« 奇妙な符合 | トップページ | 手術後3日目 »

2016年8月23日 (火)

体験版医療の現在Ⅴ‐①

8月の膀胱がんの手術からひと月も経たないうちに今度は下咽頭がんの手術である。昨年9月18日に胃ガンの手術。何と1年経たないうちに3度のガンの手術というのは珍しいだろう。病室のある14階の〝食堂〟からは築地の市場が一望できる。前の職場で縁あった場所だ。そこを一望できるのも此の世の縁というものだ。さきほどは明日の手術の執刀医がスタッフとあいさつに来た。後でまた手術の説明に来る。その前には麻酔科の医師もきた。

この病院は築地の市場と河口が一望できる景色が眺められるだけでも価値がある。夕食ののおかずのにおいがしてきた。肉ジャガか。そういえば昨夜の日課の犬たちの散歩道にはジャガイモ畑があり犬たちの臨時の餌場になっている。空は晴れていたが遠くで稲光もして幻想的な雲が闇夜に瞬間現出し不可思議な時が過ぎた。きょうは台風一過だが快晴というわけでもない。灯りのない屋形船が川を上っていく。あぁ、何と静かな時が過ぎていくことか。明日は痛みでそれどころでないだろうが。

|

« 奇妙な符合 | トップページ | 手術後3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/64100741

この記事へのトラックバック一覧です: 体験版医療の現在Ⅴ‐①:

« 奇妙な符合 | トップページ | 手術後3日目 »