国のイタリア系移民の末裔が遠藤の原作に刺激されたというのは興味深いことである。当時の日本の家屋、日本人、ロケーションには多少の違和感も感じたが、それは仕方のないことと思える。しかし扱うテーマは重く、それは現在の信仰者たちにも痛烈な思惟を促す内容であることは言うまでもない。背教、棄教という信徒とイエズス会司祭たちに強いられた事実をカソリック信者の原作者は小説として真摯に作品化した。映画も多くは原作の根幹を丁寧に読み込み仕上げたものと思われた。アカショウビンはこの作品のなかで急所と思われたシーンを取り上げて感想を述べたい。それは棄教した(転んだ)神父フェレーラとその弟子のロドリゴとの再会と対面の場面である。

  フェレイラは棄教後に妻も子もあてがわれ、寺でロドリゴと面会する。フェレイラは〝穴吊り〟という身体を藁で包まれ地面に掘った穴に逆さ吊りにされる拷問に耐えられず信仰を棄て〝転んだ〟。それをロドリゴに説明し、かつての弟子にも棄教を促す。弟子はそれを詰るが師はキリスト教が間違った教えでそれを書物にもしている、と話す。『顕偽録』という名の本を「欺瞞の開示、または暴露」と説明し「より派手な表現だ」と 自嘲する。それを付き添いの浅野忠信演ずる武士が「真理だ」と口を挟むと、ロドリゴはすかさず「真理を毒のように扱う」と返し、「むごい、むごすぎる」と吐き捨て「人の魂を歪めるなど拷問より残酷だ」と述べる。武士は「彼はフェレイラではなく、今や沢野忠庵であり、〝平安を見い出した者〟彼に導いてもらうがいい、仁慈の道を、我を棄てることだ、人の心に干渉してはならん、仏の道は人に尽くすこと、キリストもそうだろ、どちらも変わりはない、一方に引き入れなくともよいのだ、似ているのだからな」と言う。フェレイラが踏み絵を踏み〝転ぶ〟場面は、この作品の白眉ともいえる。リーアム・ニーソン演じるフェレイラの演技は見事だ。奉行を演じたイッセー尾形の描き方も監督の演出で司祭達との対比が実に見事な効果を醸し出している。キャスティングにあたって監督は彼が昭和天皇を演じたロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督の「太陽」も見ている筈だ。

   フェレイラは日本に渡り15年間布教し、「我々の宗教はこの国に根付かない、この国は沼地なのだ」と話す。「苗を植えても育たない。根が腐る」と。これにロドリゴは反論するがフェレイラは「日本人が信じたのは歪んだ福音だ。我々の神など信じてはいない」と断じる。ザビエルを持ち出し反論するロドリゴにフェレイラは「ザビエルは〝神の御子〟を教えるため、神をどう呼ぶのかと尋ねられ、〝大日〟だと答えた」と。神の独り子は〝太陽〟で、「聖書でイエスは三日目に甦る。だが、日本では〝神の太陽〟は日々昇る」と笑う。「彼らは自然の内にしか神を見いだせない。人間を越えるものはないのだ、キリスト教の神の概念を持てない」と述べる。  フェレイラは、そこで日本に膾炙している「山河を改む」という言葉を引き「山河の形は変われども人の本性は変わらぬ、とても賢い考えだ、我々は人の本性を日本で見いだしたのだよ、たぶんそれが神を見つけるということだ」とロドリゴに諭す。「キリストがここにいたらキリストは彼らを救うために棄教したはずだ、お前の愛を見せろ、主が愛する人々を救え、教会の裁きよりもっと大切なことがある。今まで誰もしなかった最も辛い愛の行為をするのだ」とロドリゴに棄教を促す。そこにキリストの声が聞こえる。踏み絵を踏むロドリゴに「それでよい、よいのだ、お前の痛みは知っている、私は人々の痛みを分かつため この世に生まれ十字架を背負ったのだ、お前の命は私と共にある、踏みなさい」と。

  それは時を超えて宗教教団の宗派を超えて問われる難問だ。長崎はじめ日本のキリシタン達はあの時代に多くが殉教者として時の権力者に殺された。その歴史事実は世界で現在も行われている。その現在性に目を向けなければならない。それは監督のメッセージでもあるだろう。 先日読んだ、『沖縄と国家』のなかで辺見 庸が目取真俊との対談の最後にアーサー・ケストラーを引いて書いている。それは、映画とは関係ないが底で通じる論説だ。曰く、「殉教者の血は大地をゆたかに肥やした、ということがいわれてきた。しかし、じつのところは、殉教者の血は、下水道にごぼごぼと単調な音をたてて流れくだっていたのである。人間が回想できるかぎりの昔から、世界のどの部分をみわたしてみてもごぼごぼの音が低まり、あるいはやみそうな希望を抱かせてくれる証拠は、ほとんどなにもない」(『機械の中の幽霊』)。それは1967年のことである。「人民と政府は、歴史からなにものも学ばず、あるいはそこからみちびきだされる原理にのっとって行動することもない、というのである」(同書p182~p183)と嘆く。それはヤマトゥと日本の関係、世界の現状と歴史に鑑みて発する嘆息であるが、宗教と世界についても首肯する事実である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

