« 死に向かう日常 | トップページ | ゴールはない »

2016年12月27日 (火)

アルバイトはつらい

 仕事があるだけいいじゃない、そんな世間知らずの輩と現実を語る精神的ゆとりはアカショウビンにはない。7月20日から手術費用を稼ぐために職を得た現在の職場だが昨日もきょうも早上がり。契約では午前10時から午後7時まで。時給千円。交通費は現場への送迎バスのみ。本来なら日当8千円が、きょうのように5時あがりだと2千円の当て外れ。昨日は4時だ。かつかつの生計では来年の希望など語るもアホらしい。自業自得はわかっている。しかし現政権の首相、閣僚、公明党のやること為すことに怒りが沸き起こるアカショウビンには、これは経験を介して政治責任を問うべき話ではないかと考えるのである。
 派遣された我々を使う会社は大阪の会社だ。彼らの多くが関西弁で話す。それもテレビで横行する下品な関西弁だ。関西の正しい関西弁からすれば関西弁もどきとも言えるかもしれない。そのガサツさは不愉快だ。それはともかく人員配置も気まぐれ。アルバイトなんて人間扱いしないのだ。恐らくそれくらいの認識であることは酷使される我々が身に染みて実感する。だんだん怒りが吹き上げてきた(笑)。この続きはあとで。いま帰りの送迎バスの車中。もうすぐ駅に到着する。

|

« 死に向かう日常 | トップページ | ゴールはない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/64683260

この記事へのトラックバック一覧です: アルバイトはつらい:

« 死に向かう日常 | トップページ | ゴールはない »