« 長閑な日曜日 | トップページ | この時が繰り返す? »

2017年5月21日 (日)

凡庸と非凡

 プロの将棋や囲碁で凡庸な手を指したり打ったりしては勝負に勝てない。トッププロの勝負は紙一重の差。羽生善治や趙治勲の実績と才能の非凡さというのはそういう修羅場を潜り抜けたところに燻銀のように光るものなのだ。

 音楽ではグレン・グールドにそれを聴く。バッハ弾きとして彗星のように現れ50年の生涯を終えた。先日たまたま中古で買っておいたモスクワのコンセルバトワールの学生達の前で演奏したライブ録音を聴き感銘新ただった。1957年の録音である。バッハの「ゴルトベルク変奏曲」でデビューして以来世界中で引っ張りだこだったのだろう。学生達の反応は敏感だ。最初はベルクのピアノ・ソナタ 作品1。これはショパン・コンクールの優勝者チョ・ソンジンも今年のサントリーホールでの日本公演で最初に弾いていた。2曲目はウェーベルン。作品27の変奏曲だ。一曲ごとにグールドの解説がつく。3曲目はクシェネクのピアノ・ソナタ3番からアレグレット・ピアチェボーレ、アニマート エ フレシビーレとアダージョ。どの作品もグールドは自家薬籠中のものとしているのが演奏からびしびしと伝わる。これを非凡というのだろう。そういう演奏だ。それはまた途中から演奏会に出ることを拒みスタジオ録音に限定することになるだけに貴重なライブ録音でもある。クシェネクのあとグールドがバッハを弾くと話しそれが通訳によって伝えられると学生達の間にどよめきが起きる。彼らもバッハでグールドを聴いているのだ。最初はフーガの技法から次にゴルトベルク変奏曲から抜粋して弾く。アカショウビンが聴いたレコード録音でグールドはピアノでなくオルガンで弾いていた。それも全曲ではなかった。なぜかその後も全曲は録音しなかった筈だ。このCDではそれが一部とはいえピアノで聴けるのが貴重だ。それに学生の聴衆を前にグールドの意気込みが伝わる気合い十分の演奏だ。

 ピアニストや指揮者の非凡とは楽譜を独自の読み、捉え方をする才能だが、それは言葉を変えて言えばコペルニクス的転回として視点を変える才能ともいえるだろう。また視えないものを視えるようにする才能とも言えるだろうか。「これまで人びとは、認識は対象に従わなくてはならぬと考えてきた。・・・しかしいまや、一度問題を逆にして試みるとよい。われわれの認識が対象に従うのではなく、対象が認識に従わねばならぬとしたらどうであろうか」。これはカントの文章だったろうか。それによればわれわれが聴いているCDの録音という対象もそれを聴くわれわれの認識によって変わるということだ。しかしこのグールドの見事な演奏の価値は凡庸なこちらが変わっても微動だにしないように思える。

 それはともかく、グールドのCDは二枚組で二枚目にはレニングラード・フィルと共演したバッハのピアノ協奏曲第1番二短調BWV1052とベートーヴェンの第2番の協奏曲が収められている。これも貴重な録音だ。指揮はLadislav Slovak、ラディスラフ・スロヴァクと読むのか、未知の指揮者だ。ムラヴィンスキーでないのが惜しまれる。

 それともう一つ強烈な印象を受けた録音を紹介しておこう。オットー・クレンペラーが1934年にロスアンゼルス・フィルハーモニーを振ったベートーヴェンの第5番交響曲の録音である。ナチスの台頭でユダヤ人であるクレンペラーは米国に亡命したのだろう。この頃の米国のオーケストラの実力のほどをアカショウビンは知らないがこれは熱気がむんむんする演奏だ。何と1楽章のあとに聴衆の拍手が入るのである。ロスの聴衆はベートーヴェンの交響曲を聴いたことがなかったのか、それとも演奏の気迫に感動し思わず拍手したのか不明。しかしクレンペラーが戦後のスタジオ録音で入れたベートーヴェンの交響曲全集とはまるで異なる熱気に溢れた生き生きした演奏は録音状態の悪さは帳消しになるほどの演奏だ。もちろんスタジオ録音はそれはそれで素晴らしいのだが。

|

« 長閑な日曜日 | トップページ | この時が繰り返す? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65310058

この記事へのトラックバック一覧です: 凡庸と非凡:

« 長閑な日曜日 | トップページ | この時が繰り返す? »