« 生きる糧 | トップページ | カワセミは不在 »

2016年3月26日 (土)

ロマンと浪漫

 昨年、入院していた時に手術後に部屋の周りを若い看護師の女性の助けを借りながら点滴をひいて歩いた。その時、壁に絵が架けられていて絵は好きですかと訊ねると「印象派は好きです」と答えた。なるほど、この人は絵をジャンルで自分の好みを相手に伝えようとしているわけだ、と解し少し物足りなかった。モネだったらモネでモネの何が好きかで話は続く。アカショウビンは絵に限らず芸術作品をジャンルで見ることは殆どない。好みの作品はその制作者であり、強いて言えば様式である。音楽については作曲者でありソナタ形式とかバッハのフーガ、ショパンのマズルカといったスタイル(様式)である。

 というのも、ミクシイの音楽好きの皆さんのコメントのなかでロマン派で好きな作曲者は誰かといった問いかけがあったからだ。先に述べたようにアカショウビンはジャンルで音楽を聴かない。〝古典派〟ではハイドンでありCDショップではバッハは〝バロック〟にジャンル分けされているが、ベートーヴェン、モーツァルト、ブラームスを聴くのである。そこでロマン派というと頭に浮かぶ、前回のブログにも書いたようにシューマンの室内楽やピアノ作品をあれこれ聴いている。以来、あれこれ思案し手持ちのCDを引っ張り出し聴き直した。

 本日は山田一雄のブラームスの交響曲第1番を聴いた勢いで、他の録音を1楽章を中心に幾つか聴き比べた。ステレオ録音では先ずオイゲン・ヨッフムとロンドン・フィル(1977年)、ギュンター・ヴァントとNDR響(1982年~1983年)。モノラルではヴィルヘルム・フルトヴェングラーとベルリン・フィル(1952年)のEMI盤、ブルーノ・ワルターとニューヨーク・フィル(1953年)。その中ではレコードで若い頃に繰り返し聴いたフルトヴェングラー、ワルターがすばらしい。しかし冒頭の部分は山田が二人の巨匠に勝るといってもよい。またワルターの2楽章は格別の美しさであることを再認識した。今宵もいくつか聴いてみよう。

 そのような機会に考えるのはロマンといい浪漫という、主義といい文化運動ともいう歴史現象の実態と本質である。ロマン派音楽という分類があればロマン派文学もありロマン主義という思想もある。その中身とは何か。そこを明かさねばならない。それはアカショウビンが現在こそ中断しているが10数年前から精読している保田與重郎の著作を辿りながらそう思うからだ。保田らが昭和初期に立ちあげた日本浪曼派の思想、文学作品は戦後、橋川文三の主著により、また竹内 好ら左派の戦後思想家たちから厳しく批判され息の根を断たれた観がある。しかしアカショウビンは著作を読み続けるなかで、そには文学、思想に対する保田の豊饒な文学・思想があふれていることを痛感した。橋川や竹内からは「巫」と揶揄された保田の論考はその痕跡を認めたうえでさらに踏み込むべき内容をもっていることは確信する。アカショウビンが保田と共有する論点は〝近代とは何か〟という問題意識でそれは洋の東西を問わない。保田がドイツロマン主義に強く共感したように〝近代〟という歴史区分の中身を明確にし論点を立てて論じなければ現在の政権のように歴史の逆戻りをしかねない危険性を帯びているからだ。

 保田によれば浪曼主義とは自然主義と異なり美に立脚し気宇や精神の新しさを造型し重視する主義である。しかし、そのような定義なら日本浪曼派ならずともあるだろう。しかし重要なのはそのような主張が昭和初期に日本の青年たちを魅了したという事実なのである。それは橋川や竹内らの批判で命脈を絶たれたと見える保田の寄った日本古代の豊饒な文化への再認識は必要不可欠。そこにしか文学、文化、思想の批判的伝承はないと思える。〝近代〟についてはハイデガーがギリシアにまで遡り近代批判を戦後も更に継続している一端はこのブログでも著書や講義録を引用し書き続け考察している。

 それは時にアカショウビンの右翼的体質と誤解も受ける。裏返せば左翼である。アカショウビンはそのような二元論で物事を割り切る安易にだけは堕ちこまないよう注意して生きて来た。それは読者の皆さんに伝えておきたい。先日、東京新聞で鎌田慧氏が鋭いコラムを書いておられた。その立ち位置をアカショウビンは共有、同意する。それは現政権に対立するから一見左翼的言辞である。しかしそれは左翼的立場ではない。現政権は右翼的だが右翼ではない。それは真正な右翼からすればモドキであろう。保田與重郎は右翼か。アカショウビンの視点は違う。竹内の言うように巫的天皇主義者というところと考える。それはもちろんアカショウビンの立ち位置と異なる。

 保田の昭和15年から16年の論考をまとめた著作が『近代の終焉』(2002年1月8日 新学社 保田與重郎文庫9)である。これは戦前の日本の思想空間を精査するうえで不可欠の資料である。若い人たちにも是非広く読んで頂きたいと心から思う。

|

« 生きる糧 | トップページ | カワセミは不在 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/63399104

この記事へのトラックバック一覧です: ロマンと浪漫:

« 生きる糧 | トップページ | カワセミは不在 »