« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月25日 (水)

1970年11月25日

読者の方からアカショウビンの三島由紀夫についての考えが知りたいというメールが間接的にあったので述べさせていただく。この10年間に何度かこの日に三島についての考えは述べてきた。三島に関する論考で近年、精読したのは保田與重郎のものである。「天の時雨」と題された論考は保田が文芸誌に書いた五つの論考から成る。(200010月8日新学社 保田與重郎文庫22「作家論集」) 保田は三島の死の前に「日本の文學史」(2000年4月8日新学社 保田與重郎文庫20)の全24章のうち第16章「南朝の文學」を書き終え、新潮12月号に掲載された。保田與重郎文庫には〝後記〟として昭和47年4月17日に記された一文が付け加えられている。

その中で保田は三島の自刃を次のように述べている。「三島氏の激文並に命令書は、日本の文學の歴史を考へ立言するに當つて、一箇眼目となすべきものにて、わが日本の文學史の信實である」。続いて保田は吉田松陰の刑死の七日前、安政61020日の書簡を引き、「私はこの義を以て、わが日本の文學史の永遠の思ひとするのである」と書いている。

このような論考は現在の我が国の文学風土、思想風土にどれほどの影響を与えているかアカショウビンは詳らかにしない。しかし、それを土台にせずして日本文学も日本思想もあり得ない。それは〝憂国忌〟などとして保守の論客や一群が気勢を挙げて三島を政治的に頑弄する事とは一線を画す。作家、文学者としての価値が先ず優先される。その中で三島の死を、小林秀雄と江藤淳が対談で考えを異にしたことはかつて書いた。そこが現在のアカショウビンの三島由紀夫という作家に対する眼目である。つまり三島の死は江藤が言うように三島の「単なる病気」ではなく、小林が言うように松陰の死という事実に比肩される日本の歴史の中に繰り込まれるべき歴史事実という視座である。それは恐らく左右両翼の論説を超えた日本という国の歴史に関わるものだ。そこには人間観、世界観も含めてハイデガーが現存在、現有と捉えた生き物の歴史と存在(有)が照射され考察されなければ解き明かされない実存の歴史事実だ。先ず、熟考された問いが立てられなければならない。それに対する回答が与えられる。そこからしか真理、真実への道筋は切り開かれない。三島由紀夫の死と生き方、死に方は、そこからしか捉えられないと言ってもよい。

高校生にとって、あの〝事件〟の衝撃は強烈だった。国語の教師は興奮して授業を中断し、三島由紀夫が、どういう作品を書き、どういう小説家なのかを演説した。何より同級生が持ってきた、朝日新聞の夕刊に掲載された、介錯された三島の首の写真が〝事件〟の凶々しさを象徴していた。象徴というより、それは自分たちが生きている社会の生々しい現実としてアカショウビンには痛烈な印象を与えた。三島の死を遥かに越えて還暦を越えた歳になり、未だに熟考を要する歴史事実の一つとして脳裏に明滅する。

 それは政治的状況や文学的な解釈を超えて、一人の小説家、男の精神領域への好奇心と興味、関心を伴い高校生の日常に割って入ってきた衝撃だった。政治的にも文学的にも〝事件〟の影響は幽かなものになっている。しかし、近年の論考では渡辺京二氏の「三島の意地」(『未踏の野を過ぎて』2011年11月25日 弦書房)と題する一文が興味深かった。一人の小説家の苛烈な死に様は、江藤 淳が揶揄したような〝病気〟ではないと確信する。それは小林秀雄が、それに対して応えた歴史的意味づけがされる〝事件〟とアカショウビンは理解する。

