« 懺悔道の独創性 | トップページ | 30余年ぶりの「イル・トロヴァトーレ」 »

2016年2月23日 (火)

ピレシュのライブ

 きのうの朝のNHKの「クラシック倶楽部」でピレシュの2013年来日ライブ演奏を放映していた。これは以前の再放送で以前に見た。改めて見聴きしてピレシュの音楽的成熟と人間的成熟を確認し悦ばしい。曲目はベートーヴェンのチェロソナタ第3番イ長調作品69。チェリストはアントニオ・メネゼス。番組冒頭にはバッハの無伴奏チェロ組曲の一つを弾いた。ピレシュとの共演も演奏と共に両者の人間的交流を現わして興味深かった。それはオーギュスタン・デュメイとのベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全集でも同じ。ピレシュの基本姿勢である。そこにピレシュの演奏を聴く味わい深さがあると言ってよい。

|

« 懺悔道の独創性 | トップページ | 30余年ぶりの「イル・トロヴァトーレ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/63252044

この記事へのトラックバック一覧です: ピレシュのライブ:

« 懺悔道の独創性 | トップページ | 30余年ぶりの「イル・トロヴァトーレ」 »