« 極上の録音と演奏 | トップページ | 戦後72年 »

2017年8月15日 (火)

72回目の8月15日

 朝は1952年に録音されたバイロイト音楽祭のクナッパーツブッシュが指揮したワーグナーの『パルジファル』を聴いて活力を得た。一昨日はCDでたまたまクレンペラーのワーグナー管弦楽集を聴くともなく聴いていて何やら心安らぐクレンペラー晩年の独特のテンポの遅さと雄大、拡がりが心地好かったのだろう。同じようなテンポのクナッパーツブッシュの戦後復興の落ち付きもみせてきていただろうバイロイトでの得意の演目は熟聴しなければならない演奏である。

 きのうはアルバイトを終え借りてきたDVDでロン・ハワード監督の『白鯨との闘い』を観て、ぐっすり寝た。このひと月は週に二本位のペースでDVDを観ているのだ。しかし休みの日で平日のアルバイトの帰りはぐったりなのである。先日亡くなったジャンヌ・モローの若き頃の米国西部劇出演作『モンティ・ウォルシュ』も観た。感想はそのうちに。

 ともあれ本日は72回目の敗戦記念日だ。東京新聞の一面は〝平和の理想 まだまだこれから〟の横幕・大見出し。小見出しは〝満州引き揚げ 言葉重く きょう終戦の日〟である。連載の「平和の俳句」は英文学者、小田島雄志氏((以下、敬称は略させて頂く)の<八月に母國という語を抱きしめたい>。大見出しの文章は小田島となかにし・れい、へのインタビュー。昨夜の夕刊は、国谷裕子と森 達也の対談の上・中・下の三回に分けた記事の下。この対談が本日の72回目の8月15日に向けて行われたことは明白。これを熟思することは、この72年目の〝敗戦〟の日に何事かを考える切っ掛けになるだろう。併せてアカショウビンは引っ越しの段ボールから出て来た三島由紀夫の『若きサムライのために』(昭和44年7月日本教文社から刊行、1996年11月、文春文庫から発刊)所収の三島と福田恆存の対談も読みながら考察しよう。  きょうはこれから新宿へ『海辺の生と死』を観に行く。

|

« 極上の録音と演奏 | トップページ | 戦後72年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65666356

この記事へのトラックバック一覧です: 72回目の8月15日:

« 極上の録音と演奏 | トップページ | 戦後72年 »