« 上部内視鏡検査 | トップページ | 言語は人間固有の音楽なれば »

2017年4月24日 (月)

通院治療

 昨年8月の手術から三か月ごとの膀胱癌・抗がん剤治療で1月下旬以来都内某病院へ。先週は別の病院で下咽頭癌の内視鏡検査。きょうはもっと苛酷な処置で戦々恐々の思いで今受付ロビーで待機している。膀胱鏡が尿道から侵入して来る不快感と痛みは男ならではかもしれない。
 それにしても抗がん剤治療は昨年の手術以来一方的に始まった。その効果のほどは詳しく説明されているわけではない。しかし10年くらい前から始まった治療らしい。まぁ、眼を見張る効果はなくとも癌治療の進展に寄与出来るなら実験台にもなるにやぶさかではない。しかしあの不快感と痛みは困る。治療への意欲も萎えるというものだ。
 去年はお盆前の夏の暑さに喘ぎながら、そのあとの下咽頭癌の手術に備え秋から冬を過ぎた。体力は衰えたとはいえ生きながらえている。やり残したことは幾つかある。それを済ませながら粛々と死に至りたいものだが引っ越しもしなければならない。現実は粛々とはいかないのだ。ジタバタ、ドタバタしながら娑婆を去ることになるだろう。午前10時の診療予定がもう46分を過ぎた。まだ呼ばれない。
 診察カードを受付に出し忘れたこちらのミスが遅れた原因。主治医のK先生も苦笑い。雑談の中でアカショウビンの前回の絶叫をよく覚えていた。まぁ、ああいう患者は珍しいのだろう。今回はできるだけ痛まぬようにと下半身麻酔は?と問うと抗がん剤注入でそれはないと一蹴。しかし前回の膀胱鏡検査ははしょってもらった。処置で麻酔ゼリーをたっぷり使ってもらったけれども痛みはあった。手術後これが3回目の抗がん剤注入。2年間8回処置するわけだから先は長い。それまで我が身はこの世に在りや無しや。

|

« 上部内視鏡検査 | トップページ | 言語は人間固有の音楽なれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65190990

この記事へのトラックバック一覧です: 通院治療:

« 上部内視鏡検査 | トップページ | 言語は人間固有の音楽なれば »