 何年か前に大観の展覧会で大観の作品群を観て三島の文学作品も日本という国の歴史、敢えて言えば世界史の中に位置づけられてしかるべき内容を含むと確信した。大観作品の奇矯は三島の死の奇矯と相通じる筈だ。それが此の国の〝歴史〟を通覧するときに炙り出される典型的な現象なのではないか?大観の大柄な金屏風絵の寒山拾得の表情の狂気の如き笑いは三島の高笑いの表情を想い起こさせる。それは娑婆の現実に対する理想家の拒絶とも唾棄とも解釈される意味性を持たないだろうか? 戦後を生き延びた死にそこないの人生に決着をつけたのが、あの〝事件〟であることは前後に自裁した人々の精神風景と近似しているのではないか?それは現在の政治状況、文化的現在とも共振し合っているのではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月23日 (月)

リハビリの日々の収穫

 先週の金曜日、高校時代以来の友人N君のお手配で小栗康平監督の新作、「FOUJITA」を有楽町の劇場で一緒に観てきた。平日とはいえ半分以上の入り。2時間6分の長尺は病み上がりのアカショウビンには少々きつかった。しかし小栗監督、10年ぶりの新作とあって特に日本ロケの映像美は入魂の息を飲むが如し。N君とは観終わって近くのベトナム料理屋で一杯やってお礼と感想を述べた。昼食を食べていないN君はビールと鶏肉のフォー(ベトナム風の春雨うどんというところか)とベトナム風カレーを食べ、おいしいと喜んでくれた。

 3連休はどこへも行かずダラダラと過ごす。そのなかで若い友人のK君からはメールで辺見 庸氏の新作の知らせもありインタビュー記事など興味深く読ませていただいた。新作は南京虐殺事件に関するものという。昨今のユネスコ絡みの反中国の声に対抗する論説としても興味津々だ。また堀田善衛氏の、南京事件を扱った「時間」という小説も復刊されたらしい。辺見氏の著作は連載されていたのが「週刊金曜日」というのも納得した。朝日新聞の記者時代の中国レポートで物議を醸した本多勝一氏が発刊する週刊誌だからだ。その感想は近いうちに。

きのうから雨で朝の散歩もパス。そこで先日、友人のIさんが録画して郵送してくれた、小澤征爾氏が主宰し長野県の松本市で毎年開催されている「サイトウ・キネンフェステバル」の模様を映像化したDVDを繰り返し見て感銘。我が国が生んだ、この稀有の指揮者の80歳の誕生日を世界の縁ある音楽家たちが祝う姿を見る悦びは私を俄かナショナリストにする(笑)。その指揮者の評価がデビュー当時は洋の内外の評論家たちからボロクソだったのは何故か?それは、歴史を振り返ればよくあることだろう。しかし、これだけ世界的な評価と日本のマニアックな音楽ファンの間にある隔たりとは何か、と熟考したくもなるが、それはさておく。


 
 しかし、今年の松本のフェスティバルが小澤の80歳を祝い盛り上がった様子がよくわかった。特にベートーヴェンの「合唱幻想曲」などという久しぶりに聴くプログラムをマルタ・アルヘリッチと小澤(以下、敬称は略させて頂く)、サイトウ・キネン・オーケストラが共演する企画もあって何とも盛り沢山のフェステバルだった。その一端を映像で楽しめる幸いを友人に感謝した。


 
 戦後に小澤征爾という指揮者を生んだ日本の音楽界は世界に誇れる達成点を示したと確信する。それは小澤がウィーン国立歌劇場の音楽監督になった時に頂点を極めた。また小澤音楽塾の若い弟子たちの成長の一端も番組は伝えている。小澤が師の齋藤秀雄ゆずりの優れた教師であることも映像がよく伝えている。小澤チルドレンが世界にいる幸いを言祝ぎたい。

 
 
 齋藤秀雄という稀有の師匠から受け継いだ音楽教育は小澤や生徒たちに結晶した。それは戦後日本が達成したこれまた稀有の成果と言ってもよい。そのメソッドが本場ヨーロッパにも通用することを小澤や弟子たちは証明した。音楽は世界の国境という境界を取り払い、開く力をもつ。その成果が来年も更に実り多く結実することを心から願う。本日は2002年のニューイヤーコンサートのDVDを見て楽しもう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