怒りと憤りの場

 日常生活で疲労は蓄積し怒りを発するどころではない。しかし、暴力をもってその場に臨んでもよいと思う瞬間がある。一昨日、四日間の限定で赴いた千葉の巨大な流通センターのアルバイト先で中年女の一言にキレそうになった。その作業場の責任者の対応もそうだが、女の一言には女としての慎みに欠ける不愉快を突きつけられたからである。そんなもの男の幻想だと抗弁する意見は聞く。しかし、それは性的定義でなく人としての慎みと解されるものと言ってもよい。それはともかく、工場労働での体験、経験では誰でも経験する事であろう。それは昨年の手術の前後から先週まで働いた現場でもしたたかに経験した。
 また、別の怒りと憤りは、昨今の国内、海外の政治状況、新聞紙面、書物、映画やテレビ番組のドキュメンタリー番組から推察する我々が生きる場というものである。そのうち書物ではある対談をまとめたものでその主題は沖縄の現実を歴史的に俯瞰し論じたものだ。対談者は辺見庸氏と目取間俊氏。辺見氏(以下、敬称は略させて頂く)の著作は『1★9★3★7★』(2015年 (株)週刊金曜日)以来。『沖縄と国家』(2017年 8月10日 角川新書)は、現今の政治状況と日本の歴史を見通し現在の状況を徹底して批判する痛烈な書だ。アカショウビンは目取真の小説作品の読者ではないが、ブログはかつてネットで読み沖縄の現状を映像と氏の文章で確認していた。辺見という対談者を得て目取真はヤマトゥ(日本)の沖縄への仕打ちを痛烈に批判する。その論拠は辺見の思想スタンスと共振する。沖縄の現在の政治状況は今に始まったものではない。それは明治12年(1879年)の琉球処分から続いているヤマトゥの沖縄に対するスタンスである。直近では昭和天皇の戦後の沖縄切り捨てで新たな様相で現在に至っている。それは基地の島沖縄に負担を強いているヤマトゥの確信犯的仕打ちとして現在に突出して露呈している。そこに沖縄の怒りと憤りが噴出しているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

終活と就活

 先週でアルバイト先の現場は終了。他の現場に明日から行く。しかし、これまでよりかなり遠方。行きは新宿から車で千葉まで。帰りは電車という。交通費はでない。それでも仕事があり日銭が入るだけでもありがたいではないか、というのが世間相場というものだ。年相応に楽隠居というわけにいかないのは不徳の致すところ。正しく自業自得である。病を抱え終活とやらもしなければならぬが就活のほうが先である。
 本日は、終活に向けて築地へ。昨年の下咽頭がん手術、入院から一年以上が過ぎた。一ヶ月の入院予定が10日間で済んだのは経済的にはありがたいことだったが術後の経過による病院側の都合もあるのだろう。とにかく退院後はアルバイトで凌いできた。何とか緩やかに終末に向かい到るのだ。そこで音楽の力は不可欠。昨夜はマタチッチのベートーヴェンをN響の録画で見聞きできた。今朝は今井信子さんのヴィオラのCDで。シフとヴェーグのモーツァルトも聴いて心身に力を吹き込んだ。季節は既に秋である。何とか一年生き延びた。残りどれだけ持ち時間があるのか。人には寿命がある。落語の「死神」ではないが頓死もある。しかし、死は先駆的に覚悟される。この十年はアカショウビンにとってその過程の時であり続けている。本日の治療で我が身体にどれほどの効果があるか知らぬ。しかし、乗りかかった舟を降りるわけにもいかない。現代医療のシステムに身を任せ最後に向け些かの抵抗を試みるだけだ。
 朝の通勤時に乗客の表情はけだるい。青い月曜日なのだ。もう何度通ったか知れぬ路線で病院に向かう。スペイン語が突然聞こえる。オリンピックに向けて海外から訪れる外国人は格段に増えているのだ。築地もそうだ。それはまた国際的な人の賑わいはいいものだ。若い女が片言のスペイン語でスペイン人と会話しているのは微笑ましい。さて、本日の治療はどうなるやら。前回の内視鏡操作は荒っぽかった。些か不安でもある。
 10時前に終わった。何と施術は主治医だった。待機中のテレビ説明では5分から10分というのが20分くらいはかかったろう。麻酔をしているとはいえ時々喉の奥にあたるのがわかる。喉の何カ所かにがんがあるのだろう。「ここは照射かな」などと付き添った若い医師とディスプレイを見ながら話している。
 検査、治療とはいえ器具で喉を掻き回すのだ。拷問のようなものである。終わって30分間の休憩だ。
 一休みし、これから会計。さて、いくらかかったのか。アルバイトで稼いだ日銭は湯水のように出ていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »