« 時の流れに身をまかせつつ流されないように抵抗する | トップページ | 素晴らしい7番 »

2017年7月14日 (金)

深夜のシャンソン

 NHKラジオの深夜便はこの数年不規則な生活のなかでよく聴いていた。昨年の引っ越しで一年間は入院、アルバイトの毎日の中で殆ど聴くことがなかった。今夜は、といっても日付は変わっているが、連休をとり以前の不規則に戻り、たまたま深夜の音楽で目覚めた。そこで奏でられていたのが日本のシャンソンだった。かつて少年時代に聴いたことがある作品を改めて聴いたが初めての作品もあった。越路吹雪が昭和44年に録音した「人生は過ぎゆく」がそれだ。この殆ど語りの曲に越路の恐らく晩年の歌唱の到達点が記録されていると言ってもよい。それは女の愛の睦言という内容だ。それは多くの恋人たちの間で囁かれる睦言だ。しかし、そこに死を覚悟した一人の歌い手のエッセンスとでもいうものが凝集されている。それを聴けたことは果たして偶然だろうか知らぬ。しかし音楽を愛する者の偶然は幸いである。フランスのシャンソンが日本でこのように解釈され根を張ったことに遭遇したとアカショウビンは解する。番組の最後に若い頃に聴いたシャンソンで愛聴したダミアの「かもめ」を石井好子が録音した日本語で聴いた。それもまた越路吹雪と同じく日本のシャンソン受容の到達点と言うべき境地だ。この録音を探すことは現在のネット社会で容易なことだろう。それを聴く機会は多くの若者たちのなかでどれほどあるだろうか。そしてアカショウビンと同じ感慨をもつ人は極く少数だろう。しかし、それでも歌い手の魂とでも言うしかない境地は格別だ。これから何度そのような体験ができるかどうか。しかし、これもまた冥土の土産というしかない。

 番組は沖縄の歌手の歌声に変わっている。この声にも歌い手の魂が込められている。我が奄美の民謡では里 国隆の声にそれを聴いた。我が同胞たちは里を忘れてはなるまい。その声は現在の政治情況のなかで新たな活力を有する筈だ。夏の暑さに消耗する毎日に里を聴くことは現在を生きるアカショウビンにとって天啓の如きものだ。しかし越路や石井の声の中にもその魂の同じおらび(叫び)を聴いたことを記しておく。

|

« 時の流れに身をまかせつつ流されないように抵抗する | トップページ | 素晴らしい7番 »

コメント

その後おかげんいかがですか。
 先日知人がシャンソンをやっていることを知り、その発表会に招かれて行って参りました。 
 妙齢のご婦人たちと紳士が晴れのステージ衣装に身を包み、往年の名曲を音響の良さで知られる地元のコンサートホールで披露されました。
 いずれも子どもの頃聞き覚えのある名曲ばかり。当時は古臭く重苦しく感じられたシャンソンも五十路を超えた今聴いてみると演奏者の年輪も加わり深い味わいがございました。
 昨日は、アカショウビンさんのこの記事を拝読し、越路吹雪さんの歌を youtube で探してハマってしまいました。越路さんの歌を聴きながら、地元で採れたルバーブを奄美のサトウキビの粉で煮て寒天をつくりました。
 アカショウビンさんのご健康にも思いをはせる一日でした。

投稿: シスタ | 2017年9月 9日 (土) 午前 06時10分

シスタさん、メールありがとうございます。深い味わいは越路さんの声から届いた魂の囁きとも呻きとも聴きました。私もピアフやダミア、グレコの歌、声を心して聴き直そうと思います。

投稿: | 2017年9月20日 (水) 午前 09時49分

 奄美のさとうきびとは懐かしくもありがたいお心遣い。心から喜びが私の心身を震わせました。子供のころ父が生まれ育った村で従兄弟たちとさとうきび刈りをしたことを思い出します。それにしても長野で奄美のさとうきびが手に入るとは驚きました。次は鶏飯にチャレンジされてください。