入院の効用

 入院して手術、療養、退院して入院以来64日が過ぎた。退院後の食事で〝揚げ物や嗜好品〟が食べられるのは手術後3カ月目から。それにはまだまだ。玄米食と野菜中心の食生活を励行する毎日だ。

 朝の散歩も毎朝続けている。一昨日の朝は近くを流れる河の緑が鮮やかだった。陽の光を受ける木々が光輝いて美しかった。こんな事に感動するとはお迎えも近いかと気が引き締まる。後悔のないように一日一日を心して生きるのみ。それには書き遺しておくことはちゃんと書き残しておくべし。

 そのなかで入院中の日常は娑婆での日常と異なった時間が流れていたことは忘れてはならない。今、昼過ぎの時間は、病院ではベッドにいるか、病院の散歩道になっている近くの庭を歩き木々をカメラに収めるのが日課だった。先日会った友人の話では彼の父親がガンの手術をしたあと植物を愛でる姿に、長くはないな、と思ったという。それは明らさまに、アカショウビン、お前もそんなこと言っていると先は長くないぞという忠告なのである。それはありがたく受け取り、後腐れのないように娑婆での用事は粛々と済ませるに如かず。

 それにしても周辺のイチョウ並木の木々が落ち葉で黄色く所々染まっているのが秋から冬への季節の変化を伝える。入院した頃は残暑の日も多かったのだ。散歩で木々を眺める時の貴重さは会社務めをしている頃にはなかなかわからぬ時の過ごしかたである。

 新聞記事で読む世相には腹立つこと多し。政府が翁長雄志知事を提訴したという記事には憤るしかない。政府が沖縄知事を提訴するのは1995年以来。その時は米軍用地強制使用の代理署名を拒んだ大田昌秀知事を村山冨市首相が提訴した。国家権力を振りかざし民主主義の手続きを無視する傲慢という記事や好し。金満国家の鈍感さはかくの如し。

 入院した9月16日にも沖縄をめぐる争いは続いていた。手術後の1週間は新聞も読めなかった。その後も紙面に眼を通すたびに腸が煮えくりかえる思いだった。そのころの関心のあった紙面の切り抜きの感想は今後も続けよう。せっかく生還したのだから。余生は入院中に聴いて心安らぎ、あるいは鼓舞されたCDの感想も記しておかねばならない。特にアカショウビンが偏愛するマリア・ジョアン・ピリスとオーギュスタン・デュメイが録音したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲は。繰り返し聴いてあきない。1997年から2002年にかけて録音された演奏だが両者とも実に気迫の漲った演奏である。娑婆での楽しみは寸暇を惜しみ味わい尽くしておこう。時間を無駄にするゆとりはそれほどない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンタルDVDで幾つかの映画

 ここのところ、退院以来の〝慣らし運転〟といった日常である。たまに都心に出る。先日も友人の事務所へ行き、仕事の打ち合わせを兼ねて囲碁を一局。その後、秋葉原まで行き仕事関連のショップで説明を聞く。また量販店でパソコンソフトを見た。その後、友人とは別れ図書館へ行き本を借りて帰った。手術後のリハビリで出来るだけ歩くようにしているが昨日は歩き過ぎの感は否めない。しかし、これくらいが良いのかもしれない。

 ところで、好きな映画もゆっくりレンタルで借りて観ている。昨日は、「地の群れ」(熊井 啓監督)を観た。井上光晴の原作。脚本を原作者と監督が二人で書いている。原作は未読だが、練り上げられた脚本。冗長の感もあるが原爆差別や部落差別、在日韓国人差別といった重いテーマを扱い最後まで緊張は持続させた力作だ。井上の原作の映画化は黒木和雄監督の「明日tomorrow」がある。先日はテレビで山田洋次監督の新作、「母と暮せば」のメイキング映像を放送していた。広島と長崎と舞台は違えど山田監督は黒木監督の同作や、あるいは新藤兼人監督、今村昌平監督の作品も意識していたかもしれない。それにしても、近年の大型劇場にかかる日本映画はそのような重いテーマを扱った作品が実に少なくなった。

