« 人生は音楽の時間のようなものか? | トップページ | 団地の長閑な日曜日 »

2017年6月16日 (金)

胃の定期検査へ

  アルバイトの合間を縫って胃ガンの手術をした都内の病院へ定期検査に。前回は膀胱がんの抗がん剤治療で訪れたのだった。あれに比べればこちらは楽。主治医が話を聞くだけ。というより未だ生きているのを確認するだけなのだろう。

  電車を乗り継ぎ地下鉄の深いエスカレーターを何度も昇り降りし地上に出ると眩い陽光。いつもの弁当屋で昼食を買う。病院までの道端には街路樹の根元に近隣の人たちが植えた様々な花々が心和ませる。二年前は慌ただしい年だった。退職後、次の仕事の算段で試行錯誤していたとき幻覚など体調の異変で市立病院を訪れたら胃癌を指摘され七月に二週間の検査入院。そこで胃の全摘出手術をする予定がセカンド・オピニオンでこの病院を訪れたら全摘でなく腹腔鏡下手術で済むという。医者の印象も良かったのでこちらで手術することに決めたのだった。ところが二週間で退院できる予定が46日も入院した。その経緯は逐次書いた。胃の次は昨年の下咽頭がん、膀胱がんの手術だ。三つのがんを抱え未だ生きている。しかしそう長くはないだろう。昨年から二度の引っ越しで新たな環境にも慣れていかなくてはならない。それは、死を想定しながらそれまでとは異なる時間を生きるということである。

それは具体的にどういう事か。何といえばよいか。思索しつつ現在の新たな時間を開くということかもしれない。、

|

« 人生は音楽の時間のようなものか? | トップページ | 団地の長閑な日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65418039

この記事へのトラックバック一覧です: 胃の定期検査へ:

« 人生は音楽の時間のようなものか? | トップページ | 団地の長閑な日曜日 »