投稿: | 2017年9月20日 (水) 午後 08時14分

10月は私事バタバタしておりまして、間の抜けた頃の返信になりますが、ご容赦ください。今日も一日、つつがなくお過ごしくださっていればよいな~と思いながらこれを書きます。

奄美のさとうきびですが、実際のところ私の住まう信州の田舎町でも、スーパーで定番として扱っており、白砂糖を使わない我が家では欠かしたことがありません。

奄美の鶏飯は挑戦したことも本場物を食したこともないのですが、貴兄のコメントを拝読し、がぜん挑戦してみる気分になっている今宵です。

思い立ったら即行動しないと残された時間はあまりにも短く感じられるので、早速、近所のスーパーに鶏肉を仕入れに行って参りました。

国産鶏むね肉、今日は、
\39/100g

を1枚、約120円相当買って参りました。

参照したレシピはこちらです:

https://cookpad.com/recipe/3504636

おやおや話題はシャンソンからずいぶんずれてしまいましたが。

ちなみに化学調味料を使わない我が家では
出しは昨日から付けておいた天然だしの
潮宝のカツオの厚削りと干しシイタケです。

これに仕入れてきたばかりの鶏肉を料って入れる算段です。

行ったことのない奄美に思い馳せながら
いただきたいと思います。

投稿: シスタ | 2017年11月15日 (水) 午後 04時41分

ここの天然だしを愛用しています。
http://www.chohoshokuhin.com/sub_cate.php/_/22

なべに水を張って、
その中に放っておくだけでよいので
楽です。ちなみに我が家で愛用しているのは、
焼津だし伝、という商品です。
潮宝は、静岡の会社です。
よい出しが出ます。

投稿: シスタ | 2017年11月15日 (水) 午後 04時47分

投稿: | 2017年11月15日 (水) 午後 04時47分

投稿: | 2017年11月15日 (水) 午後 04時48分

数年前より合成保存料、化学調味料を排除した食事を心がけてきました。最近、知人から紹介されたこの本に感銘うけ、天然素材の食事を心がけています。
 この方は末期ガンでしたが、自ら食事療法で13年、延命しました。

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%A7%E4%BD%99%E5%91%BD%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%A7%81%E3%81%AE%E6%AD%BB%E3%81%AA%E3%81%AA%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC-%E7%A5%9E%E5%B0%BE%E5%93%B2%E7%94%B7-ebook/dp/B06WWPY9X2/ref=asap_bc?ie=UTF8

投稿: | 2017年11月15日 (水) 午後 04時54分

上記の私の
2017年9月20日 (水) 午後 08時14分
の投稿は、
2017年11月15日(水)午後・・・に投稿されました。

投稿: シスタ | 2017年11月15日 (水) 午後 05時01分

シスタさん、メールありがとうございます。スーパーの定番であるとは驚きました。私も団地のスーパーで探してみます。鶏の胸肉も安いですね。料理は苦手ですが私も挑戦してみましょう。先年、奄美での還暦同窓会で何十年ぶりかで帰郷した時に伯母、従姉からインスタントの鶏飯の元というインスタントのお土産を頂きました。簡単に故郷の味を味わいました。それはさすがに地元だけでしょう。従妹に車で案内してもらい田中一村の最終の家を訪れ、空港近くのレストランで鶏飯定食を食べたのを懐かしく思い出します。
毎日がアルバイト労働で疲弊しますがメールを拝見し力を頂きました。心から御礼申しあげます。信州も一段と寒さが厳しくなっていることでしょう。お身体大切にお過ごしください。 アカショウビン拝