 その前に観た、「私の男」(熊切和嘉監督)は男女の重いテーマを扱っている。原作は人気作家らしい桜庭一樹。俳優は浅野忠信、二階堂ふみ、藤 竜也他。腰の据わったキャメラと、まったりとした物語展開がそれなりの緊張感を醸し出している。音楽のジム・オルーリという人も作品に寄り添って悪くない。

 このような少し息苦しいテーマから逃れるには「男はつらいよ」シリーズに限る。「男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様」 は、 ヒロインにかたせ梨乃、牧瀬里穂を迎えたものの、佳作の幾つかとは趣の異なる何やら解放感に欠ける作品である。当時リアルタイムでは観ていないなと思った。滋賀の長浜市の古い街並みは同シリーズ得意のロケーションだが、アカショウビンの気持ちのうっ屈もあるのだろう少し不満が残った作品だった。しかし、「男はつらいよ 寅次郎の青春」は面白い。ヒロインは風吹ジュン。舞台は九州・宮崎。満男の恋敵(永瀬正敏)の登場も宮崎弁が面白く、なかなかの物語展開で楽しめた。

  「キューバの恋人」(黒木和雄監督)は黒木監督没後を追悼してDVD化された作品である。制作には竹中 労も加わっていたり若き黒木監督やスタッフの意気込みがよくわかる作品だ。しかし興行的に成功したとは思われない。泉下の黒木監督には恐縮だが、キューバ革命に熱狂した日本人が現地で即興的に拵えた凡作と言ってもよい。当時のフランスのヌーベルバーグ風のカットは散見されるものの思いつきの感は否めない。

 「神田川 淫乱戦争」(黒沢 清監督)は、日活のロマンポルノ路線の中での、これまたヌーベルバーグ風の、今風の言い方をすれば〝こじゃれた〟作品。随所にゴダール風のカットが出てくる。しかし全編に漂うぎこちなさ、稚拙さは物真似、実験映画風の域を出ない。

 面白かったのは「リターン・トゥ・アース」(エリック・ピコリ監督)。カナダ映画のようだが「2001年宇宙の旅」以降のSF映画で佳作と思われる仕上がりの作品だった。昨今のテロや近未来の核戦争も織り込んだ内容は宇宙空間の映像も秀逸。カナダのケベック州などフランス語圏の制作者たちと思われる感性が米国映画にはない味わいを醸し出している。

 今週は友人のN君の取り計らいで小栗康平監督の新作「FOUJITA」を観に行く。久しぶりの都内の劇場で楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

近況

 退院して2週間が過ぎた。食事は玄米食を基本に肉、卵、牛乳は取るなという指南書に従う毎日だ。11日には定期検査で病院を再訪した。若い友人とは喫茶店で会いサラダと紅茶をごちそうになり、月刊誌と新聞も頂いた。入院中も彼には同じ雑誌と新聞を差し入れして頂き無聊の慰みとさせて頂いた。今回久しぶりにブログを更新するのはその新聞に掲載されていた記事に関してである。「週刊読書人」という新聞は昭和24年の創刊の長い歴史を持つ書評紙である。まぁ、特殊な読者向けの新聞である。若い頃はたまに読んでいたが、その後はまったく眼にすることもなくなった。内容はかなり専門的で一般読者の関心を惹くことは少ない。しかし取りあげられている書物や媒体次第では実に刺激的。アカショウビンが刺激されたのも、かつて少しは関心を持ち中途半端なまま現在に至った著者のことが扱われていたからだ。

