« 映画の台詞 | トップページ | オリバー・ストーン監督の最新作 »

2017年1月30日 (月)

三ヶ月ぶりの通院治療

 もう三ヶ月経ったのだ。都内の病院で膀胱がんの手術を受けたのは昨年8月2日。それから三ヶ月毎に定期検診と抗がん剤治療を続けてきょうは手術後2回目。午前10時30分の予約で待機中。いやなのである、この治療。ポケットベルで血圧を測り受付に来いとの指示。血圧は上が115、下が74。脈拍数は73である。受付では顔見知りの女性が電話をしながら、ニコッと笑い体温計を渡す。
 ベルが鳴り説明室に来いの指示。主治医のK先生がにこやかに微笑んでいる。疑問点など質問。アカショウビンのように三つのがんを抱えているケースについて。それらがリンクしているのは大腸がん、腎盂がん、乳癌など遺伝子変異の可能性のあるガンの場合。アカショウビンの場合、それにあたるという報告は受けてないという回答だった。
 次の内視鏡(膀胱鏡)検査のためロビーで待機。そのあと抗がん剤の注入である。これが苦痛なのだ。K医師の説明では手術後三ヶ月に一度、二年間に8回行うという。それまで生きているのかどうか。
 正午5分前、処置が終わりロビーに戻ったところ。前回より痛みが強かったような。今回はカメラが入っている膀胱内の映像をディスプレイで見るように言われた。気の弱いアカショウビンはちらりと見ただけ。K医師は手術後の経過がよいことを知らせたかったのだろう。ところがこちらは痛みと異物が尿道に侵入してくる違和感と不快感に耐えるのに意識は占領されてそれどころではない。しかし不慮のミスもなくカメラは体外に戻ってくれた。しかし、これで終わりではない。30分から1時間後に抗がん剤の注入である。
 それにしても、厄介なガンに罹ってしまったものだ。前世の因果なのか。そうかもしれぬ。これくらいで済んでいるのはましなほうかもしれない。
 抗がん剤の注入処置が終わり別室で休憩。俯せになり15分間休む。処置時はカメラの時より痛みは強かった。大声を出さずにはいられなかった。アカショウビンは尿管が細いためだそうだ。それにしても難儀な部位のガンに罹ったものである。しかし受け入れるしかない。生きるということは或る時に苦行であり或る人々にとっては出自や病によって自分の責任外のことで背負わなければならない苦しみを抱えて生きねばならないこともあるからだ。それを仏教では業というのではなかったか。
 処置後の最初の排尿も痛みを伴った。あぁ、しかし耐えて生きねばならない。楽しみは読み残した本を読み終え聴き残した音楽を聴くことだ。そうそう、それに映画だ。

|

« 映画の台詞 | トップページ | オリバー・ストーン監督の最新作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/64828325

この記事へのトラックバック一覧です: 三ヶ月ぶりの通院治療:

« 映画の台詞 | トップページ | オリバー・ストーン監督の最新作 »