« 戦後72年 | トップページ | スポーツで最も恥ずべき卑怯な行為 »

2017年8月30日 (水)

二つの楽章

  先日たまたま未だ整理のつかないCDからモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調をボスコフスキーがシューリヒト指揮のウィーン・フィルと演奏していたのを聴いていたら三楽章のト短調に転調するアンダンテの箇所のところが改めて聴いて面白かった。そこを音楽批評家はどう解説しているのかと思い、アルフレート・アインシュタインの『モーツァルト』(白水社 1961年 浅井真男訳)を久しぶりに読んだらその解説はなかったけれども2楽章の解説に啓発された。曰く、「第二曲((ニ長調 K.211)と第三 曲(ト長調 K.216 九月十二日)の成立の間に横たわる三カ月間に何が起こったのであろうかわれわれはそれを知らない。だが、突然いっさいが深くなり豊かになるのである。第三曲の緩徐楽章は、アンダンテの代りに、あたかも天から降ってきたようなアダージョで、オーボエの代りにフルートを使い、全く新しい音響の性格をもつニ長調で書かれている。(中略)  突然オーケストラ全体が語りはじめ、独奏楽器と新しい親密な関係を持つにいたる」。

  この作品をアカショウビンは、堀米ゆず子とシャーンドル・ヴェーグがカメラータ・ザルツブルグ室内管弦楽団を指揮した1988年に東京の津田ホールで録音したCDで聴き直した。ボスコフスキー、シューリヒトの1960年、ザルツブルク音楽祭のライブ録音よりはるかに音が良い。演奏も実に好もしい。ヴェーグの深いモーツァルト理解と堀越の女性らしい繊細でしなやかな演奏が見事に記録されている。ヴェーグが同オーケストラと来日していたことも初めて知った。ヴェーグはモーツァルトのディヴェルティメントの録音でその実力を知った。ヴァイオリニストのヴェーグが人生の後半では指揮者として活躍したことは幸いだった。アカショウビンが近年愛聴しているアンドラーシュ・シフとはモーツァルトのピアノ・コンチェルトも録音している。これも時に聴いている。

  もう一つの楽章とは、マーラーの6番の交響曲の三楽章アンダンテである。先日、ミクシーでエリアフ・インバルの大阪公演を聴いた方がクラウス・テンシュテットの録音を聴き書いておられたのに啓発され、そのCDを聴き直した。改めて聴いてその演奏と録音の良さに聴き入った。

  吉田秀和は、『マーラー』(2011年 河出文庫)の中で次のように書いている。「《第六交響曲》は、マーラーの第二の時期での最高の充実度をもつ作品に数えるべきものである」(p29)。そしてシェーンベルクのプラーハ講演を引用し楽曲を分析する。シェーンベルクはマーラーの旋律の作り方に注目する。これを吉田は忠実な訳ではないが、と断っているがマーラーの音楽を分析して実に刺激的だ。シェーンベルクはマーラーの旋律が長くなり過ぎることに着目し、「それでいて少しもそれどころか、かえって、主題が長くなるにつれて、終わりに、より大きな活力が生まれてくる。(中略)  もし、これが能力でないとしたら、少なくとも、潜在力と呼ばなくてはならないでしょう」(p30)。これを、吉田は「マーラーの音楽の核心をついている」と評する。それはテンシュテットの演奏を聴いて改めて納得する。

  一昨年の入院中にはバーンスタインがニューヨーク・フィルと録音した全集を持ち込みマーラーの交響曲を未聴の録音で聴いた。この6番を聴くとテンシュテットの演奏の鮮烈さに驚く。そしてマーラーの音楽の面白さと「偉大さ」(シェーンベルク)に。これを契機に改めてマーラーの声楽作品やモーツァルトの弦楽四重奏を熟聴する楽しみができた。

|

« 戦後72年 | トップページ | スポーツで最も恥ずべき卑怯な行為 »

コメント

モーツァルトの3番のCDは大古のフーベルマンしか持って無いかも?(笑)
それはそれは…。
貼って置きます。
一楽章
https://youtu.be/hUVJcNOpGJI
二楽章
https://youtu.be/2gluon8W-p4
三楽章
https://youtu.be/1x9xEK55dpA

投稿: F164 | 2017年9月 1日 (金) 午前 12時36分

F164さん、いつもレアな情報ありがとうございます。堀米さんとヴェーグは是非お聴きください。私はヴェーグが弾いたバッハの無伴奏も改めて聴き直してみようと思います。

投稿: アカショウビン | 2017年9月 1日 (金) 午後 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦後72年 | トップページ | スポーツで最も恥ずべき卑怯な行為 »