« 団地の長閑な日曜日 | トップページ | 河瀨監督の「光」を観る »

2017年6月21日 (水)

加藤一二三九段、引退

  加藤九段引退の報に感慨新た。学生の頃に将棋にのめりこみアカショウビンの大学は新宿の将棋道場の如きものだった。その頃の新宿は大道詰将棋や将棋道場の隅では賭け将棋も行われていて何とも面白い場所だった。ジャズ喫茶も健在で将棋を指し終わったあとはジャズと映画館通いがアカショウビンの日課。不勉強のツケは今に至り少ない時間は読書にあてる。三か所の癌を抱え残り時間は少ない。将棋の勝負では終盤の秒読みになりそうな頃である。毎日を充実して生きることなど不可能。それでも、それを目指し生きる、これしかない。先日は日曜日に学生時代以来の友人、I君、N君に手伝っていただき中古で買ったCDラック、衣装ケースを新居に運び込んだ。きのうは築地の病院へ。今度は下咽頭癌の定期検査だ。その間を縫う時間は殆ど居眠り。昨夜も部屋の片付けを深夜まで。それでも五時過ぎには目覚める。引っ越しの段ボール捨て、買ってきた蛍光灯でやっと部屋が明るくなった。これが文明生活というものだと改めて実感した。本日はアルバイト。霧雨だが日銭を稼がねばならぬ。明日は友人のN君から頂いたチケットでカンヌに出品した『光』(河瀨直美監督)を観に行く。きのう病院の帰りに観るつもりだったが、時間が合わなかった。

 それはともかく。加藤九段、本当にお疲れさまでした。将棋の面白さ、棋士たちの面白さ、見事さを教えて頂いたことはアカショウビンの人生に多くの豊かさを与えてくれました。心から感謝致します。

|

« 団地の長閑な日曜日 | トップページ | 河瀨監督の「光」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65438435

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤一二三九段、引退:

« 団地の長閑な日曜日 | トップページ | 河瀨監督の「光」を観る »