« 移民への仕打ち② | トップページ | 内視鏡(胃カメラ)検査 »

2017年3月16日 (木)

命日

 きょうは吉本隆明の命日だという。若い友人からのメールで知った。そうか、そういえばこんな季節だったなと記憶を辿るも既にアカショウビンはアルツハイマーが進行中である。それにしてももう五年が過ぎているのだ。

 今朝の駅売りのスポーツ紙には久保奪還の見出しと渡瀬恒彦死去の大見出し。そうか、王将はカド番を凌ぎ切れなかったか。いちおう記事を読むために新聞を買った。渡瀬氏(以下、敬称は略させて頂く)は胆嚢ガンだったらしい。不思議なことに先日『新仁義なき戦い』(昭和49年 深作欣二監督)の第1作(シリーズ6作目)を借りてきて観たばかりだった。これも何かの縁かもしれない。

 先日は別の友人からメールがきて「あさま山荘事件」の日を知らされた。45年前の2月28日のことだった。友人は失業中の父親とテレビに見入っていたという。そういえば若松孝二監督が撮った作品は何年だったかとレンタルショップに行き借りてきた。2007年制作の2008年公開なのだった。「実録 連合赤軍 あさま山荘への道程(みち))」は若松が撮らずには死ねないといった執念の漲った作品である。

 ここのところアルバイトで体力の消耗甚だしく映画を観る気力も失せていた。しかしこの二本はしっかり観た。近いうちに感想を書く。吉本隆明の著作も久しく読んでいない。「狂うひと 『死の棘』の妻・島尾ミホ」(2016年10月30日 梯 久美子 新潮社)に登場する吉本隆明はしばらくぶりでその名を目にしたことだった。こちらの感想も近いうちに。

|

« 移民への仕打ち② | トップページ | 内視鏡(胃カメラ)検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65024376

この記事へのトラックバック一覧です: 命日:

« 移民への仕打ち② | トップページ | 内視鏡(胃カメラ)検査 »