« 素晴らしい7番 | トップページ | 故郷とは »

2017年7月19日 (水)

もう三か月

  前回の治療からもう三か月が過ぎた。膀胱がんの手術からも間もなく一年になる。何とも月日のたつのは詩人なら百代の過客というところだが。イチモツからカテーテルを挿入される痛みと不快感は言語を絶するけれども、たまに病院に来るのは娑婆の一面が垣間見れて面白くもある。きょうは受付で待っている間中年男の父親との会話が面白く不愉快だった。それはよくあることとも言える。つまり父親に対する息子の口のきき方がエラそうなのである。いまどきの言い方で言えば〝上から目線〟なのだ。少し痴呆気味なのが傍で見聞きしているとわかる父親に対する配慮のなさは親の躾の失敗とも言えるが壊れた親子関係と言ってもよい無残さを感じた。何の病か知らぬがもっと優しい応対の仕方というものがあるだろう。他人事とはいえ腹のたつ光景だった。

  それはともかく、これから抗がん剤注入の前に採尿と超音波検査。ここでひと悶着あった。受付で採尿を先に済ませと言われ超音波検査室に入ったらそれでは検査ができないというのだ。尿がないと画像が明確でないらしい。病院なのだから受付女性も検査手順には正確でなければならない。おかげでペットボトルでお茶を飲み40分後の検査となった。急ぐこともないけれども無駄な時を過ごした。一事が万事とは言わないが昨今の政治状況といえアカショウビンの日常の中で何か箍が外れているのではないかと感じることが多くなった。

  まぁ、それもこれから始まる嫌な治療へ気を紛らわすための方策の如きものでもあるわけだが。

  話は違うが、ここのところ少しずつ読んでいる九鬼周造の『時間論』で音楽や詩歌のことを「時間からの解脱」とみなすのが面白い。同様に美術は空間からの解脱だ。この賢察と思える一言に九鬼という人物の器量、力量を痛感する。

|

« 素晴らしい7番 | トップページ | 故郷とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65553475

この記事へのトラックバック一覧です: もう三か月:

« 素晴らしい7番 | トップページ | 故郷とは »