投稿: アカショウビン | 2017年11月16日 (木) 午後 11時16分

こんばんは!
ご返信ありがとうございました。
また、田村一村のこともお教えくださり、
感謝です。

昨日の鶏飯のご報告です。
素晴らしい一品でした!
私が一生のうちで作ったあらゆる料理(といっても大したことはありません)のうちで最高の一品ができました。

アカショウビンさんからのインスピレーションで出来たので、主人ともども味わっていただきました。
ご近所であればお届けしたい気持ちでした。

上記のレシピは参照しましたが、独自に長ネギ、人参を加え、上記カツオの厚削りと干しシイタケ(を水に漬けておいただけ)のダシに、千切りショウガ、料理酒とミリン、ヒマラヤのピンクの岩塩(塩は大事)を入れて、沸騰したところに、削ぎ切りにした鶏肉を投入、ゆっくり丁寧にアクを取りながら、澄まし汁をつくりましたよ~♪

わが生涯に最高の一品でした。

主人も「これは美味しい!」と言って、
物言わずただひたすら二人でいただきました。

闘病中のアカショウビンさん、
検査や手術、投薬や各種治療も、
それを受け取るお身体あってこそです。

上記ご紹介した本の神尾さんも書いていますが、
ご自身の身体が何でできているかというと、
食べ物でできているのです。

あまりに当たり前のことで恐縮ですが。

労働と闘病で、料理するのが億劫になってしまうのは分かりますが、コンビニ食では身体が先に参ってしまい、本末転倒です。レンジしたコンビニ食で一時的な飢えは癒せても、栄養を破壊する電磁波を受けた添加物入りの弁当はもはや身体にとって滋養ではありません。

老婆心ながらご一考を。

アカショウビンさんは残りの時間少ないおつもりのようですが、貴兄がブログで何度もそれを言及し、余命短いことに疑問を抱かないのは全く腑におちません。

このブログで貴兄が記述せんとしてきた思想をもっと私は読み続けたいと思います。また貴兄にしか記述できない思弁を感じます。

どうぞそれを可能にするためにご自愛なさってください。
この場合、「ご自愛」とは検査や手術や投薬を受けることだけではないのです。
それらに耐えられる身体を、本物の栄養で作っていってください。

僭越ながらお許しください。
感謝をこめて。

投稿: シスタ | 2017年11月17日 (金) 午前 12時00分

追記)

ブログを拝読していて、実は他にも色々書きたいことがあります。近年、私は文章を全く書かなくなってしまっていたのですが、貴兄のブログを読み始めて大変なインスピレーションを受けています。

でも読むのも書くのも、追いつきません。

そこで一つお願いですが、もしそんなに生き急ぐお気持ちでしたら(というのは余命短いおつもりのようなので。あるいはそのように医者から言われているのかも知れませんが。神尾さんの本も読んでみてください)

このブログがなんとか残るような方便を策しておいていただけませんでしょうか。

私もかつて親友のひとりをガンで亡くしました。

(続きはまたあとで書きます)

投稿: シスタ | 2017年11月17日 (金) 午前 12時11分

がんと診断されてからホームページを頻繁に更新していました。闘病日記、よかったです。亡くなってからも残された奥さんが維持していてくれたので、それが読めることが張り合いでした。これを書きながら久々に彼のページを訪れてみました。引っ越ししていて、闘病日記や色んな作品をアップしたページは削除になっていました。残念。それでも移せるページだけは移して最低限を残してくれている風でした。掲示板で私の知らなかった彼の交友関係を知ったり。
https://k-nomoto.jimdo.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/


このところ貴兄のブログを拝見していて思うのは、そんなに死に急ぐのであれば、せめてブログは残って欲しいです(もちろん勝手な言い草ではありますが、理想は、食生活を改善し、闘病に打ち勝って、ブログもご本人も生きて継続していただくことです)。

その算段が難しいようでしたら、(ファン読者としては)今から印刷しておかないと!

お忙しい日々とは存じ上げますが、ご一考に加えていただきたく、恐縮ではありますが、書かせていただきました。

投稿: シスタ | 2017年11月17日 (金) 午後 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65532005

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜のシャンソン:

« 時の流れに身をまかせつつ流されないように抵抗する | トップページ | 素晴らしい7番 »