 かつて日本の思想界や文壇を席巻したフランスの哲学者ジル・ドゥルーズが自殺、との報道があったのはもう20年前になる。アカショウビンも彼が死んで20年になるのか、と驚いた。そのジル・ドゥルーズが大学を退官後にの弟子のクレール・パネルによるインタビューを約7時間(453分)の映像に残していて、公開は死後にとの約束にも関わらず生前からテレビで放送されたという。それが1999年にフランスでヴィデオになり2004年にDVDになった。それがこのほど翻訳発売されたという次第。タイトルは『ジル・ドゥルーズのアベセデール』。周知の通り、ジル・ドゥルーズと友人フェリックス・ガタリによる主著は『アンチ・オイディプス』、『千のプラトー』。アカショウビンもこれらの浩瀚な書物を読み抜いたうえでなければ論壇や文壇に何事かを発言することはできないといった自覚をもちながら当時を生き過ぎた。しかし、それらの著書を傍らにハイデガーにのめり込んで現在に至るというのがこの20年という歳月だった。フランス哲学では先日の入院中に久しぶりに読み終えた『臨床医学の誕生』のミシェル・フーコーも気になる存在だった。それらの西洋哲学はアカショウビンにとって若い頃からの関心領域で、それらの書物の感想を読み思索した経緯はこのブログに書き継いでいる。というよりこのブログはハイデガーの存在論を基軸に書き連ねたものであることを改めて告知しておきたい。音楽や映画、文学、日記も同様である。その感想の基底にあるのは存在論である。存在論とは何か?それは私たちが存在しているとはどういうことなのか?また物が存在しているということはどういうことか?という問いである。その問いの重要性がハイデガーの『存在と時間』(新しい全集では『有と時』)で提示され、未完に終わった著作で問われた主題はその後の著作や講義で継続された。

 それはともかく、そのようなアカショウビンの年来の関心事のなかでジル・ドゥルーズという名前が何か生きた化石のようにアカショウビンの眼前に現れたという次第なのである。対談者(堀 千晶氏と渡部直己氏)の説明によると、ドゥルーズは極端に対談という形式を嫌っており唯一の例外がフーコーだったそうだ。

 堀氏によると、ドゥルーズは何でも知っている教養人という人々を嫌い、「ぬるい多文化主義というのを決して受け入れなかった」という。「ひとつの言語に固執した上でその中で外国語を作るのだと言う人」である。また渡部氏が言及するインタビュー当時の知の現状をドゥルーズは「砂漠」と表現したらしい。その論拠としてドゥルーズは①ジャーナリズムが書物を征服した。②誰もが何のおそれもなく、個人的なことを書くようになった。③真の顧客が読者ではなく、スポンサーと流通業者になった。そのおかげで文学批評が消えた、と語っているようだ。それは渡部氏が言うように正しく現在の日本の現状だ。

 アカショウビンが強く共感したのは、ドゥルーズが思考することは孤独になることであると述べていることだ。また左派という項目では「左派とは知覚の問題である」と述べていることも。それを渡部氏は次のように語る。「たとえば第三世界の問題が近所のことよりも身近に感じられるのが左派であり、実態として左翼政権が成立するかどうかの問題ではない。その左派的な知覚を通して、さまざまなマイノリティへと生成変化すること。言葉を持たない人間に発話させ、見えないものを見えるようにする。左派とはそういう知覚=運動のビジョンになるわけですよ」。この指摘は保守陣営からの異論も想定され日本の現実の政治状況、論壇とも関連し、通俗的にはもっと具体的な論点が想定される可能性を予感する。

 また堀氏が述べる、ドゥルーズは存在論を定住的なものとノマド的なものに分けて考えている、というのも興味深い。「前者は、たとえば身分のカテゴリーを作って、そこに人をあてはめていく。教員なら教員、学生なら学生、奴隷なら奴隷と人それぞれにカテゴリーを割り振り、そこから出られないようにする。それに対して後者は、カテゴリーを取っ払って、開かれた場の中で人が様々な枠組みを横断できる形にする」。

 以上のような議論は当時も盛んに論壇で論議されていたのを想い起こす。このような対談に触発されて少しはジル・ドゥルーズの著作も再読してみなければならないだろうが、先ずは手術後の体力の回復と就職と生活費を稼ぐことが喫緊の課題ではある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »