« 病室スケッチ | トップページ | 病室スケッチ② »

2016年8月30日 (火)

屋形船

  夜、隅田川から東京湾に出入りする屋形船が行き交うのが遠くに眺められる。満艦飾とは正確な譬えでないだろうが派手な電飾がゆるゆると移動するさまは中の様子を想像すると悔しいけれども楽しくもなる。仕事の役得で何度か乗った。飲んで食べてコンパニオン付きで皆さん定番のカラオケで楽しむ。 きれいどころの芸者付きという贅沢にありつけなかったのが残念。落語の「百年目」の番頭さんの舟遊びを一度でいいからやりたかった。まぁアカショウビンの人生ではコンパニオン付きが分相応ということなのだろう。それをいまは遠くから眺めて記憶をたぐる。その時の不可思議さを熟考しなければならない。夜の病室からは林立する高層ビル群の灯りが 赫々と威容を放つのが奇妙な光景のようにも思える。その光景を包み込む有は実感できるか。ベッドテーブルを照らす橙色の灯り、コーヒーカップ、部屋を区切るカーテン、同室の患者の鼻をかむ音、外の景色、それらを包み込むものとしての有をだ。思索者によれば、そこに至る通路があるという。それは果たして通路なのか。仏教で説く道、あるいは禅でいう悟りへのワープの如きもの。それを我が物としなければならない時にアカショウビンは現在しているのではないか。それはそれほど猶予のないものであるはずだ。何を悠長な感慨に浸っているのだという怒りの声も聴きとらなければならないだろう。愚図愚図している時ではない。

  しかし静かな夜なのだ。夕方、鼻から胃に入れていた点滴のチューブがやっと外された。夜は手術以来初めての流動食を口から流し込んだ幸いを味わっているためだろう。重湯とトロミをつけたスープ、野菜ジュース、ヨーグルトだけの食事だが口から摂取するあたりまえのありがたさを忘れるな。しかし愚かな者どもはそれを忘れる。私もそうだ。私はしかしそれを忘れても有と共振できるだろうか。我が振動は大地のまた大気の震動とも共鳴するだろうか。

  夜も遅い。屋形船はまだ往行しているだろうか。台風は去り海はおだやかだ。向かいのベッドのNさんはすでに高鼾。隣のUさんは明日か明後日にも退院らしい。

|

« 病室スケッチ | トップページ | 病室スケッチ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/64133294

この記事へのトラックバック一覧です: 屋形船:

« 病室スケッチ | トップページ | 病室スケッチ② »