« 日々の楽しみ | トップページ | 縁起的存在論による転居体験 »

2016年4月28日 (木)

労働(アルバイト)の記憶

 本日で〝シルバー人材〟で斡旋された仕事は終了。本来なら土曜日は仕事なのだが引っ越しの前日でもあり休ませてもらった。きのう、きょうと同僚の諸先輩方に挨拶。約二カ月と何とも短い間だったが、これも何かの縁と皆さんに礼を述べた。Iさんは昨日、胃ガンの後の胃カメラ検査の話。結果はすべて順調に推移しているご様子。アカショウビンはあえて自らのガンの話はしなかったけれども。作業が終わってさっさと別れるいつものように本日もさらりと自転車で工場をあとにした。

 今朝は4月下旬というのにまた冬にもどったかのような寒さで雨。いつもの用水路端の道を自転車で。犬を連れた散歩者もランニングする人もいない。何とも静かな風景だ。17~18世紀の西洋の風景画にもありそうな。橋を渡ると子供の日に向けた大小の鯉幟が雨にうたれしぼんでいる。この橋を渡ることは二度とないかもしれない。アカショウビンは開拓されたのが江戸時代の初期という長い歴史を持つこの用水路が好きだった。カワセミはきょうも中州で小魚を狙っているだろうか。

 若い頃に秋葉原でアルバイトをして食いつないでいた。制度が変わり企業の方針転換で転職を余儀なくされた。同僚たちと別な仕事で更に食いつないだ。夜中の清掃の仕事だった。主にパチンコ店で都内や近県に軽トラックで移動する。終わればマンションのタコ部屋のような二段ベッドで仮眠。中国人も多かった。それは決して楽な作業とはいえない。まだ若かったからできた仕事だ。店の床をポリッシャーといっただろうか機械で丁寧に磨く。それが終わるとそのうえにワックスを塗る。天井のミラーは脚立に乗りこれまた丁寧に汚れを拭く。きつい、きたない、危険の3K作業である。チーフの若い男は中国人を「人間と思うな」と私たちに言った。彼の考えは恐らく中国人だけでなく、自分が使っている、われわれ日本人の仲間も自分の仕事をこなすためには人間と思っているふうではなかった。アカショウビンはこれまで何度か殺意を抱いたことがある。この時、忽然と噴き上がる怒りと共に殺意が湧いた。しかしさすがに行為にはおよべない。殺すな、というのは先の大戦中にも戦後も幾多の行動者たちが叫んだ声の筈だ。もちろん逆に殺せ、とも。人の善悪は糾える縄の如きものだ。しかし人を人と思わない奴らが此の世には確かにいるのだ。自分たちの利害のためには人を殺す。それが人間という生き物であることは忘れないでいよう。

 今回のアルバイトもそれほどではなかったが70歳過ぎの高齢者には楽とはいえない。むしろ若い人はやらない、若い人たちにはやらせない単純作業だ。それを高齢者たちが受け持つ。週に2回、白蟻駆除の作業着の洗浄と分別の仕事がある。薬品と土埃まみれの何とも汚い作業着を扱うのは誰も嫌う。これで時給手取りで802円。それでも毎日4時間に満たない短時間だが毎日通えば少しのまとまった金にはなる。同僚たちも孫を遊ばせたり遊んだりや家族サービスに何かと役立てられるのだ。

 来週からは後任の人が来る。雨が降ろうがこれから夏に向け暑い日が続こうが皆さんは毎朝、作業着の山を黙々と片付ける。社員のKさんはせっかちに移動し大きな洗濯機を動かし故障にブツブツ言いながら若いM君に声をかけるだろう。女性パートの皆さんは子供たちの話で盛りあがりながら。熊本では地震で多くの人々が被災し死んだ。海の向こうでは今も戦火が絶えない。シリアを出た難民たちはきょうも苦しんでいる。アカショウビンは引っ越しの準備で忙しい。また仕事を探さないければ生活は成り立たない。余生はそれほどないだろうが、生きている間はKさんのようにブツブツ言いながら生きねばならない。

 きょうは降り続ける雨もやがて止む。人は死に、子は次々と生れる。中島みゆきが歌うように、時代はまわる、のか知らない。しかし、喜び悲しみは繰り返される。そして、きょうは斃れた旅人たちも、生れ代わって歩き出すのかもしれない。

|

« 日々の楽しみ | トップページ | 縁起的存在論による転居体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/63548546

この記事へのトラックバック一覧です: 労働(アルバイト)の記憶:

« 日々の楽しみ | トップページ | 縁起的存在論による転居体験 »