« 「持ち重り」と「しっとりとした豊かさ」 | トップページ | 新名人誕生 »

2016年5月30日 (月)

体験版 医療の現在Ⅳ-②ペット検査を体験する

 先月から血尿が続き昨年胃ガンを手術した都内の病院をその後の下咽頭ガンの治療計画で訪れた時に腎泌尿器外科(この病院ではこの科)を予約。〝ファースト・コンタクト〟と担当医師の女医さんは話し診察もせず内視鏡検査の予約だけ入れた。〝診察〟は以前に撮ったCT映像を見て所見を述べただけ。まぁ、「緊急性はない」ということなのだろう。しかし頻繁に続いた血尿が緊急性がないとは思えぬが、その後さいわい本日まで数日、血尿は止んでいる。内視鏡検査は来週の月曜だが、それまで再度血尿だけは勘弁してもらいたいものだが。

 とりあえず本日は先日予約したペット検査を済ませて来た。あいにくの雨の中、午前9時の予約で30分前に病院に到着。地下の検査室へ。左手人差し指から採血し血糖値を調べたあと点滴からブドウ糖液を注入。そのあと検査室へ。CT検査と同じような装置で二回に分けて行う。一回は30分足らずで終わる。その間、約50分の休憩。11時20分過ぎに終了した。結果は明後日。

 これで約10万円(保険なしの場合)である。高いのか安いのかわからない。しかし10年くらい前は100万円くらいかかったのではなかったか。それでもガン検査には〝画期的〟として話題になっていたはずだ。この検査を決めたのは先に書いた耳鼻咽喉科の主治医。あまり信用はしていない。腎泌尿器外科の女医は彼に気をつかうのか一歩引いた話しぶりだったのは患者本位ではない。かようにこの病院の応対には昨年の入院、手術後の応対で信用していないことは再度記しておく。治療費は国保で2万8千340円也。無職の身には何とも堪える医療費である。

|

« 「持ち重り」と「しっとりとした豊かさ」 | トップページ | 新名人誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/63706939

この記事へのトラックバック一覧です: 体験版 医療の現在Ⅳ-②ペット検査を体験する:

« 「持ち重り」と「しっとりとした豊かさ」 | トップページ | 新名人誕生 »