« 命日 | トップページ | 徳之島西方二0浬(かいり) »

2017年3月24日 (金)

内視鏡(胃カメラ)検査

 昨今の政治状況には呆れるばかり。やっと現政権のいかがわしさが公になり日本国民の怒りが爆発するかと思いきや音なしの構え。それについては改めて論じよう。 
 本日は一昨年の胃がん手術の胃カメラ検査。血圧を計り看護師さんの問診。しばらくして点滴の処置。この病院では鎮静剤を使わない方針らしいがアカショウビンは口から内視鏡を入れて喉から胃、十二指腸を動き回る不快感と痛みを我慢したくないので鎮静剤使用をお願いしている。いま、点滴を脇に置き控室で待機中。テレビは国会中継。“百万円寄付”の経緯が追求されている。アカショウビンの他13人の多くは中高年たちはテレビを熱心な様子で注視している。皆さんご自分の病で大変だが、そのような政権状況の中で生きておられる。それに無関心ではいられないのだろう。点滴はゆっくり我が体内に入っていく。しばらく後に内視鏡が体内に侵入し器官が精査される。がんは再発していないか。医師たちの見落としはないのか。受付の中年女性の機械的な対応の声が疎ましい。点滴パックは“維持液ソルデム3A”。
 11時28分、検査が終了し車椅子で安静室に移動。ベッドに横たわっている。
 時刻は12時40分。約1時間仮眠し目覚めた。点滴の針を抜かれ検査結果を主治医に聞くため待機。いつもの部屋に入ると主治医の穏やかな表情に微細な陰りが。案の定残念な結果を聞かされた。胃の術後経過はもんだいないが喉に5mmくらいの早期ガンが発見されたという説明。昨年別の病院で手術したとき主治医の医師にアカショウビンは喉に〝前がん症状〟のところがあるので再発や新たながんに気をつけなければならないとクギはさされていたのだ。それが事実となったということだ。まぁそれなら仕方ない。次の方策を立てねばならない。来週は幸い下咽頭がん手術の定期検査に行くことになっている。次から次と苦難は我が身にふりかかる。5月中に仮住まいも引き払わなければならない。新たな終の棲みかも探さねばならぬ。愉しみは読書と音楽それに映画だ。検査が終わって図書館に本を返し新たに借りてから友人のN君のお誘いで試写会にも行く。

|

« 命日 | トップページ | 徳之島西方二0浬(かいり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/65059314

この記事へのトラックバック一覧です: 内視鏡(胃カメラ)検査:

« 命日 | トップページ | 徳之島西方二0浬(かいり) »