« 病院から病院へ | トップページ | 体験版 医療の現在Ⅳ-③ »

2016年7月28日 (木)

どれくらいの苦しみ

 都内の総合病院へ行き、下咽頭ガン手術のための心電図異常の再検査結果を聞く。手術は可能という診断だった。それはともかく、来週2日に手術する膀胱がんの手術内容を説明する本に病院施設の小さな図書館で、ざっと目を通した。気分が萎え気持ちが滅入った。最悪の場合、膀胱全摘である。担当の女医は内視鏡手術になると説明したからそれはないだろうが、排尿困難、勃起不全など様々な障害がありうる。たとえ手術が成功しても次は下咽頭ガンの手術だ。残りどれくらい生きられるのか、という不安より、あとどれくらいの苦しみが待ち構えているのか、というのが正直な心境だ。
 そのなかで、やっとありつけたアルバイトで少しの光明は射してきた。これを活路として残り時間を少しでも活性化しなければならぬ。読書意欲にも欠けるが熟読すべき本は棚に並んでいる。繰り返し聴かねばならないCDも。新作映画も未見の作品もレンタルショップには埋もれている。先日はウッデイ・アレンの「影と霧」が面白かった。娑婆での楽しみはまだある。
 先日、昨年暮れに脳内出血で倒れ、入院、リハビリで闘病中の学生時代以来の友人M君とも半年ぶりに再会した。お互い人生後半戦は過酷になっているけれども、将棋・囲碁での凌ぎ勝負の段階に直面している。最善手は指せず打てぬとも次善手を捻りだし局面を打開したい。

|

« 病院から病院へ | トップページ | 体験版 医療の現在Ⅳ-③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/63978379

この記事へのトラックバック一覧です: どれくらいの苦しみ:

« 病院から病院へ | トップページ | 体験版 医療の現在Ⅳ-③ »